2020年03月22日

ホワイトウォッシュ塗りに挑戦

手作りハープで難航している装飾部分ですがグルーガンで
模様っぽく作ってみたりして
なんとなく路線が決まってきました。
IMAG4783.jpg
ドラゴンにも模様にも見える…?
みたいな装飾を目指しております。

てなわけで
装飾はこの先も地道に悩むとして(?)
塗装に目を向けてみましょう。

色は白、というのは
決めてるので
まずは手持ちの白い塗料で
余ってるミルクペイント(100均)を
試してみます。

いきなりハープ塗って失敗は怖いので
木製のゾウさんを塗ってみよう。

IMAG4793.jpg
結構昔からある
子供のおもちゃ?だが
稼働部分があって使い方が謎。
でもなんとなく飾られている。
(木製でなければずっと前に
捨てられてたであろう…)
私は木製が好きなのだ。

IMAG4794.jpg
塗り~塗り~。
さて、ホワイトウォッシュは塗ってから拭き取るらしいのだが…

どうも…間違えたらしい。

塗ってるうちに乾いてしまい
全く拭き取れません。

ゾウさんは
非常にマットな厚塗りで安定してしまいました。

なるほど…
危なかった。
ハープじゃなくて良かった。

もっと手早く拭き取るのだな。
塗料も少し水で薄めるべきかもしれん。

IMAG4795.jpg
その時目に入ったのがこちら。
木製の譜面台である。
ネットで安く購入して、今日届いたのだ(だから目の前に置いてあった)

迷うことなく
新品の譜面台もペイント練習の餌食に!

IMAG4796.jpg
今度はうまくいって
譜面台はホワイトウォッシュな感じになりました。

2つの差をお見せしたいのだが
画像では違いが全く分からない!!
(アップでも色々撮ってみたのですが
違いが画像に出ませんでした…)

譜面台は木目が見えて、ゾウさんは見えないのです。
手触りなんかも譜面台の方が木の感じで良さげです。

ゾウさんはゾウさんで
まぁ元々なんだか分からない物なので
キレイになって良かった
何かに活用したいなぁ。

譜面台に装飾も付けて
雰囲気を見てみたいと思います。

ホワイトウォッシュな譜面台、とても好みだわ~。
さぁ、新しい譜面台でハープの練習よぉ~!
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器DIY | 更新情報をチェックする

2020年03月20日

black is the color 練習中

IMAG4708.jpg
ブラック・イズ・ザ・カラー(easy版)の
練習をしております。

美しく、せつない曲…はアイルランド民謡は
みなそんな雰囲気もありますが
加えてこれは
かっこよさもある曲ですね。
ジャズっぽい?とでも言うのかしら。

動画で聞いてみても
楽譜通りではなく、少ーしずらして弾いてたりして、なんというかオシャレな雰囲気。

でも「気取ってるキザな」感じにはしたくない。
かといって楽譜通りカッチリ弾くと
良さが伝わらない気がする。
これはなかなか
弾き方で雰囲気が変わる気がします。

さらに動画を見ていると
ところどころ、手で弦をおさえて
響きを止めています。
それもまたかっこいい…。

楽譜にそのような指示はないので
動画を参考に何ヵ所か
私もチャレンジしておさえてみたいっ!
と思っております。
おさえ方も知らないのですが
動画を見る限り
指先よりは手のひらを使っているような?
うーん、まぁどこでおさえても
音は止まるのですが
正しいおさえかたがあるなら知りたい。
次のレッスンで先生に聞いてみよう!

そんなわけで
ただでさえ素敵なメロディーに加えて
easy版と侮るなかれ!な感じの
奥深い曲という印象ですよ。

素敵に弾けるよう
頑張って練習するぞぅー!

posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2020年03月18日

風の通り道 動画

となりのトトロより
「風の通り道」やっと録画しました!


曲そのものについては
前に色々語りましたので
今日は録画エピソードをば…。

ぽかぽか暖かくなってきたので
庭で録画していても
手がかじかむ事がなく
前より弾きやすく感じました。

野外録画2回目にして
もう慣れてきたのかな。
単に面の皮が厚くなったのか…。

指を引っかけてしまう部分はあるんですけど
大きなミスはなかったような気がします。
やたらゆっくり弾いてしまったけど
私はその方が好きかなぁと思い
のんびり聞いていただけたら嬉しいです。

この曲はちゃんと
1ヶ月以上練習したので
練習すればやはりミスが減るんだわっ!
と思いました。
当たり前のことなんですけども。

いつもの「一か八か感」があまりなくて
成功したなかで選べる余裕がある感じで。

でもまぁ
「最高の出来!」とかではなく
「私の今の実力はこれくらいだ」という納得の仕方なのですが
「もう時間がないからこんなもんで許してやろう(自分を)」
といった終わり方ではないので
今までよりずいぶんスッキリしました。

今後もそうありたいので
しっかり練習してから録画するようにしたいです。

実はこの前日にも録画して
出来映えも同じくらいだったのですが
風が強くて
「ボボボボボゥ」という風の音や
「カラコラカラカラー!!」という
風鈴?(空き缶が風で回る玩具←子供がもらってきたやつ)の音がバッチリ入り
風の通り道というより
嵐の通り道になっていて
さすがにこれは不快感を与えるレベルの騒音かも…とボツにしました。
悩みましたけども撮り直して良かったです。

さて、さらに録画環境について語らせていただきますと。

恥ずかしさ・暑さ寒さとかを抜きにして
野外と室内を比べると
野外の方が音が大きく入りました。

割れる事が少なくて、つまり比べると室内より野外の方が良い感じになりました。

なぜか。

あくまで私が思うにはですが。

野外ではハープの音が反響せず
環境音(鳥の声、風の音、工事や竿竹屋などなど)も邪魔をしてくるので
演奏してる自分には、さほど大きく聞こえません。
だからつい強め大きめに弾きます。
さらに爪を引っ掻ける雑音なども
環境音に負けて入りにくい気がします。

逆に室内では、弾いてる自分には
十分に大きな音に聞こえるので
自然と音量を抑えて弾いてるのではないか。
加えてミスや雑音もしっかり拾われてしまうので
完成度の高い演奏が求められるのではないか。

てなことを思いました。

それでもなお
恥ずかしいから室内で録画したい!
と思ったりするんですけども
曲の雰囲気的に野外向きなら
今後もチャレンジしていきたいと思いました。

がんばりまーす!!
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2020年03月16日

シリコンモールドにハマる

ハープリメイクの作業ですが
装飾部分で、すっかり停滞しております。

というのも装飾を
シリコンモールドで作ろうと
色々買ってみたのですが…
15817207608741527399684014734636.jpg
↑前に紹介したお花型は使えそうですが

その後購入した
いかにも使えそうなヨーロッパ風模様は
小さすぎてどうにもハープには合わず…

チェス駒型に至っては
ハープと関係なく買ってしまったので
(あ、かっこいいと思って衝動買い)
もちろんハープには使えず…
15839322808647220323594651808550.jpg

でもせっかく買って
使わないのはもったいないので
手鏡に張り付けたり
PicsArt_03-11-10.25.20.jpg
(↑黒白ふたつ作ってみた)

チェスを作ったり
15839323707823599917825216449440.jpg
(↑ここまでで
すごく時間がかかったのに
遊ぶためには
チェス盤も必要と気がついて
こちらも作業が止まったまま…)

完全にハープ以外のDIYに
時間を取られてしまってます。

シリコンモールド面白いんです。

早く装飾して弦を張って
ハープも完成させたい。
あぁ気持ちばかり焦るけど
装飾が進まない~!
シリコンモールドは小さいのが多いから
やっぱりハープには向いてないのかしら。

そんなわけで
謎の小物ばかりが増える我が家です。

posted by aya at 12:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年03月14日

楽譜が届きました~

先日のレッスン後にさっそく
ムジカオンラインさんで購入した
楽譜3冊が届きました!

IMAG4697~2.jpg
左から
レベル★
亡き王女のためのパヴァーヌ

レベル★★★
マハラリィの花

レベル★★★★
春よ、来い

★まず初心者用
「亡き王女のためのパヴァーヌ」は
めちゃくちゃ有名なあの曲です。
クラシックの。ラベルの。
(って文章で書いても思い出す手助けにはなるまいよ…。)
とにかく有名なので聞いたことある人が相当多いはず!

この楽譜は
ずーいぶん前、昨年秋頃から買おうとは思って何度も何度も買い物かごには入れてます。(時間立つとリセットされるのだ)
買うなら送料節約のためにまとめ買いしたくて、他の楽譜が決まらず、こんなに遅くなりました。

元々知ってる曲ですが
つのだじろうの「恐怖新聞」というマンガが原作のゲーム「恐怖新聞」で
この曲がピアノ発表会シーンで流れた…
という特殊なきっかけで、クラシックの中では印象深い曲です。
まぁその時は暗い曲というイメージでしたけども…。
PicsArt_03-11-10.01.29.png
怖い新聞が勝手に配達されちゃうマンガ。
しかしうろ覚えなので
本当にこの曲だったのか確証はない(違ったらごめん…)

で、それをハープで弾いてる動画を聞いて、あまりにきれいで楽譜が欲しくなりました。
初心者用にしようか、小型ハープ用にしようかも迷いましたが、自分の知ってる部分はeasy楽譜でバッチリ入ってるのでこちらに。
easyなので気軽に弾けそうな予感がします。

★★★
お次の「マハラリィの花」は
全く有名じゃないと思いますし
私も見たことも聞いたこともなかった曲。

タイトルもよく分からない(マハラリィとはなんぞや…)
音の響きからいくと、私はインドを想像しますが、アイルランド民謡です。
アイルランドの花の名前だと思われます。

それでもわざわざ聞いてみようと思わないタイトルだったのですが
聞いてビックリ!の、
めっちゃめちゃ良い曲なのです!!
今回はこの楽譜が欲しくて、他の2つもついでに買いました。

ハープで弾いてる動画を見て
「なっなにこれっ!!!」
と思って調べたらアイルランド民謡だったという経緯です。
やっぱり私はアイルランド民謡とかスコットランド民謡とかが好きみたい。
メロディがしっかりあって、ゲームミュージックっぽいんですよね(かなりの誉め言葉です)。

それから毎日聞いて、★3つは庭の千草と一緒だから難しいからどうしようかな、などと迷いつつも、迷いはじめてからすぐに買ってしまいました。
とにかく素敵な曲なのです。

楽譜を見てみると「あれ、なんで★★★?」という位難しくなさそうでした。
レバー変更もない、ハーモニクスもない。
繰り返しっぽく、難所も見当たらない。
そして、短めの3ページ。
なので、早速チャレンジしようかなと思ってます。
まぁきっとどこかが難しいのでしょう。

★★★★
ユーミンの「春よ、来い」
これは小6の息子がなぜかはまって、人生初のCDを購入して、毎日口ずさんでるので、欲しくなりました。
とはいえ★4つは
私にはレベルが高過ぎるので
いつか弾ければいいなと思い購入です。

私ももちろん好きな曲ですし
もうすぐ春ですし
それに息子も卒業で
来年はもう好きな歌手がユーミンじゃなくなってるかもしれないし
たとえ弾けなくても今年買うべきかしらと思いました。

とはいえこちらも
レバー変更もなく、4ページで長くもない。
果てしなく先の目標という程には
難しくはないかもしれない?…と
無謀にも思ったりしてます。

てなわけで次の曲にいきたくなってしまったので
(Black is the color は少しずつ始めてましたが)
トトロは現時点で録画して
とりあえず終わりにしようと思います!

次は動画アップできるかな?
頑張ってみます!
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする