2020年06月10日

亡き王女のためのパヴァーヌ 動画

レッスンから帰宅してさっそく
『亡き王女のためのパヴァーヌ』を
録画いたしました。

”チェルシーを越える響き”を!
という野望のもとに
自主練してきたこの曲。
録画してみるとやっぱり
いつも通りのような…
まぁ解放弦だけあって、まぁ響いているかなぁとは思うのだけど…
「ダスティストリングスくらい響いてる」
とは思えませんなぁ。

今回は場所を変えてみようと思って
(夫が仕事でリビングを占領しているので追いやられたというのもあり)
うちで一番狭い部屋?の
クローゼットの中で弾いてみました。
壁に反響して
洞窟で弾くような効果を期待したのだ。

しかし、クローゼットなので
湿気を吸収するために
壁が板張りになっていて
もしかしたら音も吸収するのでは…?
反響には広さだけでなく
素材も影響する可能性があるかも…?
ガーン。
要検証です。

とにかくこの曲は
よく響くよう基本に忠実に練習し
出来る限り丁寧に弾いて、
響きを拾える位置をさがして
カメラ位置も色々変えてみたので
響いてるかどうかが最大のポイントです!

そのあたりも聞いていただけると
嬉しいです!
この曲に限らず
チェルシーハープの動画は
大体1ヶ月くらい練習してから撮りますが
ライアーやドラゴンハープは
1週間どころか1日しか
練習してなかったりします。
愛の差を感じざるを得ません。
(でも「いいね」がつくのはライアーだったりする~!)
posted by aya at 12:00| Comment(2) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2020年06月08日

ハープレッスン第4回

2ヶ月ぶりのレッスン!
今回は何を教えていただこうか?
先月に予定していた曲はもう
すっかり終わった気分で弾いてないし?
新しい曲は不出来だし?と
迷走しつつ行ってまいりました。

★カロランズ・ドラフト
「サボっている教本の代わりに
カロランズドラフトやってます」
とお伝えして、快く聞いていただきましたが
あまりの(ひどい)出来栄えに
教本もやると良いですよという話に。

優しく可愛い先生のこと。
もちろん注意やお叱りではなく
自分は教本をやらないと落ち着かない、
結局、基本から丁寧に練習した方が
曲の完成の早道であった、など
ご自分の話としてアドバイスしてくれました。
だからすんなり言うことを聞く気持ちになる私。
(でも教室に教本忘れて帰っちゃったの!わざとじゃない、わざとじゃないよー!)

基本からちゃんとやりましょう。

しっかりつかむ!
にぎる!脱力!
指準備!
ゆっくり練習!

前と同じ事です。
ていうかいつも同じ事です。

新しい注意としては
右ひじが下がってて(脇がギュッとしまってる)
平行に上げましょうと直された事くらいかな…。
なり力が入って弾いてたようだ。

こういうアイリッシュの曲は
軽やかに指先だけで弾く方も多くて
それもまたステキなんですよね。
そんな動画を見て私は
影響を受けまくっていたけれども
全っ然上手く弾けるようにならない。
なぜかなぁと思いつつ
行き詰まっていたので
先生の言う通り基本をおさらいすることにしました。
反省。

ブチブチ音が切れるのは
『指を準備してないから!』
うーん、なんで気がつかなかったのかしら。

ちなみに先生はグランドハープの方なので
しっかりという弾き方ですが
もちろん指先だけで弾くような
言わば「軽やか派」もあるんだと思うのです。
動画みるかぎり、少数派ではなさそう。
私は上手く弾ければどっちでもいいのですが
とにかく今のままじゃ弾けるようにならないので
しっかり丁寧に練習することにします。

てなわけで、この曲は長くなりそう~。

★亡き王女のためのパヴァーヌ
問題ないようです!
よし、クリア!クリアだわ!
早速動画を撮ろう。
すぐ撮っちゃおう!

★マハラリィの花
もうクリアと思っていて
特に聞いていただく予定はなかったので
「音が響かないんですよぉ~」
という話の流れで
つっかえつっかえで短く弾いたのですが
褒めていただいて
どこかで(お店とか?)弾けそうとか
ちゃんと響いてますと
とても良く言っていただけたのです。

嬉しかった…
もっと練習していけばよかった…

★響かない弦について
上から2番目のミの音が響かないので
弦を取り替えようか相談しました。
でも、普通古い弦は見た目もケバケバしてきたり、切れたりして寿命を終えるパターンが多いらしく
弦のせいかはハッキリしないので
次回まで保留になりました。

他のメーカーの高額な弦をつけたら音が良くなるか?という安直な疑問には
ボディが耐えられるかが分からず
保証外とかになる行為らしい。

たしかに。

まぁ良い音になる可能性もあるけど
壊れやすくなる可能性もあるかも。
とりあえずは
同じチェルシーの新しい弦を試すのが先かしら。

なーんて思って新品のチェルシーもちょっと弾かせてもらいました。

例のミの音は全然よく響いてるし、他の音も響いてる気がしました(でも新品にワクワクして冷静に判断できてるかは怪しい)
でも新しいチェルシーはレバーも違うので、果たして弦のせいなのか?
単に結び方のせいとかもあるかも?

ちなみに新しいチェルシー、
変わったのはレバーだけかと思っていたけど…
よくよく見ると
小さなデザイン変更に気がつきました。
PicsArt_06-05-09.29.25.png
所々にカーブが入って少し優雅になってる!
気がついた部分はこれくらいだけど
他にもあるかも?
間違い探しのようで楽しい。

posted by aya at 12:00| Comment(4) | ハープレッスン | 更新情報をチェックする

2020年06月06日

ドラゴンハープでPart of your world2

さて昨日の続きで
手作り(リメイク)ハープで弾いた
パートオブユアワールドの動画です!
ドラゴンハープの響く感じが、
海の底の洞窟のイメージって感じで、
私としてはとても音と曲が合ってると思います♪♪
伴奏はほぼ動かない単音なので、16弦ライアーでもいけるかも。

今回の特筆すべき点は
なんといっても…レバーですね!!
15913420221576851831025235890623.jpg
ドラゴンハープはレバーはついてるけど
固すぎて動かせないので
飾りというか
弾く前にペンチで動かしておく、という使い方しかできないシロモノですが
根性で使ってます。

どーしても、どーしても必要な音で
なんとか別の音でごまかせないか、
ミスタッチのふりして飛ばそうか、とか
色々と悩んだ末に
使うことにしました。

ペンチでしか動かせないものを
根性で!
演奏中に!
動かして&弾いて&また根性で戻す!

最初はどうしても「ウォリャァ!」と声が出てしまいましたが、
録画したときは無言で動かす事に成功しました。

プリンセスのイメージで、ハロウィーンの時のドレスまで着こんで弾いたのに
レバー操作の時めっちゃ力が入ってるので
ご注目下さい…じゃなく注目しないで下さい(^^;

とりあえずヤル気になれば使える事が分かったのは、大きな進歩です。

ま、そろそろレッスンも再開するし
明日からまた真面目に
チェルシーの練習に戻ろうと思います!
posted by aya at 12:00| Comment(5) | 楽器DIY | 更新情報をチェックする

2020年06月05日

ドラゴンハープでPart of your world1

おととい
ミニエンジェルハープを引っ張り出したので
今度はドラゴンハープを弾こうと思います。
手作り楽器による簡単演奏シリーズが続きます!

ドラゴンハープは現在
イコを弾くためにシ♭に調弦してあります。
そのため、そのまま弾ける
シーベック&シーモアや
マハラリィの花など
私のレパートリーのシ♭の曲は
たまに弾いてみたりしてます。

チェルシーと音域が同じなので
弾くのは簡単。
軽く弾いてもまぁまぁ響くし
ライアーとは比べ物にならない演奏しやすさです。

ただ金属弦という点がライアーと共通なので
楽器に合う曲は、ライアーの方が近い気がします。

つまり、軽やかで速い曲とかは苦手で
ゆっくり響かせるような曲が合う!

そんなわけで特に
軽やかなシーベックシーモアを普通に弾くと
なんとなくピンとこない仕上がりなんですよね~。
まぁ弾き方の問題ではあるのですが。
ゆっくり弾けばいい感じになるかもしれませぬ~。

でもせっかくだから
新曲にチャレンジしたくなって
無料簡単ピアノ楽譜をさがしてみました。
そしてリトルマーメイドの
パートオブユアワールドをゲット。
159100170520117113790706634454.jpg
楽譜探しに三時間くらいかかったが
これは初見でいけるレベル。
こういうの待ってたわ!
素晴らしく簡単な楽譜を入手!
しかもシ♭。完璧。
ワーイワーイ。

私この曲、大好きです。
世界中に大好きな方も多いんじゃないかしら?
カラオケで歌うと自分でぐっときて泣けちゃう(でもセリフがちょっと恥ずかしい…力一杯読んでるけど…)

そんな素敵で大好きな曲を
簡単楽譜で済ませていいのだろうか…?
とも思うのだが
まぁいずれチェルシーで難しいバージョンにチャレンジするってことで
今回はこれでいきます。
そんですぐに録画。

ほぼ練習しないで挑んでも
5回くらいの撮り直しで済みました。
これが簡単楽譜の力なのだ。
(それでも撮り直すのは、ミスの他に、顔が醜く写ってしまったから…コロナ太りをアゴに感じる…(T0T))

ちなみに私は動画に
タイトルすら入れない無編集の時と
歌詞や注釈などのテキストを入れて凝って作る時があります。
色々書き込む時は
演奏の拙さや、写りこんだ醜い顔を
どーにか隠そう、どーにか誤魔化そう、
ってために入れる事が多いです。
さぁ…今回はどうでしょうか!

動画を貼り付けるのにパソコンを立ち上げねばならぬので、動画は明日に続きます!

明日も来てくださると嬉しい!
posted by aya at 12:00| Comment(9) | 楽器DIY | 更新情報をチェックする

2020年06月03日

ミニミニエンジェルハープの音

先日作り終えて
『失敗!…保留!』
としまっておいたエンジェルハープですが
IMAG5115.jpg
このまま腐らせておくのも可哀想なので
久しぶりに出して
なんとか取れる音で調弦してみました。

現在このような音色です~
という動画を撮りましたので
興味のある方はどうぞお聞きください。

弾いてみると
今まで作ってきたミニハープと
実はそう変わらないというか
失敗と思ったのは
耳が肥えたせいなんじゃないか
なんていう疑惑すら浮かびました。
そう、前のも
こんな音だった気がしてしてきた。
見た目重視だから…。

でもやはり
調弦は前のより難しいかも。
弦がパワフルなので(特に低音)
丸カンフックで留めるのが
限界ギリギリなのではないか。

それはそうと
この動画をYouTubeにアップしたら
コメントをいれてくれた方々がいて。
とても嬉しい。

しかもお一人はアドバイス
(『木枠にブリッジを付けたら、音がよくなるヨ!』←概訳)
までくれたので
次回の参考にしたいと思います。

英語なので間違えた解釈してるかもしれないけど、たぶんブリッジというのは
クロックハープの時には入れた
横に挟んでる割り箸の事だと思う。
DSC_2257.jpg
一般的なライアーを参考に挟んだのだが
これは音色はそんなに変わらない気がしたが
弾きやすさにも直結したので
入れたのだった。

対してミニミニハープは
中空の形状なので
割り箸がなくても弾きやすい。
さらに割り箸を入れるスペースもないので
入ってないのです。
IMAG2011.jpg
↑一番最初に作ったお仲間
(ユニコーンハープと命名)

でも次があれば
なんとか入れてみようと思いました。
そしてピンか弦を変えよう。

まぁ当分作る予定はないので
作るとしたら、ですが…。
もう最後のつもりで作った
ミニミニハープが
満足いかない音だったので
いつかリベンジするかもしれませぬ。
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器DIY | 更新情報をチェックする