2019年09月21日

easy版と通常版の違い

今日もランブルトゥキャッスルの練習。
時間がなかったからちょっとだけ。

とりあえずゆっくりで、響かない音で、スラーが切れ切れなら、初見でも全部弾ける曲なのですよね。
そこがeasy版という事なのかしら。

きれいに弾けるようになるまでどれくらいかかるのか、それともならないのか、は謎だけども。
自分で「あ~素敵な曲~」と感じることが初日からできるのは素晴らしい。

となると弾けないくせに欲が出て
通常版はどんなかなぁとサンプル画像を覗いてみました(1ページ目だけ覗けるのだ)。

PicsArt_09-13-11.42.50.jpg
(そんで勝手に比較画像をつくる)
上がeasy版です。

なぜかeasyは左右の音符を繋げて表記してるが同じことが書いてある。
(初心者にはこの方がリズムがとりやすいとか?)

違いは右二つの小節のところ、通常のほうが低い音から始まるけど、さほど難しくもないしチェルシーの音域に入ってる。

PicsArt_09-13-11.43.48.jpg
サンプルの文字とかぶってるけど
ここの違いは一番左の小節の音。
easy版はソだけ、通常版はシレソの分散和音。

なるほどこのように簡単にしているのだな。
そしてやっぱり通常版のほうが格好いいね。

ほかには左手のアルペジオをすべてeasyは和音にした感じ。
一ヶ所ハーモニクス(弦の真ん中を押さえて上半分で弾く、1オクターブ高い音が出るらしいがそれどころではない変わった音がすると思う)もあるけどレベルが高いので無視。

あと通常版にはサビがついている。
ここが好きなら絶対通常版を買っておかねばならないが、好きでなくても通常版にしておいてサビを抜くという手もある。
(大抵サビは難しいので。)
次はそうしようかなぁ。

ランブルトゥキャッスルのサビ(と勝手に呼んでるけど、たぶん編曲オリジナル部分)も格好いいのだけど、スカボローフェアほどの大好きポイントでもなかったので、まぁ良かろう。
今回はeasy版で許してやろう(自分を)。

でも、easy版だと短い曲で、あっさり終わってしまうので、前奏くらいは通常版を取り入れてみちゃおうかな、なんて思いました。
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください