2020年05月21日

オークションの行方

昨日記事にした
サルヴィのハープ、後日談です。

(実は昨日の最後に書いてましたけど
私は一週間以上ワクワクしてたのだから
せめて1日は引っ張ろう…!
と書き直しました…すみません)

オークション、終わりました。
最初から入札してる人たちがいて
私も早々に参戦し
終了日には5万位まで上がってましたが
最終的には12万程度で終了。

うぅーん、うーん!!
いやぁーもっと上がって良いと思うなぁ!!

でもいま私が買うには高くて
迷いつつも10万越えた時点で
見送りました。

うーん、残念。
一度触ってみたかったなぁ~。


15651874515572517250446111293009.jpg
いつもの占いも
当然のようにやりまして
(まぁいつも通り)
買いなされ、みたいなカードが出てたんですが
やっぱりやめておきました。
(この占いに飽きてきているのかも…)
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2020年05月20日

ハープの寿命とレア物ハープ

レア物が出たよ出たよ!
あ、オークションの話ですよ。
PicsArt_05-12-07.51.05.png
23弦。
小さなサルヴィのハープ。
名前はEIRE。
もう生産されてないらしい。

画像から数えてみると
下はソから上はラまである。
今のレパートリーからすると
一番下のファが足りないけど
上は2つ増えるわけですね。

どう?
ど、どうする?
見るからにキレイじゃないですか。
見た目すごく良いですよね。
いつまで生産されていたのか分からないけど(調べろって?)
まだまだ現役ですよね。
たぶん。見た目からして。

先日カマックのトルバドールについて
記事にしましたけども
あちらの生産は20年前に終わってるので
少なくとも20年物以上ということで
寿命的にどうよ、と思ったりしてます。
PicsArt_05-05-05.56.17.png
ハープの寿命は
ネットで調べた範囲ですけれども
レバーハープはせいぜい
20年というところらしい。
(ペダルハープの方が長生き)

もちろん弦は代えたとして
レバーもヤル気になれば代えられるとして
本体がダメになるらしい。 

木が腐るとかの素材的な理由ではなく(バイオリンやピアノほか木製の楽器はウン百年持ったりするものね)
木が弦の張力に負けるという理由。

つまり
ずーっと弦を外して保管してたハープなら
長生きするのかしら?

おぉ、そうなると
古城の地下から発見された
古代ドラゴンハープに弦が張られてなかった…という逸話は
寿命的に正しい事になりますね!
PicsArt_04-11-04.53.37.jpg
などと勝手に作った設定に
一人ガッツポーズ。

あ、どうでも良いですね!

さぁとにかくEIREですよ。
サルヴィがイタリアなので
イタリア語読みして
「エイレ」ですかね。
意味は…アイルランド。
アイリッシュハープだよ、という事かな?

画像の印象だとベビーハープ並みに小さく見えるけど
まぁそんなわけない。
縦75×横57センチというから
71×46のチェルシーより当然大きい。
厚みも結構ありそうなので
(画像から判断するに)
ごつく感じるかもしれません。

まぁそんなのどうでも良いのか。
大事なのは音色ね。
YouTubeで聞く限りですが
普通に綺麗な音がしてます。
当たり前か。

そして前に批評したように
しっかりした固めのイメージはあります。
ふくよか・優しい・重厚とかではなく
リンと響くオルゴールのような響き?
高音部はとくにチェルシーより全然響いてるのが動画でもわかる。

まぁサルヴィのハープを触った事もないので
想像するしかないのが悲しい…。

さぁお値段どこまで上がるかなぁ。
手に入らないということで
異常に駆け上がるかもしれません。
動向を見守りたいと思います。

ぽちっと!

posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2020年05月19日

チェルシー向きの曲とは

昨日
ゆったりしっとりした曲は
いつも以上に響かせたいので
チェルシーを使いながらも
ダスティストリングスのハープを目指して
弾くぞう!!
と語りましたけども。

「じゃあチェルシー向きの曲ってどんな曲?」とちょっと考えてみたのですが…

あまり響かない=響きすぎて音が混ざる、
みたいな現象が起こりにくいので
速い曲とか、フォルテがしっかりある曲なんかが向いてるのではないかしら?

…なんてことを考えると

私の今まで弾いた曲のなかでは
スカボローフェアがやっぱり一番かな!
寂しさ悲しさの中に激しさもあって。
速かったり遅かったり起伏があって。
さらには天使より吟遊詩人に似合う内容や雰囲気も、チェルシー向きに思えます。

やはり素晴らしい曲であるよ。
また弾きたくなってきたよ。
今弾いたら、前より多少は上手に弾けるのだろうか。
変わらないかなぁ。

ああいう曲の楽譜もまた入手したいなぁ。
なかなかないのですよね。
内容、レベル、音域、さらにみんなが知ってる有名な曲なんてのは…。
まぁ、地道にさがしていきましょう。
オススメの曲なぞありましたら
教えていただけると嬉しいです!

PicsArt_11-03-11.58.24.png
(↑中世の吟遊詩人)
この人たちに混ざれるのは
グランドハープじゃなくてチェルシーですよね~。

posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2020年05月17日

耳が肥えてきた!?

チェルシーハープの新曲として
ラベルの『亡き王女のためのパヴァーヌ』を
練習し始めました。
1589434806954583286942252169899.jpg
(ムジカオンラインのeasy版の方です)

こういう
し~っとりした
ゆ~ったりした曲は
是非とも美しく響かせたい。
雑音はいつも以上に許されない
…気がします。

というわけで
チェルシーハープの素朴な音色で
素敵に仕上げるためには
とにかく『良い音』を出すよう
気合いを入れて練習したい。

速く弾く必要はないし
レバーチェンジもないし
easyの中でも簡単な方だと思います。
だからとにかく…音!
良い音を出すのだ!

私、ずいぶん前にこの曲を
2種類のハープで弾いている動画を見つけまして。
たぶんプロではない方の。
でも私よりもずっと上手な方の。
2種類はチェルシーと
ダスティストリングスの…ラベンナだったかなぁ?
とても音色の差が分かりやすくて
ダスティストリングスのが欲しくなったのは
思えばその動画がキッカケだったかも。

同じ人が
同じ場所で
たぶん同じ日か近い時間に弾いてるので
ハープの実力がハッキリしてました。
全然響くんですよ、ダスティストリングスの方が。
私はチェルシーを持っているので
当然チェルシーびいきなのですが
その時『ダスティストリングスのハープっていい音だな』と思ったのです。

チェルシーの音が悪いわけではなくて
ちゃんときれいな音だけど
ダスティはさらに良く響いてきれい。

響くってことだけなら
チェルシーも洞窟で弾いたらそれくらい響くかもしれないが…

今改めて聞いてみると
響くだけでなくて
爪があたった音とか、やや軽すぎる音とか、分散和音の粒がやや均等ではないとか、
小さな小さなアラみたいな物が
チェルシーはばっちり録音されていて
ダスティの方にはないのです。

(弾いてる人がダスティの方に気合いを入れてるだけだったら的外れだけども…)

たぶんこれは
ハープがカバーしてくれるという事なのかなぁと思いました。

たとえば
私はよく左手薬指で弾く低い音が
ポコッとした音になっちゃうのですが
(指を深くかけて、速く放つと鳴りやすいかな?)
よく注意して弾けば鳴りません。
こういう事がダスティは起こらないのではないかしら。

つまり、
チェルシーでも一切アラを出さずに
響かすぞぉと1音1音注意すれば
ダスティストリングスの方の音色に
近付けるのではないか!?

…なんてことを勝手に思って
私はヤル気になっております。
幸いこの曲は
終始解放弦(ホ長調?)で良い音が鳴りやすいですし。

目指せ!
ダスティ風『亡き王女のためのパヴァーヌ』!
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2020年05月15日

私の16弦ライアーの弾き方

今月のハープレッスンが
延期(実質一回分中止)になってしまいました。
まあ、もちろん予期してましたし
練習も何をやろうか迷走してたので
特に問題はないのですが
自分のモチベーションが心配です。

とにかく1ヶ月開いたので
本腰入れて新曲を練習しても良いわけね。
ではそろそろ
『亡き王女のためのパヴァーヌ』を始めることにしましょうかね。
『イコ』(ドラゴンハープ)も練習しつつ。

16弦ライアーもなにか練習しないと全然弾けないままなので
リビングに置くことにしましょう。
IMAG4527.jpg
久々に弾いてみると
なんというかコツを忘れてますよ。

はじいて弾くんだっけ?
撫でて弾くんだっけ?

ハープもそうですが
これも弾き方で音色が全然違うんですよね。

このライアーは
YouTubeに動画アップしてると
たまに質問のコメントが入ります。
私のような初心者(練習もしてない)に
質問するくらいだから
本当に初心者の方が多く触れる楽器なのだなぁと思います。
教室も先生もいなそうだし。

だからホントに自由に弾いて良いと
私は思ってるわけですが
そこを真面目に考えてる方が多い。
だから正解を知りたくて
質問しようと思うのかしら。

せっかくのマイナー楽器なので
皆さん自由に弾きましょう。
(この辺も勝手にそう思ってるだけですが)

でも知りたい方もいらっしゃるので
今日は私の弾き方をご紹介しますね。

【持ち方】
前にもチョロチョロ書いたかもしれませんが
そのへんにあった紐で二ヶ所固定して
(左上は縛るだけ、右下は鴨居用のフックで固定してます)
両手を使えるようにします。
15649812408566953071829287836107.jpg

ライアーを正面に構えると
撫でて弾きやすい。
ライアーを横に構えると
はじいて弾きやすいです。

私は斜め~横くらいに構えてる事が多いです。

【弾き方】
撫でると深い響く音で
はじくと軽めの音が鳴り、速く弾けます。

左手は裏から弾くので
撫でるのは難しくて
私はほぼ、はじいてます。
伴奏だし、こだわらないの。

撫でる場合は
指の腹で弦をぐっと押してから
左隣の弦にスライドすると
いい音が鳴ります。

私の場合
『弦を回転させる』という
イメージで弾くと
いい音が鳴ったりします。

左隣の弦が左手で占領されてる場合もありますが、そういう時ははじきます。
臨機応変です。

【使う指】
はじく→ハープなら→親指~薬指
撫でる→ライアーなら→人差し指~小指
を使うので
構え方で弾きやすい指は変わってきます。
自由です。
できれば5本とも使いたい所ですが
どうも私は親指は使ってないようです。

【つめ】
ライアーはよく爪が当たって
雑音が鳴るので
短めがオススメです。
ピアノくらい短め。

余談ですが
ハープはある程度短くても長くても弾けて
アルパやカリンバは長くないと弾きにくくて
ピアノやライアーは短くないと弾きにくい。
そんな観点で
爪を大事にしてる人(ネイルアートが大好きだったりとか)は
楽器を選ぶときの要素にしたりするのも
面白いかもしれません。

【レッツプレイ!】
あとは弾くだけです。
楽器はとにかく毎日弾くことが大事です。
1日さぼると3日戻ると思って
毎日少しでもやれば
あっという間に弾けるようになります。

少なくとも私よりは弾けるようになります。
私はいつも
買ったその日に戻ってます。

~おわり~

何を適当な事を言っちゃってるのー!
と思う方もいるかもしれませんが
私よりも初心者の方には
それでも少しでも参考になるかもしれないと
えらそうに書いてみました(^^)
もしもっと聞きたい方いらしたら
コメントなぞ入れて下さいませね~。

そしてできればぽちっと!
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする