2020年07月28日

16弦ライアーの収納袋について

以前も話題にしましたが
私の16弦ライアーについてきた鞄は
エコバッグみたいなペラペラの物でした。
いや、もうエコバッグです。

運ぶだけならまだしも
保管するには心もとなくて使えません。
スペース的に立てて収納したいのですが
本体も丸いし
鞄も立たないので
とても場所をとります。
せっかく小さな楽器なのに。

手持ちの鞄には入らなかったので
現在は新たにネットで購入した鞄を
使っております。

15952379908335625892560010613380.jpg
↑大きなボストンバッグで
ライアーはばっちり入ります。

159523806269048277089402467918.jpg
↑大きすぎて
もう一台は余裕で入る。

そう、大きすぎたのだ…。

一泊旅行にライアーを持っていくなら
ちょうど良いくらい。
(一泊分の荷物+ライアーが入る)
縦横はともかく、厚みが余分だった。
そんな機会は当分ありません。

隙間がありすぎて
中で音が鳴ったり倒れたりするので
どうも宜しくないです。

てなわけで
今度はパソコン用の鞄を買ってみました。
届きたてホヤホヤ。
ああ、ライアーは安かったのに
鞄が高くついてしまうわぁぁ。

15953886460485129896104929358743.jpg
可愛くないけど
これなら倒れても衝撃吸収してくれるし
コンパクト。

15953888138536287700494576412496.jpg
うおおお!
ぴっったり!!
最初から
こういうのを買うべきだった。
収納スペースが
いらなくなったー!

というわけで
15インチ用のPCケースが
ジャストサイズのライアーです。
posted by aya at 12:00| Comment(2) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2020年07月26日

16弦ライアーでPart of your world

以前ドラゴンハープで弾いた
リトルマーメイドのパートオブユアワールドを
16弦ライアーでも弾いてみました。
音域足りないところは1オクターブ下げてます。


前の時も書いたと思いますが
この楽譜(ネットで見つけた無料ピアノ楽譜)は
とーっても簡単!

メロディーさえ弾ければ
左手の伴奏はほぼ
一小節に一回、ポロンと1音か
せいぜい2和音を添えてる感じなので
チェルシーなら初見で弾けました。

ここまで簡単ならさすがに
16弦ライアーでもすぐ弾けるだろうと
練習もなく挑戦。

そして、後悔。

やはりライアーは難しいのです…。

30分もあればノーミスで弾けるかなぁ~
なんて見通しで録画に挑んだものの
3時間以上かかりました。
お休みの貴重な一人の時間全て費やしてしまったぁぁ。
それでもノーミスは達成できなかった(;o;)

途中スマホのメモリーが一杯になり(消しても消しても追い付かず)録画できなくなり
5年以上前から溜め込んでた画像や動画を
チマチマ消去する事態に。
元々整理してないのがいけないんですけども。

だんだんお腹すいてきて
お腹が鳴っちゃって
それが録音されちゃったり。

自分を鼓舞するために
『次はできるわ…私はアリエル…』
と唱えたり(何度も)。

なかなか追い込まれました。

練習すればこんな苦労はないのですが
私はライアーの練習が好きではない…
というか
限られた時間ならハープの練習に費やしたいのですよね。
やはり似てるようで全然似てないんです。
だからいつまでたっても上手くならない…
ごめんねライアー…

そんな自業自得で苦労した動画です。
聞いてくださると嬉しいです。

ミスを気にしなければ
本当にすぐ弾けると思うので
今回は楽譜もくっつけてみました。

楽譜と違うところは
気がつかないうちにアレンジしてたり
間違えてたりと
かなり適当にやってしまってるからです。

みなさんもご自由に
アレンジして、さぁご一緒に♪
ぽちっとな~♪


posted by aya at 12:00| Comment(2) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2020年07月25日

弦張り替え12日目

今朝はピタリと!
15950414831576565881935179058573.jpg
合いました!
(※音が合うと緑色になるチューナーです)

弦を張り替えてから
えーと、12日目ですね。
弦が安定するまで
これくらいかかりました。

一週間じゃ済まないのだわ。
勉強になったわ。

今日の記事はこれだけですが
ご報告させていただきました~!
あ~明日から
チューニングサボれると思うと
嬉しいわぁ~♪
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2020年07月24日

country kerry24

PicsArt_07-13-09.09.20.png
久しぶりに興味深いハープが
オークションに出てきました。

「カントリーケリー24」
うーん、聞いたことあるような、ないような。
きれいな色…チェリーかな。
フルレバー、見た感じはラブランドレバーというやつではなかろうか。
私の好きなラウンドバック。

少なくとも24弦だから
チェルシーより2弦多い。
ん?
でも赤い弦が一番下だから
ド~ミで、一番上の音が1音足りなくなるのか…。

高さ:約84cm 横:約42cm
総重量:5kg

大きさの割には軽そうな?
高さの割に細いのかな。

※比較参考
チェルシー 71×46 4キロ
アレグロ 100×55 6.4キロ

country kerry24で検索すると
白人女性が色々なハープを弾き比べている動画がヒットしました。
木の色は白っぽいメープル仕様。
ハープ屋さんでしょう。
音色はまぁ、普通に良い感じです。

弾き比べていた他のハープの音色も
一応聞いてみました。

クリスティーナ25(トリプレット)
…もう少し深く響く感じ
ラベンナ(ダスティ)
…もっと深く優しく響く感じ
FH(ダスティ)
…さらにもっと響く感じ←ベスト
サウル(青山)
…高くもっと響く感じ

聞いたなかではカントリーケリーが一番弾きにくそうに見え、あまり響いてなかったかも。
それにしても動画が全然見つからない。
あまり出回ってないのかな。

もっと詳しく知りたいので検索すると
英語のサイトを見つけました。直訳です。
………………………………
Noteworthy Harps
Noteworthy Instrumentsは、米国オハイオ州ラベンナのマスター弦楽器製作者Jeff Gaynorです。
彼のケリー州のフォークハープは、シトカスプルースの響板が付いたチェリーまたはクルミから美しく作られています。
彼らは小さなハープに対して大きな声を持っています、そしてそれらのトーンは豊かで暖かくそして均一です。  
ケリー州24をデラックス(フルレバー)またはエコノミー(オクターブあたり3レバー)パッケージとして販売しています。
どちらのパッケージにも、パッド付きキャリングケース(ジェフの妻シンディが作成!)、ショルダーストラップ、チューニングレンチが含まれています。
…………………………

うーん、残念ながらオークションのハープは
シンディさんの作ったケースは付いてないようだが
なんとなくわかった。
アメリカの小型ハープメーカーのNoteworthyという所のハープなのだな。
豊かで暖かく均一な音であると。

サウンドホールが真ん丸で小さいので
弦を替えるときは苦労しそうだが
個性的で可愛い感じはする。

最大の難点は上の音が1つ減るので
レパートリーが弾けなくなる事でしょう。
そこ残念だなぁ。
とりあえずオークションの行方は見守るけども。
(後日9万位で落札されてました~)


余談ですが
今回久々に各社ハープの音を(一部)聞き比べてみて
前に「キンキンした音で好みではない」
とバッサリ切り捨てたはずの
クリスティーナ25(トリプレット)の印象は
またずいぶん変わりました。
いい音でした。
やはり弾き手によるのだわ。

でも弦間隔が広いらしいので、私には弾きにくいのかも~なんてことも分かりました。
なるほど、なるほど。
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2020年07月22日

弦張り替え一週間経過

先週弦を一本張り替えて
ちょうど一週間たちました。

張り替え当日は
一曲弾くと狂う、くらいの頻度で音が狂いましたが
さて、一週間でどれくらい落ち着いたかと言うと…

1594518014643638256338775690093.jpg
(むむっ。チューナーに感知されない…)

15945180730498493093555319519595.jpg
少し上げると感知されました。
合わせてから練習を始めます。
まだ毎度こんなかんじです。

弦を張り替えた後
弦を指で伸ばす動画を見つけ
「なるほど、先に伸ばしちゃうわけね!」
と早速やってみましたが
その後も伸び続けているようです。
いつ落ち着くのか。
15945195317291119808229023109234.jpg
↑こんなかんじで
エイエイッと伸ばす。
伸びて狂うのでまた調弦する、を繰り返す。
…を一度やりました。

これ、新品のハープだと
全部の弦がこんな感じなのかしら?
すっごく大変~!

22弦でもそう思うので
普通のアイリッシュハープとか
グランドハープとかになると
一体どれほどチューニングに時間がかかるのだろうか。

おおう。
恐ろしい。

弦数が多いと
弾く前に、調に合わせて上げるレバーの数も増えるし
当然、チューニングも時間がかかるし
「多ければ弾ける曲を選ばなくて楽」
なんて事は多分ないのだろうなぁと思います。

↑押していただけると嬉しいです!
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする