2020年10月17日

16弦ライアーのチューニング動画

老後まで楽しむつもりで
フィーナを購入しましたので
もう新しい楽器(ハープ)への興味は失せたのですが
それでもたまにチェックはしてしまいます。

先日フリマアプリでハープ関係の出品を見たら、
近頃は中国製16弦ライアー(及びその仲間)一色でした。

業者の方が参入したのかなとは思いますが
10個か、下手したら20個のうちひとつが、
いわゆるハープ(一般の方から、不要になって売り出された中古ハープ)で、
あとは新品16弦ライアーでした。
おぉ~、ブームでしょうか。
今後もっと流行るのでしょうか。
お手軽価格だから、ちょっとやってみようって覚悟で買えるもんね。

そのうちには
買ったけど手離す、という
素人の方もいたので
やめた理由が気になり商品説明を読んでみたら
「チューニングの仕方が分からず」
というのがあって
「…まじかっ!!」
と驚愕しました。

それは勿体ない。
せっかく、趣味として始めたいと思って(←想像)
勇気を出して購入したのに(←想像)
チューニングの段階で躓いてしまうなんて。

取説に書いてありそうな気がするし(でも中国語だったかも)
ネット検索すれば
分かりやすく説明している方が
たくさんいると思ったのですが
ヒットしなかったのかなー。
わからなかったのかなー。

当然ながら出会う事もない方ですが
とりあえずチューニングして弾いてみて
それから気に入らなかったなら
まぁいいんですけど
その段階で終わってしまうのは
買った方も楽器も悲しい!

と思ったので
動画で説明してみたら分かるかな?
と勢いで撮ってみました。

周知の如く私は素人ですが、
完全なる初心者(買ったその日)相手なら
私でも一年先輩だから…と
撮ったものです。
経験者の方向けではありません!
恥ずかしいから
見ないで大丈夫ですよぉ~!


これ、撮るのは
演奏動画と違って、全然楽でした。
練習いらず。
別にミスとかもないので、リテイクいらず。
10分ちょいの動画なので
30分程度で録画終了。

いつもの演奏動画(2分程度)は
練習時間(2日~3ヶ月?)はもちろん
間違えずに弾くために
録画に三時間とかかかってるんです。
なんて効率が良いんでしょうか。

毎日動画をアップしている
ユーチューバーの方は
いつ寝てるんだと思ってましたが
こんな速さで録画しているのでしょうか。

などと思ったのですが
編集が時間かかりまくって
くじけそうになりました。
そうか、編集が大変なのか。

演奏と違って
説明が分からないといかんよね~
字幕入れたりしたので
全然凝ってないわりに
苦労しました。
編集も素人なので遅い。

でも、なかなか楽しかったです。
どなたかの役に立ったら嬉しいなぁ!


私のはアマゾンで買いました。

posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください