2020年10月15日

ハープレッスン8回目

今月も行ってきました、ハープレッスン。

今回は前回に増して
「特に進歩がない」
状況でのレッスン。

1週間前くらいから
「このままでは、先生に聞いていただく曲がない」
とアレコレ新曲に手を出すものの
モチベーションが2日ともたず
完成はおろか
着手したとも言えない状況で。

直前になって
「これ!弾きたい!弾きたいぞぉぉ!」
と燃える曲に出会った(思い出した)のですが
(※クロノトリガーの「時の回廊」という曲です)
PicsArt_10-13-10.31.03.png
(↑魔法王国ジールで流れます。)
(こういう話は長くなるのでまた今度…)

とにかくまずは
ピアノ譜を改造しはじめる所からで。
楽譜作りをようやく、ほぼ、終えた・・・?
の段階でレッスン日になってしまいました。

しょうがないので基本を見てもらって
あとは出たこと勝負でいこう。

なんて気持ちでレッスンに挑みました。

結果。

なんだろう、楽しかったけど・・・
基本で教本を半分くらいやったあとは
作りかけの楽譜を見せびらかせて
いかにクロノトリガーが良いゲームだったかを語ってた気がする・・・
(先生はお若いので生まれてないのでは・・・)

もったいない。
レッスンもったいない。

まぁモチベーションには繋がっているので
良いとしよう・・・
次回は見せびらかせた楽譜の曲を
しっかり練習していこう。

ちなみにこの曲「時の回廊」に関しては
「キングダムダンス」並に時間がかかりそうなので
(↑3か月かけても完成とは言えなかった難曲)
地道に頑張ろうと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★基本
また言われてしまった、指丸く。
だんだん良くなっているけど
やはりまだ伸びてるようです。

丸くぐっと弦を持つ。
するともっと、まろやかな音になる!

(まろやかな音…うーん、いいねー。
このように、やることによる効果を聞くと、より気を付けようと思うよね。
普通に言われてる段階で気を付けられれば、もっといいんだけど!)

1本1本、もっと脱力を意識して。
ゆっくり弾く練習。

相変わらず苦手なスライディングについて。
滑らせるときの右手、手首の角度が崩れる。
ひじから動かすように!

あとは…
使わない3指が出てたりするので
気を付けること。

★時の回廊
ほんと、ほぼ楽譜みせただけですけど
一応気が付いたところはお聞きしました。

この曲もちゃんと
しっかり1本ずつ響かせて、脱力させて
基本に忠実に練習する。
(ゲーム曲などはどうしても、適当に弾きがちな私なのです!反省!)

左手
(ずっと同じ感じで疲れる)
薬指の方に重心が行っちゃわないで
手前に集める感じで弾く。

右手
オクターブでメロディー弾く部分
(切れぎれになる)
ひきつけるような手の形で、響かすことで、音が繋がる。

ラストの右手
指先だけで弾くと力が入ってしまうので
1本ずつ力抜いてゆっくり練習。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

といったあたりで時間切れ。
というよりむしろ時間余るくらいでしたので
次回はギュウギュウに濃いレッスンにするのだー!
がんばるぞー!

posted by aya at 12:00| Comment(0) | ハープレッスン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください