2020年07月18日

音の狂う16弦ライアーについて

私の購入した16弦ライアーは二台とも
チューニングが狂う事はありませんが

IMAG3277.jpg
ハープに買い替えたために
手離した初代ライアー。
後ろからチューニングするタイプ。

IMAG4527.jpg
あまりに安くて
また買っちゃった鹿っぽい2代目。
前のより少し縦長。
(現役)

このライアーの中には
音が狂いやすい個体もあるようで
そういうハズレを買っちゃった方は
とても残念だろうなぁと思ったりしてます。

安さの裏にはそういう博打があるのかと。

でも、そもそもこれ
めちゃめちゃ安いと思うんですよ。
(最初はもっと高かったけど)

ライアーを作ろうと思って
木材やピンを探していた私としては
これを買ってばらした方が
むしろ安く済むくらいです。
ばらすくらいならそのまま使いますが。

なので
材料費や送料がほとんどじゃないかと考えて
音が狂う原因は
製品チェックの問題ではないかと。
大量生産のために
一台一台チェックする余裕がなくて
そういうハズレができてしまうのではないか。

つまり材料は一緒なので
調整すれば
ハズレではなくなるわけですよ。

楽器屋さんに修理を頼むなら
新しく買う方が安く済みそうだけど
自分で調整してみれば
直るんじゃないかしら…と思ったりしてます。

音がすぐに狂うのは
たぶんピンが緩いからですよね。

チェルシーの弦の張り替えで
ピンの形状が分かったので
(まぁたぶん大体同じだろうと想像)
IMAG5366.jpg
本体の穴に対して
ピンが細い…
というか、細い部分で弦を留めてるから
緩んでしまう。

と考えますと
より深くピンを押し込めば
ピンの太い部分が本体に食い込むので
安定するんじゃないか。

うちのは狂わないので
やってみないですけども
もしそんな個体をお持ちで
使わなくなってる方は
試してみたら直るんじゃないかなー
なんて思いました。

もちろん
ただ巻くだけだと音が上がっちゃいます。

いったん弦を外して
ピンを今までより少し深く締めてから
また弦を巻くのです。
一度外した際に
既存の弦が使えなくなったとしても
替え弦もちゃんと入ってたので
チャンスは二回あります。

チェルシーの替え弦は別売りですから
その辺もお得だなぁと思います。

いかがでしょうか。
音が狂うライアーお持ちの方は
試してみて
直ったら教えていただけたら
自分の仮説が正しいと分かって
嬉しいです!

ちなみに私の鹿ライアーは
下から4番目の弦(ド)の音が
どうやらちょっと悪い(響かない?)と
分かってきました。
これの原因はまだ想像がつかないので
弦を替えてみるとか
まだ何も試してませんが
何か閃いたら
いじってみようかなーと思います。

(私のはアマゾンで買ったやつです。)

posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください