2020年04月08日

手作りハープに弦を張る。

さぁ手作り22弦ハープも
いよいよ完成間近です!

ドラゴンの装飾を貼って
(おそらくドラゴンハープと私に名付けられそうな気配)
ニスを塗りたくったので
ようやく弦まで来ました。

元々のナイロン弦では
良い音がしなかったので
金属弦を張ってみます。

てなわけでずいぶん前に
アコースティックギターの弦をお安く入手してあります。

ギターは弦が六本らしく
太さが六種類あるので
低い方から大体均等に張ってみましょう。

IMAG4910.jpg
一番太いコイル弦を一番下から通して~

と、チューニングキーをくるくる回してたら
んとマイナスドライバーが壊れました。

うぉぉぉい!100円ショップゥ!

前に語りましたが
家にある普通のドライバーでは
力が足りなくて回せないので
力を込めやすそうなT型のドライバーを探していたんです。
しかし理想的なドライバーは見つからず
結局100円ショップの物を買って使ってました。

これは何度も持ち替える事なく
楽に回せる便利ドライバー(ラチェットドライバーというらしい)なのですが
案の定、壊れて空回りするようになりました。
ハープのチューニングキーの固さに
耐えられなかったのでしょう。

だからこういう、無駄にギミックのあるタイプは嫌だったんだよね~!んも~!

でも普通のドライバーでは
ピクリとも動かない極固キー。

やりかけで止まりたくない私は
ドライバーをモンキーレンチで挟んだ
急ごしらえのT型?レンチで続行しましたよ。
IMAG4911.jpg
↑壊れた赤い方と
急ごしらえの青い方

…などの事件を乗り越え
なんとかかんとか1日がかりで
全部通しました。

IMAG4912.jpg
あとは余分な弦を切って…

とりあえず見た目はほぼ完成!
IMAG4913.jpg
あーーー疲れたーーー!

一応チューニングもしてみました。
低い方のコイル弦は大体予想通りの音(16弦ライアーと似てる?)のですが
高い方の弦は私の作った針金ハープの音に近い。
ボヨーンみたいな。
ビヨーンみたいな。

うーーん、いまいち

馴染んできたらもっとよくなるかなぁ??
まぁ今日はとりあえず
この辺で一休みしまーす!
posted by aya at 12:00
"手作りハープに弦を張る。"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: