2020年02月13日

曲者ハープにワクワクが止まらない

きましたよ。
きましたよ。

例の、レバーだかなんだか
分からん物が付いてる
DS占い生活(ゲーム)に
初めて『やめとけ』と言われたのに
無視して買った
謎の22弦ハープが!!

まず、第一印象から。

玄関先で受け取った際に思ったのは
『ワァン(;o;)やっちまったー!!』
でした。

箱が…小さいのです。
しかもすごく軽い。

そのとき私は思い出した…。
そういや商品説明欄に
寸法が書いてなかったかも…。

これは…
『人間用かと思って買ったベッドが
人形用だった』的なサギ
(私の場合は単に確認不足)に
ひっかかってしまったー!!

と暫く箱を安置しました。
(見なかったふり)

しかし開けないわけにもいかんので
心が落ち着いてから、開けてみた。

すると…。
IMAG4474.jpg
よ、よかった。
箱にミッチリ入ってた。

リュートハープの過剰包装で感覚がおかしくなっていたようです。

小振りではあるが
普通のサイズ感でした。
とりあえず人間用です。
IMAG4477.jpg
予想通り傷はたくさんあるけど
ちゃんとハープのようです。

チェルシーと比べてみよう。
IMAG4478.jpg
22弦最小サイズ(たぶん)の
チェルシーより小さい。

そして軽い!
大体3キロ程度の軽さ。
尖った足もないし、膝乗せにピッタリかも。

IMAG4480.jpg
チューニングピンは
マイナスドライバーで回せたので
チューニングしてみた。

が、強烈に固かった!!
両手でまわさないと動かんのです!

でもなんとか
チューニングしました。
ゼエゼエ。
力の入りやすい
T字ドライバーでも買ってこよう。

↑(参考)T字ドライバー
※もっと工具工具してないのがほしいなぁ…

しかし
まぁ~音が悪い!

なんというか、ペンペンした、響かない音です。
構造の問題なのか
弦の問題なのか。

そもそも弦は古すぎるとダメになったりするのかしら?
ナイロン弦だから錆びたりしてないけど
古そうな弦です。
余分な新しい弦なぞ持ってないから
今は試せないけども。

構造はしっかりしてると思うなぁ。
少なくとも、ただのおもちゃではなさそう。
出来立ての時はどんな音だったのだろうか。

あ、レバーらしきものは
やっぱりレバーだと思います。
なぜ『思います』なのかというと
こちらも固すぎて、ペンチがないと動かせないのだ。

金属部も錆びている。
固いのはそのせいではないでしょうが
錆びはとりたいな。

これは、見た目だけでも
大改造をかーなーり楽しめそうです。

ボロさは私に勇気をくれるのです。
今までの楽器はきれいすぎて
全く手をつけられなかったのです。

良い音にできるかどうかは
研究しないと分かりませんが
今より良くなれば嬉しい。

待っててね。
きっと生まれ変わらせてあげる!

今すんごくワクワクしております♪♪


↑押していただけると
やる気がみなぎると思います!!
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器DIY | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください