2020年05月30日

教本・ヤダヤダ・シンドローム

どうにもこうにも
教本をやりたくない日々が続いております。
サボります。
サボりまくってます。

ハープは弾きたいので
楽譜と楽譜立てを準備するときに
教本も持ってくるのですが
そのまま片付ける日々。
ごめんなさいモルナール先生。
15682018579572361220593086014782.jpg
/ヤリナサイヨ\

基本は大事なんだけど…
ハープは癒しなの。
この閉塞感の日々、家事に忙殺される日々の心のオアシスなの。
癒されたいだけだから、基本練習まで手が回らないの。

そんな私が思い付いたのは…
「曲練習で基本も頑張る」作戦!!
これですよ、これ。

「良い音を出す」訓練
・しっかり弦をつかむ
・断弦後にしっかり握る
…これについては
『亡き王女のためのパヴァーヌ』で
日々特訓してるということにして
まぁ、オッケーとして。

指を動かす訓練として
オカロランの40曲からチョイスしたらどうかと考えました。
IMAG5171.jpg
このへんどうかな~。
………………………………………
■Carolan's Draught
 カロランズ ドラフト 
 カロランの一口、草案
 明るく速い曲、レバー操作はあるが難しくない。
 音域 右手を1オクターブあげて戻せば弾ける
………………………………………

…という検証結果が出ているし
なんとなくいけそうな予感。

カロランズ・ドラフト
ドラフトと言えばドラフトビール(樽出しビール)を思い出す私であるが
それとはスペルがちがいます。
カロランの、ちょいと一口、ちょっとしたアイデア、みたいなイメージかしら??

弾いてみるとわかるが
簡単なのはレバー操作だけで
指の動きは難しい!
15904888544882101676593244544873.jpg
例えばここ↑
(どう撮っても逆さまになるのは…なぜ!?)

右手が14321432で上がってるのですが
どうしても指がぶつかって
ひじょーに難しいです。
流れるように弾けない。
ブッチブチ切れちゃう。

で、こんなパターンは教本にもあるかな~と久しぶりに教本を開いてみる…
IMAG5176.jpg
おっ。
このへんにありそうですね…

IMAG5178.jpg
あ、これなんて
すごく近い練習曲!
同じ指使い1432ですね。
音が離れてる分、弾きやすいので
これをさらに難しくしたものが曲に入ってるわけです。

教本ならくじけるけど
曲を弾くためなら頑張れそう!

…と勝手に『教本免除』な気分になりましたので
しばし堂々と教本サボって
練習していこうと思いまーす!

モチベーションの維持に
一番重きを置いている私の対策であります。
posted by aya at 12:00
"教本・ヤダヤダ・シンドローム"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: