2020年04月14日

金属弦は爪で弾きたい

手作りハープ(ドラゴンハープ)のチューニングは
出来立てのせいと信じているけど
かなり大変です。


下から合わせて行って、上まで行ったらまた
一番下がずれてるので、合わせていく。
を三回くらい繰り返してようやく
音の範囲内に留まる、くらい。


でもまぁ今日で弦を張って3日目なので
だんだん振り幅が狭くなってきたかもしれない。


なのでようやく一曲弾いてみました。
(弾いてる間も音が下がるけど)


そしてすぐ気づきました。


弦が固くて弾きにくい!
力を込めないから音がボンヤリしてる!


弦をしならせてひき、深い響きが美しいナイロン弦と違って
これは、弦を固いもので軽くはじいた方が
断然きれいな澄んだ音がしますね。

指より爪で弾いてみたいなぁ~。

でも今短く切っちゃってるから
伸びるまで待たないと弾けないのかしら!?
そ、そんな!


ギター用の指につけるピック(フィンガーピックとか言うらしい)なぞ買ってみようかな~
PicsArt_04-09-08.06.01.png
と検索してみましたが、
お安くはないし、
サイズが合わないと使えない、みたいなレビューを見て留まる。
お琴の爪も同じくらいのお値段。


↑いろいろあるね~。
材質でも音色が全然変わるんだろうなぁ。
やっぱり爪に近い方がいいのかなぁ。

うーむ。
おしゃれ用付け爪なら100均にも売ってるけど
弾く度に貼り付けるのは現実的じゃないし
何より好みじゃないのよね~。


思えば
マニキュアがどんどん派手になってきたころ
品のない爪だわぁ…と感じて
いつブームが終わるのかなぁ
と思ってたなぁ…。

こんなに定着して
ネイルサロンが美容院みたいに乱立するとは
全く予想だにしなかった。

PicsArt_04-09-08.06.26.png
単体としてきれいとは思うのだけど
こーゆーのをつけたまま
生活するというのがどうにも…

私にとっては
ピンクのグラデーションとか
真っ赤などの濃い色を一色とか
それくらいでも派手めと感じてしまう。

柄を書くとか
ビーズくっつけるとか
蝶々やら似顔絵やら立体的とか
何をどう考えても一般的になるとは思わなかったわ~。

でも爪を派手に装飾するのは
世界的にもありな雰囲気なので
私の好みが地味なのか。
話がそれまくってるのはわかっていたが
ここらで戻りましょう。

とにかくそんなわけで
とりあえず爪が伸びるのを待ってみよう。
切ったばかりだから一週間程度?
うっかり切らないように
気を付けなきゃあ!

posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器DIY | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください