2019年10月09日

スカボローフェアの音楽用語

スカボローフェアの練習スタートさせましたが
この楽譜は強弱がついてます。
(今までのはなかったの!)

前奏がmf (メゾフォルテ)で曲が始まり、mP(メゾピアノ)であの有名なメロディーに入る。
…みたいな。

強弱あると、なんだか一気に曲っぽくなるね!
いいね!
表現できるように頑張りたいね!

さすがにそこらへんや、クレッシェンド、デクレッシェンドなどは説明されなくても分かるのだけど、見慣れぬ音楽記号も書いてあるので調べてみましょう。

最初は
calmato…穏やかに、静かに
うんうん、あの有名なメロディーは静かに入るわけね。

曲調が変わるところでは
sostenuto…音を十分保持して、テンポを少し遅く
なるほど。あの落ち着いた雰囲気のとこはゆっくり弾くのね。そう思うとまたいい感じ!

私がサビと呼ぶ格好いい部分は
con anima…魂を込めて(生き生きと) 
これは諸説あるみたいだけど、私は魂を込めたいと思います!!

その後に
legato…なめらかに
そして
Rubato…自由な速さで
15703608145207791913100030192594.jpg
を経て、ダルセーニョで最初に戻る。

うーん、なんだかとてもよく曲が分かってきた気がします。
調べてよかった。
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください