2020年03月26日

ホワイトウォッシュ塗りに失敗

練習は済んだので
満を持してハープ本体の塗りに進みました。

譜面台と同じく
塗って拭きとる、ホワイトウォッシュ。

…のはずなのだが。

IMAG4848.jpg
↑恥を忍んでご覧いただこう…(;_;)

こちらは塗ってる最中ではなく
塗り終わった状態なのだ。
この一面だけで
かれこれ一時間以上塗り続けているが
この状態なのだ。

なぜこんな中途半端になるのか!?

意味がよく分からないかもしれないが
塗って、拭き取ると
ガッツリ色がつく部分(角のあたり)と
きれいに拭き取れてしまう部分(手前の茶色いところ)と
こんなにムラが出るのだ。

厚く塗っても
薄く塗っても
拭き取りかたを変えてみても
ムラは激しくなるばかり。

おそらくだが
ホワイトウォッシュは
塗る前の下地の状態が
ダイレクトに影響するのではないか。

かなりヤスリがけされた角は色づき
ヤスリ少な目の
なめらかな部分は塗られない。
(ちなみに全体的にしっかりやすったつもりはあるが、差があるのだろう。)

この不毛な戦い。

早く夕飯作らないといけないのに。

私は…諦めることにした。
ホワイトウォッシュを。

やつ(ホワイトウォッシュ)は中古品に向かない塗りかたなのだ。
傷汚れを隠すようなカバー力はないのだ。

ホワイトウォッシュは
元々きれいな肌をワントーン明るくする効果しかない。
私に…もとい、このハープに必要なのは
コンシーラーやBBクリームなのだ。
厚塗り。
それしかない。

15849187933444183262142538382726.jpg
↑ハイ、厚く塗ったよ…。

好みと全然違うんだが…
さっきのよりはマシだと思う。
ベストはむりでもベターでいこう。
あとからシャビー感出していけるかもしれん。

はぁ~
敗北感に打ちのめされてます。

がんばれ、私!

応援にポチっと押してくれると
頑張れます…。
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器DIY | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください