2021年05月05日

ライアー「美女と野獣」楽譜&片手ずつ動画

作りました、美女と野獣の楽譜。

メモから楽譜に清書するのに
慣れてきたみたいで
あまり時間かかりませんでした。
進歩、進歩。

でもこの楽譜は
右手左手が混在している部分があり
もちろん各自、自由に弾きやすいように
弾いていただければ良いのですが
初心者の方にはちょっと
説明がいるかもと思ったので
片手ずつも弾いてみました。


これは
「こう弾きなさい」
という、先生のような目線で作ったわけではなく
「右手左手の境目、私はこう弾いてます」
という楽譜製作者からの提案なので
弾き方は参考にしないで~
ほんとにそこは目をつぶって~

楽譜、右手、左手、両手と
楽譜と一緒に表示されるので
けっこう長い動画になりました。
全部見てくれる人はいるのかなと思いつつ。
一緒に練習したりと
使ってもらえたら嬉しいなぁ。

分かりにくいかなと思って
最初に説明入れてみたのですが
動画作ったあとに喋ったので
時間が想像以上に短くて
超早口で説明する羽目になり
聞き取りにくいかもです。
まるで倍速のよう。

でもスマホ動画に向かって喋るのが録画されて
ちょっと面白かったので入れちゃいました。へへ。

PicsArt_04-14-11.54.14.png
そうそう、彼の名前は
「ハットラック」だそうです。
さすがお城、コートなんてかけません、
帽子専用でした!
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2021年05月03日

「庭の千草」な季節が来る

こんにちは。
急に気候が暖かくなってきまして
ホルモンバランスが狂ったのか
日々イライラがどうにも止まらない
初期更年期らしきAYAですよ。

それはともかく
季節に影響されたのか
久しぶりに「庭の千草」が弾きたくなってきました!

周りの花がみんな枯れて
最後のバラが一本残っている歌なので
(原題 Last Rose of Summer)
本当は今の季節でもないのですが…
まぁ、もうすぐ咲くバラの花からの連想かなー。

一年以上前に弾いた「庭の千草」は
ムジカオンライン★3つの楽譜で
今の私にとっても簡単ではないのですが
なにせ一度弾いてるし。
むしろeasy版を最初から覚えるより
楽なんじゃないかしら。

なんて思って弾こうとしてみたら…

な、なんじゃこれ!!

難しいよ!!?

全然、今でも難しいです…。

これをハープの超初心者(初めて触った日から3ヶ月くらい?)が弾いたのか。
えらい。頑張ったな私。

↑当時の動画

あの頃もたいそう苦労した覚えがありますが
なんと言っても暗譜が厳しい。

こう言っちゃーあれですけど
なんかイジワルなんですよね…。

聞こえるのは同じ音だけど
右手で取ったり左手で取ったり。

和音になったり崩したり。

それがまた
規則的ではなく
段々豪華になるわけでなく
ランダムで出現して覚えられない。

でも聞いてる分には
何回も同じメロディーが繰り返されるので
単調に感じる。

まぁ~とにかく
脳ミソを試されるような楽譜です。
一年老化した分、厳しいのかな?
15698879969469094158766485492312.jpg
スキルアップして難しさが理解できるようになったと思いたいっ。

あの頃の当ブログを読み返してみると

という記事では
「庭の千草は和音を掴むのが大変で
 小指が痛いんです~」
なんて書いてあったりするんですが
手の画像を見ると
小指にかなり力が入って外側に曲がってました。

そーか、そーか、あの頃はまだ
『小指は脱力して内側に入れる』
なんて知らなかったんだなぁ。
それで痛くなって来ちゃったんだなぁ。

今のわたしはそれが分かるのが嬉しいなぁ。

でも読み進めると
痛くならない対処法として
「練習しすぎないようにしよう」
と書いてあるので
「この人、心配いらないなぁ」
と思いました。
我ながら呑気。

そのうち小指の角度に気がついて
今はちゃんと直ってて
痛くなることはありませんしね。

まぁこれからも呑気な心は忘れずにいよう。

庭の千草の暗譜は完全に忘れていたので
いつフィーナで弾けるようになるのか
分かりませんが…
ボチボチ楽しんで行こうと思います。

posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2021年05月01日

コロナ禍による演奏家のレベルダウン

先日、娘(小5)のピアノ発表会があったのです。
昨年は中止になりましたが
今年は厳戒体制のなか(←おおげさ)
開催してくれました。
親としては、やはり嬉しい!

昨年用に購入したドレスは
幸い大きめを買って裾あげした物なので
それを戻して着せる事ができました。
一年半ぶりに
ドレスの本来のラインがお目見えして
それも私は嬉しい。
(そうよ、私が買ったドレスはこれだったわっ!みたいな)
PicsArt_04-16-07.30.04.png
発表会はいろいろな力を培う事ができますよね。

大きな目標に向けての練習。
グランドピアノを弾ける、珍しい機会。
舞台の緊張感。
やり直しのきかない瞬間。
達成感。
反省と成長。

私の子供の頃の発表会の記憶は
私の人生やら魂やらに
深く刻まれている感じがあります。

ちなみにわたし次女なので
習い事はピアノオンリー。
人様の前で何か発表する機会は
ピアノしか経験なかったはず。
姉はピアノの他バレエ剣道アイススケート諸々やらされては嫌がってやめてました。
交換してほしかったわぁ。

話はそれましたが
私はボーッとした子供だったせいか
(母は私を知恵遅れと思っていたらしい…)
発表会で緊張することがあまりなくて
いつもよりは上手く弾けるタイプでした。
ミスしたとか、なかったんですよね。
だから
きれいな格好して、暗く静まり返った観客席に向けて、練習した成果を披露する…
なんともいえない心地良さ。達成感。
そんなのを感じた思い出です。
今でも舞台には特別な思いがあって
なんだかとても好き。

そんな舞台、
しかも大ホールの舞台に立てるのは
貴重な経験です。

ところがですね。

レベルがまぁ落ちていたんですよ。
皆さんそろって。
わたくしビックリ。

娘は私と同じく緊張感ないので
油断しまくってましたし
初めてですね、あんなにミスしたの。
毎日そこそこ練習してたように思ったので
なんでかな、とは思うんですけど
まぁ、一言で言うならやはり練習不足です。

コロナ自粛で
練習時間がいつもよりとれたような
印象だったのですけど。

これは私のせいでもあるんですが
ハープのために
ゲームやらジブリやらディズニーやら
たくさん楽譜を揃えてしまったので
娘はそれに浮気しまくっていたんですよね。
なんでも経験と思ってましたが
それにしても毎日
発表会の曲の練習時間は
相対的にかなり少なかった。
練習は、楽しいだけじゃダメなんだなぁ。

なので他のお子様とは
事情が違うとは思うんですけども
なんでしょうかね。
「今年も発表会は中止になるかも」
という疑いもあって
緊張感がないまま当日を迎えたのか。

たぶん練習は
していたと思うんですけどね。

これってプロの演奏家の皆さまは
大丈夫なのかなぁとか
勝手に心配してしまいました。

数々の演奏の場が中止になって
練習する時間は確保できそうな気もしますが
技術を落とさないようにするには
むしろ大変なのかもしれません。

プロの方は収入源も減るでしょうし
リタイアされた方もいるかも。
こちらもピアノ教室を止めちゃったらしき
「あの子もあの子もいない」状況でした。
(生徒同士の横の繋がりはないので、発表会でしか会わない)
まぁ小さい子が多いお教室なので
他の教室に移っただけかもですが。

とはいえ、
素晴らしい演奏を披露した子もいましたよ。
いずれ音大行くんだろうなって感じの
元々高いレベルの子でしたが
今年はわたし感動して涙が出ましたからね。
まさに「血の滲むような」練習をしたんだろうな。
そのモチベーションをキープするのは
本当に大変だったと思います。
えらい。

娘も少しでも
「もっと練習頑張ればよかった」
と感じてくれれば
得るものはあったと思います。
一回くらいこういうのも良かろう。
来年はそうはさせんぞー!

posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする