2020年03月30日

真っ白ハープになりました!

今月も明日で終わり。
いかん、もうすぐ次のハープレッスンではないか。
なんだか1ヶ月が早かった。

子供たちが家にいるので
毎日が戦争のようだからかしら。
とはいえDIYは地味に進むのだが
練習はちっとも進みません。
まずいぞ。

集中して頭を使う作業(練習など)は全くできないけど
子供たちに勉強させたり工作させながら
時には一緒にDIYやったりする時は山ほどあるので
きっとよくわからんものを作ってるご家庭が多い気がします。

子供がワーワーやってると
何もできないけど(頭は使えない)
何か作ることはできる(手は動く)ので
DIY向きですよね。

外出自粛だしね。

遊んでるのと違って達成感も得られるしね。

うちの子供たちにも図工と称して
色々作らせたりしてます。
息子はプラモ、娘はミニチュアハウス。
果たして学校始まる前に完成するのだろうか。
そして学校は始まるのだろうか。

さてそれはともかく
手作りハープの進捗ですが
ようやく全体に色がついて
このような状態になりました。
15855258404282302419093470867044.jpg
(まだマスキングテープついてます。)

このあとでさらに
うっすらアイボリーを重ねようかとか
思ったりもしたけど
このまま真っ白でいいかなぁ~
なにせ大変だから…

IMAG4855.jpg
↑ピンの隙間は
指先プルプルしながら細心の注意を持って塗装するという…
気分は爆弾処理班です。

よし、ではもう真っ白で決定!
ということで
マスキングテープ剥がしまして…

15855286084012842850654543143739.jpg
こんな状態になりました。
うん、なかなかキレイかも?
いい感じがします!

さぁ次は装飾をつけるぞぅー!

posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器DIY | 更新情報をチェックする

2020年03月28日

炭治郎の歌、篠笛練習動画

息子をたきつけて
練習中の篠笛動画を撮りました。
ひひひ。


嫌がりながら(かなり)も
狐のお面(お祭りで購入したらしい、アニメに似たようなものが登場したらしい)
を持ってきちゃうあたり…
息子の複雑な心境を感じます。

顔は撮したくないけど
笛は撮したいので
こんなに暗い画面になりました。

本当に音楽が苦手な小学生が
けっこう頑張ってはいますので
あまーくあまーく見ていただきたい。

録画することでまた
モチベーションが上がって
頑張ってくれることをお母さんは熱く期待している!

竈門炭治郎の歌はもっと長い曲なので
最後まで公開できる日を目指してます。
頑張れ。

篠笛はリコーダーより難しいので
息が漏れて音にならないところから
ようやく音が半分、息が半分、くらいになってきた感じでしょうか。
独学でどこまでうまくなれるかしら。

この動画からどこまで成長するのか楽しみ。
これが最高点になりませんように…。

ちなみに私は音を出すこともできないので
息子に教えることはできませんが
アレコレ注文はしています(もっときれいな音を出してくれなど)。

私は早く最後まで伴奏作って
篠笛×ハープデュオ動画が
バッチリ撮れたら最高だなぁと思ってます。

いやいや、さらに
娘のピアノも追加して
篠笛×ハープ×ピアノのトリオ!
なんてできたらすごく楽しそう。

夢が広がります~。
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2020年03月27日

譜面台完成

IMAG4852.jpg
今日はオマケの更新です~。

ハープのホワイトウォッシュ塗りには
失敗したのですが
譜面台にシリコンモールドで作った装飾をつけて、こちらは完成といたしました。

元の素朴な譜面台とはイメージが変わって
ちょっとシャビーでヨーロピアンな雰囲気になりました。
いいんじゃない?
ハープに合う感じじゃない?

何かができあがると
達成感が得られて元気が出てきます!
さぁ、ハープも頑張って作るぞ~!

posted by aya at 12:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年03月26日

ホワイトウォッシュ塗りに失敗

練習は済んだので
満を持してハープ本体の塗りに進みました。

譜面台と同じく
塗って拭きとる、ホワイトウォッシュ。

…のはずなのだが。

IMAG4848.jpg
↑恥を忍んでご覧いただこう…(;_;)

こちらは塗ってる最中ではなく
塗り終わった状態なのだ。
この一面だけで
かれこれ一時間以上塗り続けているが
この状態なのだ。

なぜこんな中途半端になるのか!?

意味がよく分からないかもしれないが
塗って、拭き取ると
ガッツリ色がつく部分(角のあたり)と
きれいに拭き取れてしまう部分(手前の茶色いところ)と
こんなにムラが出るのだ。

厚く塗っても
薄く塗っても
拭き取りかたを変えてみても
ムラは激しくなるばかり。

おそらくだが
ホワイトウォッシュは
塗る前の下地の状態が
ダイレクトに影響するのではないか。

かなりヤスリがけされた角は色づき
ヤスリ少な目の
なめらかな部分は塗られない。
(ちなみに全体的にしっかりやすったつもりはあるが、差があるのだろう。)

この不毛な戦い。

早く夕飯作らないといけないのに。

私は…諦めることにした。
ホワイトウォッシュを。

やつ(ホワイトウォッシュ)は中古品に向かない塗りかたなのだ。
傷汚れを隠すようなカバー力はないのだ。

ホワイトウォッシュは
元々きれいな肌をワントーン明るくする効果しかない。
私に…もとい、このハープに必要なのは
コンシーラーやBBクリームなのだ。
厚塗り。
それしかない。

15849187933444183262142538382726.jpg
↑ハイ、厚く塗ったよ…。

好みと全然違うんだが…
さっきのよりはマシだと思う。
ベストはむりでもベターでいこう。
あとからシャビー感出していけるかもしれん。

はぁ~
敗北感に打ちのめされてます。

がんばれ、私!

応援にポチっと押してくれると
頑張れます…。
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器DIY | 更新情報をチェックする

2020年03月24日

篠笛の楽譜(鬼滅の刃)

お正月頃に息子へ篠笛を購入し
もう3ヶ月もたちますが
一向に上達いたしませぬ。
IMAG4258~2.jpg
娘ほピアノを習っているが
息子は楽器はからっきし(私はやらせたかったけど、やってくれなかった)。
歌うのは好きみたいだけど、音痴である。
言わばジャイアンなのだ。

そんな息子が珍しく興味を持ったため購入した篠笛であるが
リコーダーみたいに吹ける簡単篠笛ではなく
本物の普通の篠笛(フルートみたいな吹きかたで音を出すこと事態難しい)を希望したため
音出し段階で進まない。

このままでは吹けないまま終わってしまう。

と、休校で時間ももて余していることだし
私は彼のやる気を引き出すために
楽譜を書いてやりました。

音出しは中途半端だけど
曲にチャレンジしてもらおう。
仕上がりよりモチベーションを優先だ。

曲は、息子がいま最もはまっている
アニメ「鬼滅の刃」で流れたらしい
「竈門炭治郎の歌」である。
YouTubeで聞いてみたら
メロディーが単純できれいなので
篠笛に向いていると思う。
ちなみに炭治郎は主人公の名前。

それにしても
篠笛の楽譜は暗号文のようなのだ。
楽譜なのに、そのへんに落ちてたら
隠された財宝の地図なんじゃないかと勘違いされそうな見た目である。

もちろん私は
ドレミファで楽譜を書こうと思ったら
息子は篠笛楽譜じゃないと分からないというのだ。(指の形をドレミファに変換できない)
なんという融通の効かないアホウであろうか。

IMAG4835.jpg
そんなわけで書いた暗号文…
ではなく楽譜である。
簡単に説明すると
ドが一(漢数字の1)でレが二、1オクターブ上がると1、というように音階が数字で表されている。
#はなく、♭は×を数字の横に書く。

これを渡してからは
比較的真面目に練習しているようです。
いつか動画でご紹介できるといいなぁ。
頑張れ息子よ!

posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽譜・伴奏作り | 更新情報をチェックする