2019年09月01日

天空の城ラピュタ

金曜ロードショーでラピュタやってたので
久しぶりに気合い入れて見ましたよ。

というのも、昔から好きすぎて観すぎて
セリフも覚えちゃったりしてて
もちろんDVD持ってるから敢えてテレビでやってても見なかったけど

思い返せばもう何年も観てなかったので
たまにはテレビもいいかとじっくり見てみたのです。

CMあるとトイレ行ったり飲み物持ってきたり色々できるから、意外といいよね。
まぁ『ここでCM!?』も多々あったけどね。

昔は好きじゃなかった親父さんケンカシーンとかもさ、パズーがまっすぐ育った環境とかを鑑みたりしてさ、全部楽しく見れましたよ。炭坑の町の人たち、みんなあったかい、いい人だね。
それどころか落とされる閣下やその部下たちの表情までじっくり見ちゃった。あの人にも家族が…とか考えちゃった。
私も年を取ったよ。

まぁそんなどうでもいい話は置いといて。

やはり久石譲は素晴らしい曲が多いわけだけど、今は『これハープで弾けるかな』と考えつつ聞いたりするわけです。

泣けるシーンはスピードが速い迫力のある曲が多かったりしてハープじゃないんだなぁ。

マイナーだけど、ポムじいさんの石の声を聞くシーンの曲も好きだけど、なにあれ打楽器?がないと良くない感じだし
PicsArt_09-01-12.55.47.png

一番泣ける(今回も泣)とこ、ロボット兵が小さな塔の塀にシータ乗せるシーンとか、どこの部分も全くもってハープじゃないし

『君をのせて』はまぁちょっと飽きてるから置いといて

となるとこれだな、と思ったのは
シータがムスカに『ゴンドアの谷の歌』を語るシーンですね。

『ここが玉座ですって?ここはお墓よ、あなたとわたしの…(中略)…いま、なぜラピュタが滅びたのかわたしよく分かる、ゴンドアの谷の歌にあるもの…』
と、この辺で流れ始めるやつ。

この曲、パズーとシータがラピュタに到着したあと、ロボット兵に案内されて『上の庭』のお墓でも流れますね。
私は毎度、ロボット兵がシータにお墓に添える花を渡すシーンも泣きます。
私はロボット兵が好きなのかな(気付き)。

とにかくそこの曲よ。

ゆっくりで、物悲しくて、旋律がきれいで、短い(初心者向き)。

いいなと思ってピアノの無料楽譜をダウンロードしてみたら、なんと♭3つの変ホ長調(レバーハープの開放弦のままで弾ける)!

さらにさらに音域も、メロディーばかりか左手入れてもほぼチェルシーで弾ける!!

なにこれ、奇跡?
それともハープの曲?(そうではない)

弦が足りないのは和音の一部くらいだから余裕でカットしちゃう。

どうしてもレバーいじる部分が1~2箇所あるのと、左手の音が飛ぶ部分頑張れば、わたしにも弾けるのでは…。

ピアノの楽譜そのままをハープで弾ける曲なんてそうそうないと思うわ。
シーベック&シーモアが弾けるようになったら、次にチャレンジしようかな。

ちなみに曲のタイトルはシータの決意。
バルス前だからかな。
私なら墓標の花、とか、玉座にて、みたいな渋めのタイトルがいいなぁ(勝手につけるな)。
とにかくシータの決意、そのうち動画アップ目指して練習するわ。
PicsArt_09-01-01.04.39.png
posted by aya at 23:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください