2020年08月15日

ハープの種類による「目指す音」の違い

さて、フィーナと命名された
ダスティストリングスFH26。

書きたい事が多すぎて長すぎて
(いつも下手で長い文章、すみません!)
記事を分けているため
ブログでは日にちがたってますが
まだうちに来て、5日目です!

情熱がほとばしり
怒濤の毎日長文更新になってしまいました。
お盆だっていうのに暑苦しくて
申し訳ない。

弦が1日1本ずつ切れていったら
どうしようっと思ってましたが
今のところ他の弦は生きてます。

ダスティストリングスの弦は
いまグレースハープでは品切れで
入手困難な状況みたいなのですよね。
こういうところは困るー!!

ミッドイーストとか青山とか
色々なところで売ってる(しかも安ければ更に良い)弦のハープは
メンテナンスが楽で良いのですね。
そのあたりも考慮してハープを選ぶべきなのだろうか。
音色ではなく?
いやいや、そうか

まぁ…まずは切れにくい弦であれ。
ミッドイーストのチェルシー弦は今のところ切れる気配ないですよ。
安いのに強い!
庶民の味方!

さて、今日の話題は
そこではなくて。

昨日真剣にフィーナでアリエッティソングを練習して
(音が大きいので昼間に部屋を密閉して)
思った音色についてです。

音はとても、響くは、響きます。
でもキンキンしたり、キツい(鋭い?)音になりがちで、そこを柔らかい丸い音にしたい。
これが今の私の目指すポイントです。

チェルシーは
とにもかくにも響く事を目指してました。
よーく響く=深い柔らかい音
というイメージでした。

フィーナは
よーく響くが→音が混ざってうるさい
よーく響くが→気を付けないとトゲトゲした音
などなど、響くの先にさまざまなダメポイントがあり
響かせれば良いってもんじゃなかったのです。

さらに響いてる分、響きを止めたときの台無し感も際立ち
雑音も大きいので目立つ感じ。

うーん。
『良いハープは、ハープが演奏者の実力をカバーしてくれるから、演奏が楽になる』
という私の仮説が揺らいで来ましたよ!?

さて。

しばらくフィーナを弾いたあとに
チェルシーを弾くと…
なんと、ギョッとするほどひどい音で
ぜんぜん響かない!
雑音しか聞こえない!

あんなに研究して、どんどん良い音になってきて、いつも癒されてきたチェルシーが
こんな音だなんて。
数時間で耳が贅沢になってしまった。
もう戻れないってことなのか。
悲しい…。

とまたブルーな気持ちになったりしましたが
弾いてたら元に戻りました。
素朴な優しい音に。

たぶん弾き方が違うのだと思います。

ごめんチェルシー!

それが分かったら
チェルシーはフィーナよりずっと安く手に入るだけではなく
(省スペースや、メンテナンスが楽、だけではなく)
チェルシーなりの良さが見えてきました。

まず、弦が柔らかい。
だから軽く弾く時はもちろん、しっかり弾く時も力が入りやすいのです。
フォルテでも疲れない。

レバーも軽い。
我流メンテナンスで向上したのか?フィーナと比べたら軽さに気付いたのか?は判然としませんが、軽いです。
(最初は固いと思ってた気がしますが)

そして音があまり響かない事を逆手にとれば、速く弾いても混ざることがない。

弾いてて疲れないのはボディが軽いせいだけではないでしょう。
チェルシー向きの曲って、絶対にある気がします。

よく響かせたい、解放弦ではない曲は、フィーナで弾いた方が間違いなくきれいになるでしょうが(今後、練習していけば)。

なーんて自分に言い聞かせて
チェルシーを手離さないで済ませたいなぁとか思ったりしちゃってますが。

でも弾かなくなって、しまいっぱなしにだけはしたくない!
そんな可哀想なことをしてはいけない。
ある一定の…半年とか3ヶ月とか、もし弾かなかったら手離す、みたいに自分で決めておこうかな…。

今のところは、毎日(昼はフィーナ、夜はチェルシー)弾いてます。
夜弾けるってだけでも、大きすぎる利点ですね~。

PicsArt_07-30-11.03.12.jpg
リビングから寝室(密閉されてる)に来たフィーナ。
冬にチェルシーに履かせてた家具用靴下を、フィーナに履かせたら、めちゃ移動が楽になりました!
ちょっと角度を変えるにもいちいち持ち上げなければならなかったのが
靴下のおかげでスイッと滑ります。
弾くときに滑らないよう一応片側だけにしてみてます。

ちなみに隣の椅子は
たまたま寝室に放置されてた最近使わなくなった子供椅子です。

はやく処分しなきゃなぁと邪魔に思いつつ
洋服を一時的に掛けたりという虚しい使われ方をされてましたが
ハープを弾くときの高さにジャストミートな上に、よく見たら色も合ってる!
と気がついて写真とりました。
すごーい!!
寝室にて運命的出会いを果たした二人!!

でも、この椅子
座面が固くてお尻が痛くなる…
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする