2020年04月20日

40 O'carolan Tunes For All Harps 解読1

ドラゴンハープ作りが佳境に入ってたので
放置してましたが
オカロランの楽譜、届いております。
15864081006768849968086889407834.jpg
これはねえ・・・
すごく時間かかる!
解読に、すごく時間がかかる!

だから、なかなかレビューができません。
届いたその日に語れることは
「表紙が紫色だなぁ」くらいであった。

でも!
ようやく着手に踏み切ります。
これから地道に内容を紐解いていきますよ!

クリスマス前に購入して
おおむね満足したこちらの楽譜の場合は
1576043760100949520166322236181.jpg
ほとんど知っている曲だったので
どの曲を練習しようかなぁ~
というのは、音域を確認するくらいで済みました。

しかしこちらは・・・
私が知ってるのはシーベックシーモアだけ。
ほかの曲はほぼ聞いたことがない。

それどころかタイトルの意味も謎だったり、読むことさえ無理だったりする。

適当にめくって弾いてみる、なんてやってたら
めっちゃ好みの曲を飛ばしてしまう危険もあるので
もう、最初から飛ばさずつぶしていこうと思います。

むしろ教本の扱いで行こう。

今日はまず、最初の10曲を
ざっくり調査します。
私の感想含め、かなり適当なので
間違えてたら教えてくれるとうれしい。

■Lady Athenry
 レディ アセンライ
 意味 アセンライ(アイルランドの地名)の貴婦人
 可愛くて明るい雰囲気
 音域 右ページは足りないので、1オクターブ下げて最後戻せば弾けるかな~。 

■George Brabazon #1
 ジョージ ブラバゾン1(人の名前)
 牧歌的で比較的ひきやすそう。
 音域 左手途中から1オクターブ下げれば弾ける。

■George Brabazon #2
 ジョージ ブラバゾン2
 音域 ほんとに最後だけ、1オクターブ上げれば弾ける。

■Planxty Burke
 プランクスティ バーク
 プランクスティとはハープ曲の種類(陽気で活発でありながら少しゆったりの三拍子)、語源は音らしい。(ポロンみたいな)
 バークは名前。
 バークに捧ぐ、くらいの意味でとらえれば良いか。又はバークのワルツとか?
 悲しげなメロディだが、終わり方がへんな感じだった。
 音域は、まぁ足りる。

■Carolan's Cap
 カロランズ キャップ
 カロランの帽子?頂点?
 カップと勘違いしてたせいか、トロフィー贈呈の時に流れそうなイメージ。中途半端に終わるかんじも含めて。
 音域は、足りる  
 ☆ムジカでは、しっとりしたきれいな曲

■Carolan's Concerto
 カロランズ コンチェルト 
 カロランの協奏曲(またはミセスパワー)
 明るくかわいい感じ。
 音域はなんとか変更を頑張れば…
 ☆ムジカ 軽快で可愛いダンス曲のイメージ

■Carolan's Draught
 カロランズ ドラフト 
 カロランの一口、草案
 明るく速い曲、レバー操作はあるが難しくない。
 音域 右手を1オクターブあげて戻せば弾ける
 ☆ムジカ 宮殿で流れてそうな明るく優雅なイメージ

■Carolan's Fancy
 カロランズ ファンシー
 カロランの空想、装飾
 音域 たりない

■Carolan's Farewell to Music
 カロランズ フェアウェル トゥ ミュージック
 カロランの音楽へのお別れ
 悲しげ 
 音域 左手和音の下の音をカットすれば弾ける

■Carolan's Quarrel with the Landlady
 カロランズ クアレル ウィズ ザ ランドレディ
 カロランの女将との喧嘩(すごいタイトル…)
 音域 左手がんばって変更すればなんとか弾ける 


はぁぁ・・・
これで10曲。
力尽きました。
時間がかかるー。
そして聞いたことがないせいか難解で
さらに難しい曲が多いと思う。
レベル★★★~★★★★くらいでは・・・
スライディングはいつも出てくるし
音が離れてたりもする。
でも指使いが全部書いてあるので、丁寧ですね。

☆ムジカ と書いておいたのは
ムジカオンラインで同じ曲名のものを視聴した感想です。
原曲が同じでも、アレンジが違う(シルビアさんと毛利さん)ので
けっこう印象は違います。
何度弾いても同じ曲にどうしても聞こえないのもある…というか
ほとんどそうというか…

そして私は毛利沙織さんのアレンジが好きなんだなー、と気付いてしまいました…。
少しも不自然でなく狭い音域におさめつつ、悲しく美しく、時に情熱的で、ハープらしさ(グリッサンドとか)をちりばめ、違和感なくオリジナルなサビを入れ込んだりして、そこがまたすごく良かったりするのだもの。
すごいなぁ。

調についてはクリスマス楽譜と同じく
シャープひとつ(ト長調?)か、記号なし(ハ長調?)。
フラットがほしい私としては望ましくないけど
まぁそれは慣れるしかない。レバー変えればいいだけさ。

この作業を4倍やれば
全部の曲がとりあえず理解できるので
それから何を弾こうか決めたいと思ってますが・・・
うわぁ終わるのかしら!?

できるかぎり頑張って解読していこう!

posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする