2020年05月15日

私の16弦ライアーの弾き方

今月のハープレッスンが
延期(実質一回分中止)になってしまいました。
まあ、もちろん予期してましたし
練習も何をやろうか迷走してたので
特に問題はないのですが
自分のモチベーションが心配です。

とにかく1ヶ月開いたので
本腰入れて新曲を練習しても良いわけね。
ではそろそろ
『亡き王女のためのパヴァーヌ』を始めることにしましょうかね。
『イコ』(ドラゴンハープ)も練習しつつ。

16弦ライアーもなにか練習しないと全然弾けないままなので
リビングに置くことにしましょう。
IMAG4527.jpg
久々に弾いてみると
なんというかコツを忘れてますよ。

はじいて弾くんだっけ?
撫でて弾くんだっけ?

ハープもそうですが
これも弾き方で音色が全然違うんですよね。

このライアーは
YouTubeに動画アップしてると
たまに質問のコメントが入ります。
私のような初心者(練習もしてない)に
質問するくらいだから
本当に初心者の方が多く触れる楽器なのだなぁと思います。
教室も先生もいなそうだし。

だからホントに自由に弾いて良いと
私は思ってるわけですが
そこを真面目に考えてる方が多い。
だから正解を知りたくて
質問しようと思うのかしら。

せっかくのマイナー楽器なので
皆さん自由に弾きましょう。
(この辺も勝手にそう思ってるだけですが)

でも知りたい方もいらっしゃるので
今日は私の弾き方をご紹介しますね。

【持ち方】
前にもチョロチョロ書いたかもしれませんが
そのへんにあった紐で二ヶ所固定して
(左上は縛るだけ、右下は鴨居用のフックで固定してます)
両手を使えるようにします。
15649812408566953071829287836107.jpg

ライアーを正面に構えると
撫でて弾きやすい。
ライアーを横に構えると
はじいて弾きやすいです。

私は斜め~横くらいに構えてる事が多いです。

【弾き方】
撫でると深い響く音で
はじくと軽めの音が鳴り、速く弾けます。

左手は裏から弾くので
撫でるのは難しくて
私はほぼ、はじいてます。
伴奏だし、こだわらないの。

撫でる場合は
指の腹で弦をぐっと押してから
左隣の弦にスライドすると
いい音が鳴ります。

私の場合
『弦を回転させる』という
イメージで弾くと
いい音が鳴ったりします。

左隣の弦が左手で占領されてる場合もありますが、そういう時ははじきます。
臨機応変です。

【使う指】
はじく→ハープなら→親指~薬指
撫でる→ライアーなら→人差し指~小指
を使うので
構え方で弾きやすい指は変わってきます。
自由です。
できれば5本とも使いたい所ですが
どうも私は親指は使ってないようです。

【つめ】
ライアーはよく爪が当たって
雑音が鳴るので
短めがオススメです。
ピアノくらい短め。

余談ですが
ハープはある程度短くても長くても弾けて
アルパやカリンバは長くないと弾きにくくて
ピアノやライアーは短くないと弾きにくい。
そんな観点で
爪を大事にしてる人(ネイルアートが大好きだったりとか)は
楽器を選ぶときの要素にしたりするのも
面白いかもしれません。

【レッツプレイ!】
あとは弾くだけです。
楽器はとにかく毎日弾くことが大事です。
1日さぼると3日戻ると思って
毎日少しでもやれば
あっという間に弾けるようになります。

少なくとも私よりは弾けるようになります。
私はいつも
買ったその日に戻ってます。

~おわり~

何を適当な事を言っちゃってるのー!
と思う方もいるかもしれませんが
私よりも初心者の方には
それでも少しでも参考になるかもしれないと
えらそうに書いてみました(^^)
もしもっと聞きたい方いらしたら
コメントなぞ入れて下さいませね~。

そしてできればぽちっと!
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください