2019年09月12日

ハープカバーの作成 その1

我が家、ハープを運ぶための鞄はあるんだけど(付属品だから)
置いてあるとき用のカバーは持ってないので、いつも風呂敷をかけている。

鞄に収納するのは蒸すとかで、どうも良くないらしいが、モロだと埃などが心配だからだ。

掛けている風呂敷は家にたまたまあったもので古いし、もう少し素敵にグレードアップしたい。
せっかくのハープが古い鏡かなにかのようでその一角が和風になって残念な感じなのだ。
IMAG3537.jpg
なまじ風呂敷のサイズや素材がぴったりで申し分ないので、これより上にいかなければ意味がない。

こじゃれたレース模様の西洋風呂敷を掛けるだけでも全然いいのだが、ネットで見つけたらとっても高かったのでパス。

ちなみにチェルシーハープ専用カバーなんてどこにも売ってない(あっても高そうだ)。

自分で作るしかない。

上からのホコリを避け、横からの風から弦を守りつつ、通気性があって、見た目も良い。
これを目指す。

直射日光から守るために黒い布を使ったりするのは最悪らしい(熱がこもるから?)し、色はエレガントな白にしよう。
そもそも日陰に置くけども。

IMAG3538.jpg
まずは測定。
(画像が横で、すみません)

綿布を100均で買ってきて
IMAG3549.jpg
測定してたことをすっかり忘れ
直接型をとり

IMAG3550.jpg
まち針打ってから
ハープにかけてチェック。

良さげなので
裁断して、端の処理して

IMAG3552.jpg
ここまで完成!
カーブを生かしたよ。

縫い代が外側なのは
金具に糸がひっかからないため。
計画通りです。

丈が短いのは
100均で買った布が小さかったため。
想定外です。
(ホントに測定の意味がないよ)

まだまだ。
これで上からのホコリはカバーされるけど、弦が丸出し。
これで半分ってとこなので、続きは明日!
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器DIY | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください