2020年01月07日

移調の簡単テクニック

リュートハープで弾いてみた
千と千尋の、いのちの名前。
あれは一番下のドの弦まで使ったので
移調しなければチェルシーでは弾けません。

リュートハープが届いて、まず
チェルシーで練習した『シーベックシーモア』を弾いてみたのですが
この曲は、3つ音を下げるだけで
そのまんま弾けました。

シーベックシーモアは、チェルシーでは♭ひとつのヘ長調。
それが音を3つ下げるとハ長調になる。
という謎の法則があるようです。

♭ひとつ
↓音を3つ下げる
記号なし

これを逆にすると

記号なし
↓音を3つ上げる
♭ひとつ

ということですから
ハ長調の『いのちの名前』は
チェルシーでは♭をひとつつければいいだけなのだ!
ラッキー!

と思って弾いてみたら、後半の臨時記号でつまずきました。

リュートハープはレバーがないのでジャベなぞ作って無理矢理弾いたけども
臨時記号がひとつの音ならいざ知らず
あの曲ならレバーで対応する方が良さげ。
まとまって臨時記号が続くのだ。
15783198475742216319935892855353.jpg
↑分かりにくい手書き譜ですみません…。
とにかく
一部分に臨時記号が集中しているので
一度にレバー上げて、ゾーン越えたらレバー戻せばいいので、楽なはず。

だからこそチェルシーでも弾きたいと思ったのだが…ここで問題が。

問題のゾーン、リュートハープでは
ソ、ソ#、ラ#、と速く続くのだが
これがチェルシーで3つ上げると
ド、ド#、レ#、となり
ド→ド#のレバー変更を弾きながらやることになる。

しかもその流れでド#→ドと戻ってくる。
全然レバー操作では間に合わないタイミングで、無理なのですよ。

ここで諦めるのは悔しい。
他の調にすればどうなのか。
例えば上の音はまだ余裕があるから
4つ上げるとかはどうだろう?

と思って調べてみましたら
意外と簡単な法則がありました!

…………………
☆音を1音高く移調すると、♯が2つ増える。♭は2つ減る。
☆音を1音低く移調すると、♭が2つ増える。♯は2つ減る。
☆音を1音半高く移調すると、♭が3つ増える。♯は3つ減る。
☆音を1音半低く移調すると、♯が3つ増える。♭は3つ減る。
 ………………

ということですよ。
まぁなんだかややこしいけど
法則があるなら従えばいいだけ。

この場合の1音は全音ということなので
ドからファに上げる時は単純に3つとは数えない。

ピアノの黒鍵を想像して…
ドからレは間に黒鍵あるから→1音
レからミも間に黒鍵あるから→1音
ミからファはないから→半音
足して、2音半。

1音上がると、♯が2つ増える
更に1音半上がると、♯は3つ減る
んだから足して、#はマイナス1=♭1こ

おお!
記号なしから音を3つ上げたら♭ひとつになった!
やっぱりハ長調から3つ上げるとヘ長調で正解だったのだわ!

ではもう一個上げてみよう。
ファからソは間に黒鍵あるから1
1音上がると、♯が2つ増えるから
♭1+#2=#1
#ひとつはファ#と決まってるからト長調になるわけね!

すると例のゾーンは
レ、レ#、ミ#…つまり
レ、ミ♭、ファとなるので
普通にレバー操作で間に合う!

おおおー!
すごい、できたー!!

あ、文章じゃ何言ってるか
全然分からなかったかしら…
伝えるの下手でごめんなさい…。
わたしはハープひきながら書いてるので
自分では分かりました。
とにかく解決しましたよ。

チェルシー版いのちの名前は、ト長調!

…うへ、レバー4つ上げるやつだ。
やだなぁ。
慣れてないせいか感覚的に難しいなぁ。
ヘ長調が良かったなぁ。

でももう一個音を上げたら…
ひぇ、#3つになるのか、もっとひどい!
ト長調でがんばるしかないかー。

(後日追記)
ここでは算数的に数えてますが
あとで娘のピアノの先生にお聞きしたところ
音楽では何度で数えるから
たとえばチェルシー(ファから)とリュートハープ(ドから)の音域は、3つずれているけど4つ(4度)と表現するそうです。
うーん!ややこしい!
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽譜・伴奏作り | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

『夜の底にて』楽譜作り(その2)

さて楽譜作りの続きです。
YouTubeなども参考にしつつ
メモに伴奏を書き足して弾いてみる。

この曲はドが#になったりなくなったりするので、レバー変更が必要な様子。
てきるだけ減らしたいから他の音にならないかなぁ~
なども探ります。
ハープは音がきれいなので
変更してもどうにかなったりするのだ。

しかしここでまた『庭の千草』の話ですが
この曲、たった一つの音のために
三回レバー変更があるんですよ。
繰り返しが多いから、全部同じとこだけど、
三回シをナチュラルにして三回♭に戻す。
その音ひとつだけどうにかすれば
レバー変更なしにできるのに。
なぜだ。

レバー変更は面倒で難しくはなるけど
それを恐れてはいけない!
という教えなのだろうか…
毛利沙織さんの…

なんていう謎の感覚も手伝って
今回はレバー変更多めになりました。
ラストも明るく終わりたくなって
最後だけファも#に。

多い=難しい=練習も多めになる。
今までのゲームミュージックは初見で弾けるレベルだったので1日で弾いてたけど
今回は2日かかりました。
自分で作った楽譜なのに難しかった。

ほんで、できた楽譜を弾きます。
難しすぎて弾けないところは音を減らし
寂しいところは足す。

この時点(1日目)で私は
「よし、完成~♪」
と思って録画してみたのですが
どーしても間違えるので
余儀無く楽譜の変更が行われました。

減らして余裕が生まれると
別のところに音を足したくなったり。

そんかんじで
弾くたびに曲が変わっていくので
かなり自由です。
まぁ…いいんです。

ところで
心を込めて弾くのは良いと思うのですが
感極まっちゃうと上手く弾けないものですよね。
間違えたり溜めすぎたり。
好きな音だけやたら大きくなっちゃったり。
心を込めつつ冷静に弾く、を目指します。

さらに
レバー変更の音ってけっこう気になるので
できるだけ無音に近づけたい。
ギリギリ音が上がらないところまで
レバーを上げておいて
移動距離を短くしてみたりと試行錯誤。
15745027080982022631424072293418.jpg
↑半クラ状態のファのレバー。
これでも音は上がらない。
(いいのかどうかは知らない。)

ギリギリを越えててびびり音が出てしまったり
カマックレバーって本当に無音なのかしらと思いを馳せたり。

そんなかんなでどうにか録画しました。
まだまだ間違えたりつっかえたりと完成度は低いのですが
ためしにゲーム画面を貼り付けたら
自分で感動しちゃって満足してしまって
アップしてしまいました。

これで心置きなく
庭の千草の練習に戻れます。

あ、でも五線譜ノート買ったので
今度は清書してみようかなぁ…。
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽譜・伴奏作り | 更新情報をチェックする

2019年11月24日

『夜の底にて』楽譜作り(その1)

急に弾きたくなったクロノトリガー。
今までのゲームミュージックもそうですが
まずは楽譜を作らねばなりません。

今日は私の楽譜の作り方をご紹介します。
楽譜というよりメモですが…。

メロディーは記憶に残ってるので
まずそれをメモします。

そのへんの紙の裏に
そのへんに転がってる子供の鉛筆などで
非常に汚い字で書きなぐる感じです。

最近分かりましたが
その楽譜は清書されることなく
そのまま捨てられるか保存されるので
ちゃんとした紙に書き始めた方が良いようです。
反省。

なので今回はちゃんと、ルーズリーフを出しました。
でも字は相変わらず汚い。
15743863620831364351499713453981.jpg
思い出したメロディーはシ♭のようなので
ヘ長調かニ短調です。

(これはブログの記事を読んでチェックします。
[伴奏練習4]ハープ向きの調の伴奏パターン)

これは明らかに暗い曲なので短調です。
最初の音もレなので、ニ短調でもう間違いない。

なので伴奏は
レファラ、ソシ♭レ、ラド#ミ、になる。

これで終わりとならないのが
厄介なところ。
童謡よりゲームミュージックは凝っていて
そんなに単純ではない。
自分の思い入れも強いので
記憶にできるだけ近づけたい。

更に最近は
『庭の千草』で4音の和音の練習してるので
レファラの上にレをもう一個つけて
レファラレ、てな感じで
少し難易度アップに挑戦したいと思う。

などの思いと共に
メロディーに合う伴奏パターンを
ハープを弾きながらメモに書き込んでいきます。

和音にするか、分散和音にするか、アルペジオにするかなどはあとでいくらでもアレンジできるので
とにかく音をさぐって書き込みます。
どの和音もピンと来ないとこは飛ばしていいから
これだ、と分かるとこだけでも書いていく。

ちなみに、この曲はサビがちゃんとあって
そこはなんだかややこしく
断片的にしかメロディーが書けなかった。

たぶん、メロディーが2つ組み合わされたような曲になっていて
どっちが主のメロディーか、記憶だけでは解読できないようなのだ。

そういうときはYouTube!
ゲーム画面も、演奏動画も、色々あるので
聞いて音を拾います。
今回はこのときにタイトルも知りました。

(明日へ続く!)
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽譜・伴奏作り | 更新情報をチェックする