2020年07月30日

久石譲のPiano story

先週、寝入りばなに
ふと思い出した曲がありました。

元々は高校の頃に
先輩に借りたカセットテープに入っていた曲で
カセットはダビングして多分実家のどこかにありますが
カセットデッキがない。
だからもう何十年も聞いてない。

あー聞きたいなぁー!
すごくいい曲だったはずー!
なんだっけなぁー!
たしか久石譲作曲だったぞ!!

と記憶を頼りに検索して
睡眠時間は短くなりましたが
無事、見つかりました。
カセット(元々はCD)としては
「ピアノストーリーズ」というタイトルでした。

ピアノ曲の作品集的なCDで
ジブリもたくさん入ってます、少しアレンジされて。
Piano storiesはいくつか出ているみたいで
私が探してたのは最初のCD。


それに収録されている曲でしたが
素敵な曲がいっぱい入ってるんですよね。
カセットじゃもう聞けないし
CDいつか買おうかな。

ハープでも弾けないかなぁと思って
楽譜も探して、いくつか見つけましたよ。


私が弾きたかった曲(Lady of spring)は
音域がいきなり足りなくて
移調も難しそうなので
保留しましたが😞
ハープ向き♭3つの曲もありました!

”Resphoina(レスフィーナ)”

レスフィーナってことはアリオンですね。
知ってるかしら、お若い方は知らないかしら。
あの名作を。
久石譲が音楽やっていたのかぁ。
なんか良いと思ってたら
そうかぁ。

PicsArt_07-30-01.49.43.png
まぁアリオントークは置いといて
かなり素敵な曲だし♭3つなら
弾いてみたいなぁ。

と、思い立ったら止まらない。
しかし
現在「アリエッティソング」と「キングダムダンス」を練習中だし
教本も真面目にやるぞうと思ってるので
新曲に浮気してるといつまでも完成しないわ…。
でも弾きたい…。

よし。
浮気は短期間にしよう。
せっかちは我慢できないので
単純化してすぐ終わらせて戻ろう。


いつかフルで弾くという野望を残しつつ
簡単版レスフィーナ、次回アップします!
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする