2020年08月20日

ハープレッスン第6回

月一回のハープレッスンにいってきました!

今回は、フィーナの切れた弦を予約していたので
レッスンはもちろん
レッスンから帰ったらフィーナがついに26弦揃うぅ~!という楽しみもあるので
待ちに待ったレッスンでした。

PicsArt_07-08-12.58.57.png
さて、レッスン室のハープも
ダスティストリングスなので
弦数は違えど、雰囲気や感触が同じです。
今後はレッスン室のハープがちゃんと弾けなければ、自分のハープもちゃんと弾けないということになります。

そんなわけで
教本の基本練習も、今までより真剣にやるぞう(今までが不真面目だったわけではないけれど!)と意気込んでました。
フィーナで良い音を出せるヒントを
掴んで帰るのだ!

「ついにダスティストリングスのハープを買ったんです~!」
先生「おめでとうございます!」

わぁぁ、おめでとうと言ってもらえたの初めて!嬉しい!

家族、特に息子になんてよく「前のほうがいいよ(うるさいし大きいから)」と言われてるので、言葉が染み入ります…。

レッスン室のハープはカマックレバーなのでそこはフィーナと違いますね。
でも先生はラブランドレバーの方が好きなんですって!
なぜか聞きますと
カマックレバーは最後までちゃんと動かさないとびびって雑音がでたりするけど、ラブランドは途中まででも大丈夫で楽だとか。
私にはまだその感覚は分かってませんが、ラブランドの良いところ一個聞けて嬉しい!

はい、楽しかったのはここまで。
今回は本当にダメダメでした…(;_;)

【まず教本】
今までの続きを練習してたのですが、最初のひとつめから進めない!

今まではチェルシーだったのでできてたことが、できてないのです。

弦に重さをかけてしっかりしならせる!
ちゃんと握る!
手首の角度は一定!
肘は上げる!
親指離す!とくに左手。
IMAG5457.jpg
IMAG5458.jpg
↑(こういう最初のページに
書いてあるような事が
おろそかなのですよ!)

オワー!
えっと、ちゃんと握って、
よけいな力が入らないよう体の力でしならせ…たら手首の角度が逆向きに~!
親指くっついてる~!

てな感じで進みません。
このままでは曲に行けないで時間終わっちゃう!でも2曲聞いてもらいたい!

タオルを投げてキャッチする、という練習で握りかたを練習する方法とかも教えていただきました。
ワァン。レッスン初回より基本に戻ってしまいました。

【でもアリエッティも聞いてもらう】

今までなら、ノーミスで弾けるくらい練習していけば褒められて終わり~♪
くらいの勢いでしたが
やはり基本の話になりました。

しっかりしならせる。握る。
意識してないと、すぐ手のフォームが乱れちゃうみたい。

私がこの曲で聞きたかった質問は2つありました。
ひとつ目は
・和音の音だけ大きく目立っちゃう事の対策
先生はそんなに気にならないと言っておられました(そこは)。
あえて言うならば
基本をしっかりやれば、他の音が響くようになり、結果和音だけ目立つ事はなくなるのでは?という対策をお聞きしました。

全部を大きな音で弾けてからボリュームを落とせばバランスが取れるようになるのかも。

やはり基本なのですね!

ふたつめは
・同じ音が連続すると、もたつく事への対策
親指連打は弾きにくいので、2の指に変更するか
せめて支えの指(次の音の準備)があれば軽減しそう。
そういえばこの曲で、指の準備をあまり意識してなかったかも。

【もう時間ギリギリなのにキングダムダンス】
キングダムダンスはまだ未完成だけど
ちっとも上手くならないヒントをお聞きしたくて、これもやりたかったのです。
このためだけにチェルシー持参しました。

アリエッティは上手く弾ける分、こっちはボロボロでも良いかと思っていたけど
アリエッティもできてなかったので
かなりアセアセしてしまいました(;_;)

曲のせいか、気温なのか謎でしたが
とにかく
指がひっかかって全然弾けません。
手が汗ばんでるのかなぁ?
石鹸で手を洗いたい(そんな時間ない)!
雑音しか聞こえないー!

時間オーバーして最後まで弾きました。
ゼエゼエ…
こ、こんなひどくてスミマセン…(ToT)

優しい先生なので
「音楽的には素晴らしいです」
という謎のフォローをしてくれつつ
こちらも基本をしっかり(チェルシーでも、フォームがかなり崩れてたみたい)やれば
雑音はしなくなる、というような
アドバイスをしてくれました。

なるほど!
結局、やっぱり基本なのね!

チェルシーだし、この曲だから、
響かせるとかより指を動かす事(レバーチェンジ含め)に専念してました。
そっかぁ。
やっぱり、ゆっくりしっかりやっていかなきゃダメなのね。

相変わらず、言われないと気づけない私であるよ。

そういえば毎月同じ気がする…。
なにかが出来なくて質問すると、『基本ができれば解決します』パターン。

同じ、同じよぉぉ~!!

…といった感じで
今月は撃沈した気持ちで帰りました。

でも、『フィーナはもっと良い音が出せるはず』って自分で気付いてたし。
練習していけば出せるようになるんだから
伸びしろ…そう、伸びしろよ!

チェルシーは一年近くやってきたから出来てきたんだもの。
フィーナも最初から出来なくたって、いいのよ。

ここまで弾けるようになったから理解できることも増えてるはずだし!

よし、気持ちを立て直したぞ。
基本から練習頑張れば、良い音が出るのだ!
がんばるぞ~!

posted by aya at 12:00| Comment(0) | ハープレッスン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください