2019年09月11日

良い音とは?キラキラとは?

ハープが上手になる、というのは
速く正確に弾けたりする事の他にも
良い音で弾ける、という事であろう。

では、良い音とは、どんな音だろうか?

失敗を含めて悪い音は分かるんだけど
理想的な良い音ってなんだろう?
と思い始めた。

よく『キラキラした音』という表現があるが、これはハープでしか見ない表現だと思っている。
『キラキラした澄んだ音』とか
『キラキラした音が出したい』とか。

普通に使われているが、分かるようで分からない。
なんとなくこう、パキッとしたイメージだろうかと受け止めている。響きすぎない乾いた感じの音だろうか。
(まぁパキッも分かりにくいが)

少なくともアニメとかで宝がキラキラ輝く効果音ではないだろう。
爪弾きのアルパでは特に良く使われているし、少なくとも重々しいイメージではない。

その他にも『ポーンと響く澄んだ音』とかも良い音の表現で見たことがある。
キラキラよりもっと深い、柔らかさや湿度を感じる表現である。

ポーンとキラキラはどう考えても違う音だ。

あえて言うなら、低音がポーンで高音がキラキラだろうか。
それを目指せば良いのか?

『天上から光が射すような音色』という表現も見たことがあるが、さらに難解である。
音じゃなくて心象風景だ。
PicsArt_09-11-08.47.28.png
練習しながら『タハ~なかなか光が射さないなぁ~』とか言っちゃったりしたら格好いいかな。
…誰にも通じないか。

悪い音のほうを擬態語で書くと
『キシッ』とか『ギシッ』は変な風に指が当たっちゃった時に鳴ったりするし
『ポコッ』は弾く指以外の指が弦に当たっちゃってる時に鳴ったりする。
これらが良い音でないことは分かる。
今の私は、これが鳴らないように弾くのが目標というレベルの低さ。

正しく構え、正しく弾き、うまく脱力ができると良い音が鳴るのだろうなぁ~とは思うけど…。
いやそもそも脱力もよくわかっていない。

体験レッスンで、良い音についてもしっかり聞いてみようと思いますっ!


posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください