2020年10月03日

風の谷のナウシカの泣けるシーン 動画

PicsArt_09-16-01.30.53.png
皆様こんにちは。
今日は唐突に
「あの短い曲なら弾けるんじゃないか!?」
と思って弾いちゃった動画です。

やっぱり苦労しました。

練習しないで録画に踏み切ると
結局苦労するシリーズです。
(なくした方がいいシリーズです…)

これ、めちゃくちゃいい曲ですし
好きだし泣けるしきれいだし
でもいくらなんでも
曲としては短いんですよねー。

ナウシカはこういうのが多いと思う。
場面を盛り上げるために流れる曲(音)が
やたら、良い!

(縦で撮っちゃってスミマセン)

この曲がかかるシーンについて
私なりに説明いたしましょう。

物語の後半です。
ペジテの兵士が
『風の谷』にいる巨神兵を倒すために
王蟲の群を誘導しようと
王蟲の子供に杭をたくさん打ち込んで
ぶら下げて飛んでいる。

なんとかやめさせようと
ナウシカが無防備に両手を広げて
ペジテの(壺みたいな)飛行艇につっこむ。

…ちなみに、このときの曲も好きです。
もう曲じゃなくて音ですけど。

ペジテの兵士(若い方は)
撃て!って言われるんだけど
撃てないんですよね。
「いやだ!ラステルさん…!」
て言いますね。
ナウシカがペジテの服を着てるから
ラステルに見えたのでしょうか。

それともラステルの服なのか。
(そういえば、ラステルの母に借りた服だったかも)

ラステルは序盤にチョイと出て
「積み荷を燃やして…」って言って
死んじゃうお姫様ですが
アスベルの双子の妹だし
こうやって後半に名前だけ出てきて
ぐっと悲しみを誘いますよ。
「様」でも呼び捨て(恋人)でもなく
「さん」なのも
平和な国だったのかなーとか
想像したりして、良いです。

話がそれました。
酸の海の小島に降り立った
ナウシカと王蟲の子。(とペジテ兵二人)

仲間のもとに向かおうとする
王蟲の子を庇うために
酸に足を突っ込んで大怪我するナウシカ。
そのケガを
金色の触手でナデナデする王蟲の子。

その時に流れる曲です。

王蟲の子も死にそうなのに
人間を労るという優しさ、
ひどいことをした人間への悲しみ、
もう間に合わないだろう絶望感やら、
色々ないまぜになって
絶対泣いてしまうシーンなんですよ。

内容もさることながら
曲の力も大きいです。

へたっぴで表現できているかは謎ですが
そんな素晴らしい曲なので
ぜひナウシカの気持ちになって
聞いていただきたいです~!
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする