2020年09月13日

ハープレッスン第7回

行ってきました、ハープレッスン。
1ヶ月短かったなぁ。
夏休みのせいかなぁ。

前回は聞きたいことも、聞いてほしい曲も、詰め込みすぎて
なんとなく自信をなくして
帰ってきた感じだったので
今回は欲張らずに挑みました。

教本は、基本のスケール位にして
姿勢や手の形を見てもらう!
曲も一曲だけ!

これなら時間内(40分)に収まるはず。
いつもオーバーしてバタバタしちゃって本当に申し訳ないのです…。
次の方にも…。
…………………………
★姿勢
やたら疲れる、肩が凝る原因が
ハープを構える姿勢にもあるのではないかと
チェックしてもらいました。

そんなにおかしな事はなかったけど
私が思っていたより倒さない感じ。
つまり肩に重さがかからない感じ。
(肩じゃなく膝で支えてるくらい)

弦は地面から垂直くらい。

私は少し自分にもたれかけすぎてて
重さがかかっていたのかも。

やり過ぎちゃうと弾いてる時に
向こう側に行っちゃうので
ちゃんと鏡でチェックしよう。

思えばチェルシーは
結構倒して弾いてたのかな。
それでも全然重くないので自由でした。
やはり大きなハープは
姿勢も気を付けねばならない。

★手の形
かなり良くなってました!

でも動画を見て
親指と人差し指を思いっきり離そうと意識するあまり
指がピーンとなってるので
親指(1指)はそれでいいけど
234の指先は丸く!!
そして234は下すぎた傾向。
でも親指は常に高く!

そもそも左手の
弾く位置が下がり気味なので
弦の中央あたりを弾く。

「重さの軸は指先」
という話を聞きました。
力を込める、というと力が入っちゃうので、重さをかける部分が指先。
意識する部分が指先。
「指先に目がある感じ」
イメージして弾こう。

★スケール
右手は上の方に来ると
ハープから手が離れて崩れてくるので
しっかりつける。
指準備、親指だけおくれるので
一緒にパッと準備する。
左手の薬指が弾いてるうちにちゃんと握らなくなってくるので、最初と同じくしっかり握る。

上昇系で指をくぐらせた後の
4指が弱くなるので
最初の音と同じ力でしっかり弾く。

★曲:シチリアーナ 
シチリアーナの練習を始めたので
聞いていただきました。

同じフレーズをアレンジしながら4回繰り返すような楽譜なのですが
そのふたつめが特に難しい!

まぁ全体的に
基本は間違ってないので
反復練習していこう、という感じ。

メロディーにあたる音が弱く
埋没しがちなので
1、2指をしっかり弾く。

これ、意外でした。
親指や人差し指は力があるので自動的に強くなるのかと思っていたけど、逆に抜けやすいみたい。私だけじゃなく。
2、4指の2和音は
4指じゃなく2指を意識すると
4指は勝手についてくる。
15993590495985010121536310028252.jpg
↑こーゆー所が特に苦手ですが…

15993591232477411114274381655845.jpg
↑1234指、全部押してから
15993592809087867397597841196699.jpg
↑2、4指だけ弾く(2指を意識)
15993594311271686608185809060955.jpg
↑次に1、3指を弾く

…っていう練習!

繰り返し3つ目のアルペジオは
最初の音(4指)を意識する。

★強弱について
シチリアーナの
強弱がちっともつけられない(全部フォルテになってる)ので
ピアノの出し方を聞いてみました。

先生は
強く←→弱くではなく
広く←→狭く弾くイメージとおっしゃってました。
ピアノは狭い範囲で響かせるイメージ。
フォルテは広く大きく響かせるイメージ。

全然できませんけども
意識して頑張ってみます…。

今回はこれくらいでしょうか。
書き出してみると
たいした内容(成果)でもないのですけども
とても楽しんで帰りました。

これはたぶん…姿勢を見ていただいてる時に先生が洋服を?髪型を?なんだったか佇まいを誉めてくれたので(とてもハープと似合ってます!みたいな)
それでとっても良い気分になったのも大きいのです。
うむ、技術関係ないんですけど。
なんでも誉めてもらえたら
モチベーション上がりますよね~😁✨
ここもポチっといただけると
モチベーション上がるのです~
posted by aya at 12:00| Comment(0) | ハープレッスン | 更新情報をチェックする