2021年01月17日

ハープレッスン11回目

新年初レッスン、行ってまいりました。
今回は先生に
聞いていただきたい曲というものが
まぁ本当にない状態で
(録画したばかりだったりで)
教本を真面目にやろうという抱負も掲げたことだし
基礎をやりました。

って・・・なんか・・・

先月もそうだったかも!?

「基礎をやる」のは悪い事ではないけど
習い始めた去年より
ガツガツした精神がなくなってるな~と思うわ。

「やってきた曲を全部聞いてください!」
と自分としては完成間近な曲を
延々と先生に聞いてもらって
(そのための練習もしていって)
「ダメ出ししてください!」
って感じだったのだけど・・・

そもそも今回だって
最後に録画してから
2週間はたってるんだから
冬休み中だったとはいえ
いやむしろ休みだったのに
新曲を1曲も仕上げてない
(それどころか着手してない)時点で
やる気がなくなっているのはないかっ!

とまぁそんな反省を今後は生かすとして・・・

のんびりモードで行ってまいりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★教本のスケール
(37ページあたり)
上って下がって終わりという
簡単めなやつを
指の形や指準備など気にしながら
毎日やるようにしたので、それを。

これがね!

収穫がありましたね!

「少し力が入っている」と言われました。
そういえば忘れてたけど「脱力」ですよね。
ちゃんと握る、そこで脱力できるんですよね。

指を丸く・指準備・雑音をなくす
の3つを抱負にしたので
脱力をおろそかにしていたようです。

忘れちゃダメだったー!!

更に、脱力するテクニックとして
「符点で弾く(リズムを変えて弾く)」方法が
良いですって。
ターンカ・ターンカとか
タターン・タターンみたいなやつです。
ターンと時間が空くときに
休めるので、うまく力が抜きやすい。

この方法、後からも出てきて
「雑音をなくす」ためにも使える練習法だそうです。
これはぜひ取り入れねば。

前にも(時の回廊の最初のアルペジオで)
これをやったら弾けるようになった経験があるので
すごい万能効果じゃないですか。
今後は普通に弾く、付点で弾く、をセットで
基礎練しようと思います。

★続いて
指準備の練習になりそうなので
分散和音の練習50ページあたり
からも一つやっていきました。
(ちなみにこれすごく難しいー)
16103423617274035560854044155609.jpg
「どうしても3指が反っちゃう和音は
むしろ反っても良いのか?」
16095757902655485181624658088972.jpg
という質問をしてみたところ
・・・ダメでした。

まぁ、そうだよね。
しかもその場でやったら
なんとか3指も丸くできました。
IMAG6042~2.jpg
コツとしては2,3,4指をセットしてから
1指をつけるとできました。
手の角度の問題ですね。
がんばれば、できるのだ!

アルペジオを続けて弾くより
ちゃんと和音をセットしてから
ばらして弾くという練習が良いそうなので
今後はそれでやっていきます。

★曲
前にチェルシーで弾いた
「レスフィーナ」や、
もう録画しちゃったFFVの曲だけど
弾きにくかった部分などを
残り時間で教えてもらいました。

曲のすべてに言えるアドバイスとして
「曲の方向性」を考えるといいと。
ここはフォルテで盛り上げよう、とか
繰返したら二回目はメゾピアノで弾こう、とかとか。

私のよく使う無料ピアノ楽譜は
強弱の書いてないものも多いのですが
自己解釈でよくて
雰囲気を自分で作っていくとよいと。

たしかに!
聞いててその方が楽しいですよね。
考えて弾いていこうっと。

あとはもっと
スラーでつなげて聞こえるように
指使いとかを研究して
適当にひかないように。

指使いを変えるだけで
少しの練習できれいに弾けるようになる事ってあるので
音が切れるなーと思ったら変えてみる。

ま、それに気が付かないから
ひたすら反復練習してるけど
思考停止しないで
研究するのが大事ってことですね。


今日はこんな感じでした!
今年も楽しいレッスン続けていきたいです。
そして、なにか新曲もはじめよっとー!
posted by aya at 12:00| Comment(0) | ハープレッスン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください