2021年02月22日

チェルシーハープに一番合う曲

今月新たなオーナーさんの元へ
旅立ったチェルシーですが
私がチェルシーで弾いたなかで
最もお気に入りの曲は、実はこれなのです。


オカロラン作曲
プランクスティ・スウィーニー。

元々聞いたこともない曲で
弾いた時すら思い入れは特になかったので
自分でも意外なのですが
やはり今もこれが一番
チェルシーに似合ってる!と思います。


↑この楽譜に入ってる曲です。

弾こうと決めて
参考動画を探してみても
誰も弾いてない。
ハープでなくても弾いてない。

でも外国の方が笛(ケルトの笛で、鳥がさえずるような高い音が鳴る)で
演奏している動画を見つけて…
そのイメージで
たくさん装飾音符をつけて弾きました。

お祭りで売ってる子供用の
鳥の形をした水笛…
みたいな音のイメージでしょうか。
トゥルルルル~♪
って感じの、軽やかで明るい音。
軽快でウキウキするような。

だから私の頭のなかでは
チェルシーなんだけど
笛の音のイメージも再生されてまして。
しかも庭で録音したから
鳥の声も入っていて
マイベスト爽やか動画です。

これはねぇ~。
フィーナでこの魅力は出せないなぁ~
なんて思うんですよね。

頑張ってしっかり練習したとしても
もっとしっとりゆったりと
キレイな雰囲気な曲に変わるというか。
鳥の声みたいな
笛みたいな雰囲気が出ない。
そんな気がします。

あの動画は今も
わたし一人で再生数を上げています。
たまに聞きたくなるのです。

PicsArt_04-25-09.38.02.png
チェルシーは庭で弾きやすかった~

↑ちなみに最初に
この楽譜リンク貼ったら
・・・ん!?1万円越えてる!
そんなに高くなかったよ!?
と気が付いたので
安く買った時のリンクを上に貼りなおしました。
うーむ、店によってこんなに違うのか。
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2021年02月20日

チェルシーとの別れ

やっぱりかわいい
私の最愛ハープだったチェルシー。
お嫁に行きました。

いや、小さな女の子のイメージなので
養女にもらっていただいた気分です。

PicsArt_10-11-03.54.19.png
↑こんな子のイメージなの。

フィーナを買ったときに
「1か月かそこら触らなかったら
チェルシーを手放すことも考えなきゃなー」と思っていましたが
もう3か月くらい触ってなくて。

いつも「ごめんね~」
と思ってたのですが
「春になったらお花見に山へ持ち出そうかなー」
なんて考えたりもして
やっぱり触らずにおりました。

そこまでお金に困ってるわけでもないし、
思い出がいっぱいのハープだもの、
2台あったっていいじゃない、
って思ったりしてたんですけども・・・。

ここ最近色々あって
近しい人の遺品整理してまして
なんだか色々考えるんですよね。

「私が死んだら私の物も
捨てられるか二束三文で整理されるんだろうなー」
とか想像してたら

「価値がわかる人に大事にしてもらいたい。
私がこの子(チェルシー)の良さを一番わかってるんだから
私自身が説明して、送り届けてあげたい。」
なーんて思い立って
生きてるうちに手放すことにしました。
(※死ぬ予定はありませんが)

ともあれ迷いもあり
売りに出したものの
しばらく様子を見て・・・と思っていたら
その日のうちにパッと買い手がつきました。

「チェルシーが欲しくて、探していた」という
チェルシー一点狙いの方で
「安ければ、小型なら、何でもいい」とかではなく。
とても喜んでいただけたようです。

きっと可愛がって大切にしてくれそうです。
私も、とても嬉しいし
出番のないままうちにいるより
なによりチェルシーが幸せになるでしょう。
よかった、よかった。

15653279280706080287038323544190.jpg

梱包前に
最後に「シーベックシーモア」を弾いたら
やっぱり可愛い良い音でした。

ちなみに「春よ、来い」を弾いたら
ひどい音がしました。
(フィーナで練習している曲は
 パワーが全然違うようで・・・)
両立させるのは私には難しいんだなぁ~。

パワーがなくなった老後に
またチェルシー買うのもいいなーとか
思ったりもしてます。


手放すことを決めた日から
数日、寂しくなっちゃって
なんだかブルーだったのですが
今ようやく
心から「よかった」と
清々しい気持ちになりました。

私を、ハープ大好きにさせてくれてありがとう。
ばいばい、チェルシー。
posted by aya at 12:00| Comment(4) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2021年02月18日

ダッタン人の踊り 動画

はい、かねてより話題にしていた
「ダッタン人の踊り」弾きました~。

楽譜のアレンジに全精力を費やし
あまりにも練習しないで録画して
翌日「あ、調弦もしてなかった!」
と気が付いて
また撮り直しました。
いくらEASYとはいえ
舐めすぎてました。

調弦、ついついさぼってます。
せめて録画前には必ずするようにします。
(音感ないから狂ってても気にならない!ヒエー!)

せっかく撮り直すので
何かちょっと変えたいなーと欲が出て
「そうだ!ダンスの雰囲気を匂わそう!」
と振り付けを追加してみました。

あれですね。
手だけでも「センス」って出ますね…。

私は、センスがないようです!!

ダッタン人をアフリカ系原住民と勘違いしている私のような人に
「違うよ~こんな踊りですよ~」
みたいな情報が伝えたくて
動いてみたのですが
謎の動きになってしまいました。
うーむ、難しい。
そして曲に間に合わない。

Screenshot_20210127-212601~2.png
(多分バレエ動画を見たせいね)

踊る練習をすべきかと一瞬思いましたが
それよりハープの練習が先でしょう!
と思い直した為にこんなクオリティです。

一応説明しますとイメージしたのは
異国情緒ただようダンス、
ベリーダンスとかフラメンコです。
(結局ダッタン人ではないという・・・)

以前フラメンコを習ったことを
コメント欄で思い出したので
(カルチャースクールで3か月だけだった)
ふと踊りたくなったのですが
何ひとつ覚えていなかったようです。

そんな私のチャレンジが笑える感じも含めて
聞いていただけると嬉しいです。

ちなみに楽譜をいじった部分は
レバーを操作して戻るところまでです。

元の楽譜はレバーチェンジがなく
繰り返しになっていた部分の一つを変えました。

ここは結構気に入っております(^^)
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする