2020年02月23日

よく響く音=大きな音??

初のハープレッスン翌日…。
さっそく疑問が沸いてきました。

『しっかり掴んで、いい音出すぞぅ!』
という気合いのもとに
一音一音、超スローで、確かめながら練習してみることにしたのですが
しっかり弦を引っ張って弾くと
大きな音が出ます。
そして、大きな音は響くのです。

大きければ良いってものじゃないはず。
…が、なにせ響くもんだから
いい音なの…か?…??
うーむ、よくわからない。

でもまぁ
『しっかり引っ張る(しならせる)』
事はどちらにせよ間違ってなくて
離すときの塩梅で強弱がつくはず。

だから
まぁとにかく今はグダグダ言ってないで
しっかり掴む練習をすべきか。

うん、指の訓練にもなるし。
今は考えるな!
とにかく、力一杯弾いてみよう!

なぁんてやってますと
フォルテばっかりだから
さっそく指が痛くなりました。

おおう、やっとハーピストのお悩みっぽいものが出てきてしまったよ。
やっぱり痛いのはツラい。

指が痛くなる…といえば
先日ハーピストみやびさん考案の
『ミヤビメソード』なるものを紹介している動画を見たんです。
指の力ではなく、手首や、肩や、どうやら体全体の力を使って弾くので
指が痛まないらしいのです。

ほぉ~それはイイネ!!
と思いましたが
たぶん特殊な弾き方と思われるので
動画みたくらいではできないか…。

まぁ、気持ちだけでも
体全体の力を使って弾いてみようかな。

私は合気道の段持ってたりするので
(昔ちょっとやっただけですが)
あの呼吸法を生かしたらどうかしら…?

ハープ×合気道の新しい出会い。
道着で弾いちゃったりね。
合わなさがすごい。
PicsArt_02-08-11.18.13.png
でも新しい。

『アヤメソード』と名打って
「丹田から練った“気“を指先に送ります」
とか説明しながら
「ハイッ!!」
と、ハープをぶっ飛ばす!
…ぶっ飛ばしてはいけない。

などとすぐ脇道に逸れちゃう(華麗なるレバー操作の時もしかり)のは悪い癖なのだ。
真面目に練習だ。

しかし、このように力一杯大きな音で弾く場合。
いくら田舎の一軒家でも…
音の小ささが不満の一つだった
小型ハープであろうとも…
やっぱり夜の練習は控えるべきかしら。

と、小心者の私は不安になったので
チェルシーの夜中モード(消音対策)を
考えてみた。
IMAG4534.jpg
IMAG4535.jpg
まずは
細く切ったフェルトを弦に挟む。
見た目もさりげない。

が、…音量もほぼ変わらない。

残念。
さりげなすぎて、ボツです。

IMAG4537.jpg
IMAG4536.jpg
お次はダブルで
もっとギュッと弦にかけてみた。
さらに圧迫が強くなるよう上の方に移動。

あっ、今度は成功!

響きはほとんどなく、音階はばっちり分かるポコポコした音の楽器に。

面白いのでさんざん弾きまくる私。

でもこれ、果たして練習になってるのだろうか?

うーん、分からないので、やはりできるだけ昼間に練習するようにしようと思います。

頑張るぞ~!!
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする