2020年06月01日

笛の音量に驚く

ついに6月ですね。
ようやく仕事や学校が始まるので
とてもバタバタしますが
このまま通常モードに回復していくことを願っております。

それはそうと
今日はまたしょうもない話題ですが。

先日庭でBBQをやって
なんとなくみんなで演奏しようという流れになり
・私は16弦ライアー→主旋律
・娘はカリンバ(久々の登場)→主旋律
・息子は篠笛→パーカッション?
・夫はウクレレで→伴奏
ディズニーのモアナのテーマソングを合奏しました。

日本語タイトルは『どこまでも』だったかな。
モアナが海に出ていきたい!と力一杯歌う
とってもグッと来る素敵な曲です。
いつかハープで弾いてみたいとピアノ楽譜はダウンロードしてあります。

PicsArt_05-28-04.50.13.png
この中で
ダントツ音楽が苦手なのは息子。
音程が取れないけど歌うのが好きなジャイアンタイプ。
娘はピアノを習っているので、何の楽器をやらせても音楽になります。
夫は特に楽器をやっていなかったのですが
最近ウクレレの練習を始めました。
(元々は私が買ったのだが、やらなくなった品物だ。)
私はもちろん毎日必死に練習してるので、この中では一番得意(なはずです)。

そんな四人で作り上げたモアナの曲。
素敵な思い出、もちろん録画しましたとも。

是非ともYouTubeにアップして
皆様にお聞かせしたかったのですが
やたら適当に演奏してるし
親はお酒入ってるし
なにより息子の篠笛の音が大きすぎて
他の楽器の音が録音されていないくらいの仕上がりに。
残念なことにボツです(;o;)。

炭次郎の歌の時も思ったけど
篠笛の音量って…すごいのね。
いや、これはリコーダーでも一緒ですよね。
管楽器をなめていた。

写真でわかるかもしれませんが
息子はカメラから一番遠くに配置しましたが
それでも
篠笛の音しか聞こえません。

息子はいきなり主旋を吹くのは無理だろうと
伴奏というか
ベースっぽいことやってもらったのですが
それしか聞こえないので
何の曲を合奏してるのかすら
なかなかわからない。
おおぅ。

笛は目立つので、しっかり練習して、主旋律を任せるしかない楽器なのだなぁ。

なんてようやく身をもって知りました。
練習してくれぇぇ息子~!
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください