2020年06月10日

亡き王女のためのパヴァーヌ 動画

レッスンから帰宅してさっそく
『亡き王女のためのパヴァーヌ』を
録画いたしました。

”チェルシーを越える響き”を!
という野望のもとに
自主練してきたこの曲。
録画してみるとやっぱり
いつも通りのような…
まぁ解放弦だけあって、まぁ響いているかなぁとは思うのだけど…
「ダスティストリングスくらい響いてる」
とは思えませんなぁ。

今回は場所を変えてみようと思って
(夫が仕事でリビングを占領しているので追いやられたというのもあり)
うちで一番狭い部屋?の
クローゼットの中で弾いてみました。
壁に反響して
洞窟で弾くような効果を期待したのだ。

しかし、クローゼットなので
湿気を吸収するために
壁が板張りになっていて
もしかしたら音も吸収するのでは…?
反響には広さだけでなく
素材も影響する可能性があるかも…?
ガーン。
要検証です。

とにかくこの曲は
よく響くよう基本に忠実に練習し
出来る限り丁寧に弾いて、
響きを拾える位置をさがして
カメラ位置も色々変えてみたので
響いてるかどうかが最大のポイントです!

そのあたりも聞いていただけると
嬉しいです!
この曲に限らず
チェルシーハープの動画は
大体1ヶ月くらい練習してから撮りますが
ライアーやドラゴンハープは
1週間どころか1日しか
練習してなかったりします。
愛の差を感じざるを得ません。
(でも「いいね」がつくのはライアーだったりする~!)
posted by aya at 12:00| Comment(2) | 楽器について | 更新情報をチェックする