2020年08月03日

レバーの性能による、響く・響かない

もうすぐ
ハープを購入して一年経つ事になります。

出会って一年。
飽きずに続けて来れて嬉しいです。
とても飽きっぽい私としては
それだけで達成感が湧いております。

ハープに出会わなかったら
コロナの自粛期間をどう過ごしただろう…。
終わらない家事が嫌になって
家出してたかも…(本気で)!
ありがとうチェルシーよ!

さて
一年で私はどれほど成長できたのか。

さすがに買った日よりは
上手になってると信じてるけど…
うーむ。
指が動くようになったかとか
暗譜能力なんかは衰退しててもおかしくないくらい(年齢分)成長してなそうだけども。

元より”音が響くようになってきた”のは
多分あると思うのです!

今まで弾いた中で一番
ハープを響かせて弾けた曲は
「亡き王女のためのパヴァーヌ」
だと思います。今のところ。

解放弦だしレバー変更もない。
ゆっくりな曲でeasy楽譜だから
簡単な分余裕があるし
たぶん音の並びも響かせやすい。
(弾いた音を直後にまた弾いたら
音が途切れるけど、そういう箇所が少ない、か、ない。)
今弾いてみても
オッ!と思うくらい
弾きながら聞こえる音が、響きます。
そういう曲なのでしょう。

録画を聞いてみても、響いてるなぁと思います。

それより後に弾いたカロランズドラフトは響いていなくて、まるで違う楽器のように音が違う気がします。

『亡き王女のためのパヴァーヌ』よりは響いてないけど、『ロンドンデリーの歌』も♭2つなだけあってか、結構響いてます。

この先、技術でどこまでカバーできるのだろうか。
♭3つ以外弾きたくなくなってしまいそう。

この『レバー上がってると響かない』現象は、どんなハープでもあるのか?
当たり前のように考えてたけど
噂のカマックレバーなんかは構造的に弦の抑えかたが違うから、上げても変わらず響くのだろうか?

気になる気になる。

次のレッスンで、他のレバーのハープがあったら上げ下げして確認してみようかしら。

ちょっと調べてみたら
ラブランドレバーVSカマックレバーなんて記事をみつけました。
PicsArt_07-22-11.14.11.png
ざっくり解釈すると
どちらのレバーも良いレバーって感じです。
『みんなカマックレバーが良いって言うけど、ラブランドも良いんだよ!』
みたいな記事ですね。

ラブランドレバーはプラスチックだけど、とても頑丈らしい。黒い。
カマックレバーは金属だけどギミックが凝ってる分壊れやすいらしい。銀色。
そして高くて少し重いと。

でも私の重要ポイントはここ。
“どちらも解放弦のトーンを完全に維持するわけではないが…”(直訳)
おお~、そうなんだ~!
レバーを上げる前と同じ位響かせるレバーはまだ存在していないって事ね。
チェルシーレバーだけじゃなかった!

”両方のレバーはかなりくっきりしています”(直訳)
んん!?
『くっきり』って何。
こんな大事なところで
謎の自動翻訳じゃワカランので原文を調べよう。

both Camac and Loveland levers get pretty darn close
「どちらもかなり近い」
おお!解放弦の音にかなり近い、とな!
すごいじゃないか、ラブランド&カマックレバー。
やっぱりチェルシーレバーとは違うのか。

お安い分、チェルシーレバーはそれらより劣るのだろう。
中古市場見る限り折れやすいみたいだし。
レバーの性能の違いが大きいのかもしれぬ。

あ、そもそもチェルシーのレバー、現行品は変更されてるしね。
(でも音はあんまし変わらなかった記憶あり)

PicsArt_07-23-07.35.19.png
現行品
見た目ちょっとカマックレバーに寄せてる気がする。

でも先ほどの記事では『正しく付けられた場合』みたいな注意が何度か書かれているので、レバーの取り付け方で多少変わる可能性はあるかもしれんぞ。

私のミのレバー…
IMAG5164.jpg
つけ直してみたら改善される…?

いやぁ~
それは危険すぎるだろうなぁ。
やっちゃダメな気がするな。

とにかくとにかく。
解放弦ほどではないにせよ
良いレバーなら上げても響く、という解釈でよろしいかな。

そしてチェルシーは解放弦が得意なのはもう仕方ない。
文句あるならチューニングで変更せよ(せっかくのレバーハープなのに!?)ってことで。
でもこれもありかもしれない。
やってみようかな。

今日は長くなりました。
おつきあいありがとうございます(^^)
ぽちっと応援してくれると
よろこびます!
posted by aya at 12:00| Comment(5) | 楽器について | 更新情報をチェックする