2020年04月12日

ハープレッスン第三回

レッスン行って参りました!
三回目です!

このご時世でもレッスンしてくれて
本当にありがたい。
一時でも好きなことで自宅から脱出できるのは、ストレス解消に多大な力を及ぼしてる気がします。

教室もかなり気を付けていて
そこらじゅうに消毒グッズがあったり
ドア全開でちょっと寒かったりと
少しいつもと違いました。

さてレッスン内容。
今回は教本をサボり気味で
曲を2曲練習してたので、その旨説明して
急ぎ足で全部聞いていただきました。

《教本》
基本がおろそかになってるところを(まぁいつもだけど)指摘してもらいました。

もぅ同じ事を前にも言われてるけど
・しっかり握る
・親指を根元にしっかりつける
これ、再度確認せねば!

15862402648986778178472472454730.jpg
↑❌こんな風になってる時があるから

15862403190408376477431336744136.jpg
↑⭕こう、しっかりと握る!

他にも
・左右がずれてる(初めて言われたかも)
・左手の親指が下がって詰まる
これもね!

特に上昇形でひっくり返した後につまるので
ひっくり返した後も、最初と同じ形に!

そして今回一番の収穫となったのは
・指の準備をする
これですね!

ええ、当たり前の事なのです。
かなり、おろそかになってました。

すると音が切れるのです。
スラーじゃなくなるのです。
15862397923833373751041370044764.jpg
↑教本だとマークがついている
(なのに準備不足)

15862398973266533568741078757607.jpg
↑black is the color 
指使いまで書いていただきました!

15862399614647787272232907769689.jpg
↑マハラリィの花
ぶちっと切れてた部分が
劇的にきれいに弾けるように!

曲についてはどちらも
いつものごとく誉めていただきましたし(拍手までしてくれる先生…可愛い)
このような細かい部分の修正です。
指使い&指準備の指摘でした。

«black is the color»
最初のソソドミ~、
私は112と弾いてたけど
222の方が音がきれい。
親指より人差し指の方が音が深く響く。

他にも11で弾いてたところを2や3に修正。

指使いを直すのはそれなりに時間がかかるけど、間違いなくきれいになるので
やりがいがあります!

あとは疑問だった『響きを止めるやり方』はそんなに決まりはないようだけど、パーよりもチョップの方が良いらしい。

15862408118532686889080393924991.jpg
パーより
15862408429543162236021205306483.jpg
チョップ?
…でもこれ上手くできないので
よく分かってないかも…。

そもそもチェルシーはそんなに響かないし
あんまり必要ないかもしれません。
要所要所、ひかえめにやろう。

«マハラリィの花»
初めて先生に聞いてもらったけど
やはり先生も「とってもいい曲ですね!」とタイトルをメモっておられました。
気に入っていただけるとおもったわ!
私と先生、好みが似てると思うの。

それはともかく
こちらも、『正しい指使いや指の準備を直すことでスラーに』という修正。

真面目にパキパキ弾く感じになってるので
もっと弦を押して、ふくよかに。

指の準備をしっかりやろうとすると、すこしだけ難易度が上がったかなと思いました。
しっかり直して、きれいに弾くぞー!

どの曲でも教本でも同じく
ゆっくりで良いからしっかり弾く。
しっかり弾く練習してから、あとで速く。

雑にならないように、丁寧に練習していこう!
posted by aya at 12:00| Comment(0) | ハープレッスン | 更新情報をチェックする