2020年11月30日

素敵ハープはまだまだある。

見たことないハープが
ヤフオクに出ているので
ちょっと気になりました。

Screenshot_20201117-213520~2.png

超かっこ良いじゃないですか。

メーカーは
BlevinsHarps
(ブレビンスハープ)

調べてみるとアメリカのメーカーでした。
歴史が浅いため
有名ではないようですが
見た目も音色もこだわっているようです。

型番は
Bouree 26-Cherry
26弦で音域がフィーナと一緒。
親近感。

幅×高さ×奥行
55×119×24cm

フィーナの足をつけた時が
56.5×128×40
足を外した時が
56.5×100×24(台座入れると27.5)
なので・・・

PicsArt_08-01-10.02.25.jpg

幅などは足を外したフィーナくらい?
なのかしら、足つきで。
コンパクトですね。

ハープシクルハープとか
クリスティーナとか
コンパクトだなぁというハープは
音が良くても
私は見た目があんまり
好きじゃないのですが
(なんというか、現代的で)
このハープは見た目がかっこ良くて
なんだか好きですね。

音色はあんまりヒットしないので
比べるのが難しいですが
よさげに思えました。

難点を上げるとすれば
マイナーな会社の外国のハープなので
メンテナンスが難しい事でしょう。
弦はどうやって入手するのかなー。

Screenshot_20201117-213604~2.png
同時に
カマックのバルディック27も出てます。

私のほしいものより大きいからか
全く候補になっていませんでしたが
今思えば26弦も27弦も同じですよね!?

あらやだわ、
なんで候補にならなかったんかしら。

当然ながらカマックレバーですしね。
サルヴィの音は固いから好みではない、と決断したけど
カマックはいい音(好きな音)と結論が出てるので
うーん。
バルディックの何が悪いというより
忘れていた、という感じですね。

高さ:92センチと書いてある。
Oh!
フィーナより小さいのですね。

弦数増えて、小さくなって
おまけに音もいい。
さらにレバーもいい。
完璧じゃないですか。

難点をあげるとすれば
あんまり見た目が可愛くない。
(私の好みだけです)
くらいかな~。

そしてバルディックはもう生産終了したらしいので
これはお値打ち品ですね。
付属品いろいろついて、お品もきれいで新しい。
どこまで上がるか見ものです。
上がってくれ。
私が欲しくならない値段まで駆け上がれ~!

↑ぽちっと押してから…。

そんなこんなでヤフオク由来で
久々じっくりハープ調査しちゃいました。
うかつに調査すると
欲しくなりますね。
危ない、危ない。

そして後日談ですが…。
どちらも安く落札されてました。
く、くやしいっ!
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2020年11月28日

ひたすら悲しい、カッチーニのアベマリア

カッチーニ作曲のアベ・マリアです。
どこかで聞いたことがあるような…。
ないような…。
アベマリアと聞いて最初に浮かぶ歌
(あーーーべまりーーぃいぃあーー♪)
ではないと思います。


この曲はひたすら悲しい雰囲気で
私にはレクイエムのように聞こえます。

明るい音は最後の一音だけなのですが
そこだけパァーッと光が射すような音で
救いが見えて終わる感じ。
Screenshot_20201127-201050~2.png
ライアーで演奏されてるのを聞いて
(第一回癒しの森の音楽会にて、花音さんが)
きれいな曲だなぁと楽譜を買ったのですが
自分で弾いたら
「…暗い」
とあまり気が乗らず
そのまま楽譜をしまいこんでいました。

また日の目を見たのは
「ドラクエの鎮魂歌だよ」
とか言われたら信じちゃう感じかも?
なーんて考えたら
弾きたくなったからです。
ドラクエの鎮魂歌が好きなのです。
Screenshot_20201120-232101~2.png
実際いつ流れるか知らないが
教会のイメージ。
実は私、ドラクエ未プレイ。

さて、そんなきっかけではありますが
ようやくモチベーションが湧いて
ウキウキと練習を始めますと
次の障害にぶつかりました。

この曲は前奏っぽい部分が
(毛利さん編曲の楽譜ですが、原曲にもある部分です)
ちょっとメロドラマっぽいというか
演歌っぽいというか
馴染みある雰囲気なのが
「ちょっとなぁ」と思いつつ練習してたら
娘に
「銀魂で流れそう」
と言われまして。

銀魂はジャンプアニメの、
まぁギャグ時代劇みたいなやつです。
たしかに、コテコテの悲しみシーンの
演出に使われそうな感じです。


それを聞いてから
前奏部分を弾くと

女「あんさん!行ってしまうんね…」
番傘被った侍「世話になった…」
と、小雨降るなか江戸の町で別れる男女…
(※銀魂にこんなシーンはありません)
Screenshot_20201127-205006~3.png
みたいな時代劇が頭のなかで展開して
もう、全然アベマリアじゃなくなってしまいました。

うぉおぉ。

イメージって大事じゃないですか。
どうしてくれる。

教会で流れる厳かで美しい曲のはずなのに…。
江戸…。

このイメージはなぜか強くて
最後まで払拭できませんでした。

なので前奏部分はとりあえず
ドラマチックに弾くことだけに集中し。
主のメロディーからは
教会に来て仲間の死を悼む
ドラクエのパーティーを想像して弾きました。

すると後半あたりは
死んだ仲間が元気だったころの
楽しかった在りし日を思い出す
(鳥山明の絵で)
という謎の記憶が構成され
「おまえたちは誰だ」
と思う素の私を必死に押さえ込む…
なんて戦いが脳内で繰り広げられています。

Screenshot_20201127-202004~2.png


理想に反して
どうも心がガチャガチャしてしまう曲でしたが、ドラマチックに美しく弾くように
かんばりました。


カッチーニに申し訳ない。
マリア様お許し下さい・・・。

posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2020年11月26日

16弦ライアーで「ゴンドアの思い出」

こないだフィーナ(FH26)で弾いた
ラピュタより「ゴンドアの思い出」を
ライアーでも弾いてみました。


右手はほぼハープのままで
左手だけ音を減らしました。
ガッツリ。
でも和音ばかりなので
そんなにイメージ変わらないかも?

IMAG5809~2.jpg
IMAG5810~2.jpg
IMAG5811~2.jpg
↑楽譜こんなかんじ。簡単。

元々がピアノ譜、
バッテンつけて書き込みのハープ譜、
さらに下に鉛筆でメモ書きしてある音が
ライアーです…。
どんどん雑になりつつ使い回す…。

楽譜が簡単なので今回は
必殺(!?)
「ライアー弾き(風)」にチャレンジしてみましたよ。
やはり、はじくよりは
微妙に優しい音がするような~?
私のレベルじゃ変わらないかなぁ~。

でも撫でる弾き方って
なんだか素敵です。
またチャレンジしたいなぁ~と思いました。


私のはアマゾンで買いました。
posted by aya at 12:00| Comment(2) | 楽器について | 更新情報をチェックする