2021年01月27日

久石譲「レスフィーナ」再び 動画

懐かしの名作アニメ映画「アリオン」より
「レスフィーナ」をフィーナ(FH26)で弾きました。
(あ、名前が似てる二人ね。)

アリオンは神話をモチーフにしている
・・・というより
結構そのままギリシャ神話な話なので
最初にギリシャの神殿風景を入れてみました。
PicsArt_01-18-10.56.19.png
この映画をご存じの方は同世代か
私よりやや上の世代でしょうか。

お若いハープの先生は当然のように
ご存じではありませんでした。
「この曲はアニメのアリオンの・・・アリオン、ご存知でしょうか?」
「いえ・・・。アニメがお好きなんですね。」
という恥ずかしい会話がレッスン中になされました。

そのころ私子供だったから
アニメ見ても良いかもしれないけど。
でも恥ずかしかったよーん!!

久石譲PIANO STORIESというCDがあって
その中に入っている一曲なので
むしろそちらでご存じの方の方が多いかもしれません。
私だってそのCD持ってたから
この曲に思い入れがあるんですけど。
でもアリオンも好きさ。
PicsArt_07-30-01.49.43.png

「レスフィーナ」はヒロインの名前です。
可憐でけなげで優しい女の子です。
虐げられて働いていて、声が出せません。
本当は最強の女神の力を封じられていた・・・と思う。

映画では序盤に流れるので
可憐なイメージそのままの美しい曲です。
最強感ありませんよね。


少し前にチェルシーで弾いたのですが
フィーナの方が音が合うんじゃないかなーと思ったので
再度弾いてみました。

チェルシーとの変更点なども語りたいので
そのあたり、次回に続きます!

レスフィーナが収録されてるCDは
これですね(私はカセットテープ持ってた)

楽譜もまだ売ってるようです。

posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする