2020年06月20日

各社ハープの弦について

ハープの弦(私の場合ナイロン弦)は、ハープメーカー各社専用の物を使っていると思うのだけども…
そもそも、どのような違いがあるのだろうか?

分かるのはお値段だけなので、まずはお値段の比較をしてみよう。

私のチェルシー(ミッドイースト社)の弦は
本体に倣ってお安い方だ。

勝手に色々なハープ屋さんのページを参考にして、すごく乱暴な計算で一本あたりを算出してみましょう。
とりあえず最安値が知りたいので…割高な単品ではなく、セット販売されているならそれを割ってみます。

グレースハープ調べ
(ミッドイースト)
チェルシーハープ
セット6100円÷22弦=277円
(アートン)
沙羅ハープ
9600円÷23弦=417円
(ダスティストリングス)
ラベンナ26FH26アレグロ26
12800÷26弦=492円

青山調べ
(青山)
サウルハープ
14400円÷25弦=576円

さぁここからが大変…
他のメーカーだと呼び方が違うので
どの弦を比べれば(買えば)いいのかわからない…

高田ハープサロン調べ
(カマック)
バラ売り660~1100円、
チェルシー音域の22本購入するとしたらたぶん18000位÷22=800円

…ここで同じメーカーでも弦の種類が色々あることにも気付くが、慌てずいちばん安いものをチョイスしましょう。

(サルヴィ)
バラ売り360~1200円、
1st Oct.E~5th Oct.B

えーと。
1st Oct.Eとはチェルシーの音域より…上?
チェルシーの最高音のFは…1st Octなのかしら?
青山ページを参考に調べてみたのだけど
オクターブをド~ドじゃなくてファ~ファで区切っているのも頭がショートしそうです。
これが普通?

なんと分かりにくく難しいのでしょうか。
安くない買い物なのに、私なら絶対間違えるぞ、これは。

もう計算するの嫌になってしまったけど高音はカマックより安いということは、チェルシーの音域分買ったとしたらカマックよりは安くなる、という結果で勘弁してやろう、私を。

この辺で力尽きたので今日の調査は終わりにします…

とりあえず出てきたなかでは、カマックが一番高くて、次にサルヴィ、青山、ダスティ、アートン、ミッドイーストが最安値。

あ、もういっちょ!

小さめのハープを横浜で作ってらっしゃるメーカーさんのページもみつけたので調査。
(ototsubu harp)
オリジナル国産弦
3500円÷15弦=233円

ミッドイーストよりお安い!でもチェルシーの音域より狭いので、こちらで買うことはできないのかしら、残念。
国産と聞くと良さげなイメージ。
他の弦がどこ産かも知らないけども。

それにしても、調べられたのは値段だけ。
同じハープに色々な弦を試しに張って、音色を調査した、みたいな情報や動画はないものかしら。
シルクだとかガットなどの高級な弦比較はあるんだけど、ナイロンの中での勝負が見たいなぁ。
各社の構造や顕微鏡写真、耐久性や太さなどなど…
wound_string.jpg
こういうのとか(これはバイオリンの弦)
ギターなどでも色々ヒットするけど、ハープは出てこない。
そういえばハープってマイナー楽器だったなぁと久しぶりに思い出しました。

posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする