2019年11月16日

チェルシーは恵まれている説

こんにちは。
どうにも庭の千草の練習に身が入らず
浮気ばかりしております。

もちろん好きな曲であるから
安くなってたとはいえ楽譜を買ったので、
良い曲だなぁと感じてはいるのですが…

・今は季節がずれている。
・和音が難しい…わりに繰り返しているだけに聞こえそうで気合いが入らない。
・ハーモニクスができるなら、ランブルトゥキャッスルもグレードアップして弾いてみたい。→やってみるがうまくいかない。
・スカボローフェアで少し上手くなったと感じたため、新曲に行くより今までやった曲もグレードアップして弾きたい。→やってみるが成長を感じない。
等々。

でもやはりまぁ、なんだかんだ言っても
曲への気合いが足りないような気がします。

スカボローは、
『大好き!やっと弾ける!』
と気合い入りまくりだったので、練習も楽しく進めた。
そんな感じでやりたいなぁなんて
贅沢な心が邪魔をしているわ。

まぁこの曲は難易度的にも少し先でも良いのでバラの咲く季節まで温存しておいても良いとして…
と、昨日は延々ネットで楽譜探ししてしまいました。またもや。

いつもあらゆる楽譜をリサーチするのですが
昨日はムジカオンライン。
それで気がついたのですが。

チェルシーハープ、ムジカオンラインと相性が良い…というか、ずいぶんと恵まれているのね、と気がついた。ようやく。

どういう事かと申しますと。

ムジカオンラインの楽譜は、ハーピスト毛利沙織さんがおそらく全て作っている。

編曲とはいえ、これってすごすぎてちょっとどういう事なのかしらと思ったりするけど
(だってあの曲数!!!何百年生きてるのかしら、どうみてもお若いのに。)
それはともかく
毛利沙織さんプロデュースの沙羅ハープは、やはり特別視されているのか
沙羅ハープ用に編曲された楽譜のページがある。
そこはすべての楽譜を編曲してるので、とてつもない数である。いま200以上あり日々更新してる。

で、この沙羅ハープとチェルシーハープは1弦しか変わらないからか、このページはチェルシー用でもある。
つまりこのサイトのあらゆるアイリッシュハープ用の楽譜を、わざわざチェルシーハープ用に編曲しているのだ。

すごくない?!

同じ弦数のザナブ、ラビアとかポルテとかイブとかだったら…いやむしろ弦数の多いサウルでさえも、『小型ハープ用』のページから音域セーフのものをまずピックアップして、そこから難易度で絞って、そこからようやく曲を選ぶわけですよ。
あんまし選んでられないわけですよ。

それなのにチェルシーはぜーんぶから、好きな曲を選べる!

ってことにようやく気がつきました。
これは…か、買うべきでは!

てなことになって
昨日はひたすら試聴しまくって夜更かししてしまいまして眠いです。

まぁそれでも難易度は☆☆☆星3つくらいが多いので、スカボローよりは難しいんだけどね。
でも気合い入りそうなやつを選べるわけだから。
季節感とかも合わせて選んだりできるわけだから。

ピアノと比べて楽譜が高いとか言って
全然買わなかったのは、むしろもったいない気がしてきましたよ。
なに買おうかな。うふふ。
PicsArt_11-14-08.36.35.png
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください