2020年02月29日

謎ハープ、やすりがけ。

さぁさぁ今日は
天気もいい暖かい日なので
楽器の改造を進めましょう。
IMAG4510.jpg
↑まずは傷だらけの木部!

IMAG4511.jpg
IMAG4512.jpg
そして錆だらけの金属部分も
磨いてみたいと思います!

IMAG4543.jpg
サンドペーパーだと大変そうなので
100均でスポンジっぽい形のやすりを買ってみましたが
仕上げに適した細かさだったらしく
最初はいくらやっても
何も変化を感じない…。

目の細かさって大事なのね。
たぶんこれ…基本よね。

でもせっかく買ったので使いたくてしょうがない。
そうだ、先にこれで金属部を磨いてみよう。

するとスポンジがボロボロに。

なぜと良く見ると…
IMAG4544.jpg
お分かりでしょうか、左から2番目のピンにバリのようなものが飛び出てます。
こういうのが数本あって
それがスポンジヤスリにひっかかるみたい。

なんか危ないし、やだなぁ。

そうだ!今こそ
ローラーブレード修理で使ったアレの出番!
IMAG4403.jpg
↑金属も削っちゃうコイツを…

IMAG4547.jpg
再びインパクトドライバーにつけて
ドガガガッ!と削りました。
使えるぅー!100均~!

IMAG4548.jpg
他の金属部分も地道にやすりがけして
けっこうキレイになりました。
色塗るのが少し
もったいなくなります。

IMAG4549.jpg
木部分もサンドペーパーで擦って
(粉だらけになりながら)
全体的にこざっぱり。

荒すぎるやすりがけだけど
まぁ色を塗るから
これで良いのでは…

今日の作業はこんなもので
勘弁してやろう(自分を)

さぁ次は装飾を考えようかな。

明らかにハープより
木工DIYやってますので
こちらのランキングにお邪魔します!

なんとDIYで
家まで作っちゃうレベルの方もいるので
しばらくランキングを徘徊して
道具情報や塗装技術を盗むのだ!
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器DIY | 更新情報をチェックする

2020年02月28日

シャビーシックとは…

PicsArt_02-02-08.45.27.jpg
今日は謎のハープ改造計画の続きです。
まずはイメージを固めたいと思います。

弦の材質をどうするかは、保留しておいて。

傷だらけの木部。
ヤスリ掛けやキズ補修をするつもりはありましたが
色も塗ろうと思っております。

IMAG4477.jpg

色はものすごーく迷うところですが
…やっぱり白かなぁ?

白といっても
ツヤツヤ真っ白ではなく

(↑まっ白ハープも可愛いけど!)

シャビーシックな白や
ホワイトウォッシュ加工してあるような
ちょっと古ぼけた白が私の好みです。
ハープでは見たことないので
珍しい雰囲気になりそう。

さて、そもそも
シャビーシックとは?

PicsArt_02-02-08.45.59.png

意味としては
シャビー(古ぼけた)シック(上品な)。

新品でも、アンティークな雰囲気で
汚れていたり、傷があったり
場合によっちゃ壊れていたりと
「どこまでボロく(シャビーに)するのか」で
かなり印象に差がつく。

あくまでハープなので
ボロボロにして演奏できなくなったら困る。
(むしろ弦が切れてビロ~ンとしてたら
シャビー感は増しますが)
「ほんのりシャビー」あたりを目指したい。

ほんのりシャビー。
これがまた難しい。

PicsArt_02-02-08.46.35.png

真っ白ではない白に、ホワイトウォッシュがある。
白く塗ったあと布で拭き取って
木目が見えるように薄く塗る感じ。
その拭き取り方によっては
シャビーに見えなくもない。
(でもホワイトウォッシュはボロではなく
素朴かわいい感じだと思う)

シャビー塗装を調べると
まず黒などで塗って
上から白で塗って
白の塗装をはげさせて黒を出す。
というような手順で塗るようだ。

つまりこちらは木そのものの色は見えなくて
ホワイトウォッシュより厚塗りのようだ。

ちなみに私は
ホワイトウォッシュもシャビーシックも好きで
我が家の家具は二つがめっちゃ混在していた。
・・・ことに気が付いた。
(揃えているつもりだった。)

まぁどちらも好きだから
どちらでもいいのだけど
塗り方は全然違うので決めねば。
うーん、どうしようかなぁ。

木部だけではなく
金具の色も大きく雰囲気を左右するはず。

IMAG4496.jpg

↑家のリフォーム時の資料が参考になってます。

このまま銀色だと合わないかもなので
ロートアイアンな黒・・・
アンティーク仕上げの金・・・
真鍮古白色仕上げ・・・
などなど検索しては頭を悩ませております。

できるできないは別として
理想は高くありたいもの!

ちなみに冒頭画像は色々と考えた結果
シャビーシックとはこれだな、と思った
『コープス・ブライド(ティム・バートン監督のディズニー映画)』です。
結局シャビーシックに迷ったら
コープスブライドっぽくすれば間違いあるまい。

まぁハープはここまで怖くしたくはないけど・・・。

弦を張る前のハープは楽器というより
雑貨や家具に近いと思ったので
今日はこちらのカテゴリーにお邪魔してみます!
数多(あまた)のDIYプロのブログから
塗り方などを学ぼうと思います!
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器DIY | 更新情報をチェックする

2020年02月27日

16弦ライアーのサイズ

  • PicsArt_02-27-10.08.48.png
古代ギリシアの水瓶型の竪琴のようにも

PicsArt_02-27-10.08.18.png
トナカイのようにも見える

IMAG4527.jpg
届いた16弦鹿ライアー。

本体は素晴らしく可愛くて
たいそうお気に召したのだけど
ケースに不満がある私なので
とりあえず、適当な鞄を探してみた。

購入したAmazonのページだと
本体のサイズは27×38×3.5とある。

…嘘だ!

と思ったので計測してみると

26×41×6.5だった。やはり嘘だった。

厚みは木の部分は確かに3センチ程度だが
ピンが飛び出てるのでこれくらいである。
IMAG4636.jpg
縦横寸法は
微妙な違いと思われるかもしれない。

確かに演奏する分には
微妙すぎて全く影響はないが
合わせて鞄を購入してから
『入りませんでした』じゃ済まされないのだ!

やはり楽器を収納するので
そこそこしっかりした鞄がいいな。
持ち運び用というより
収納場所として立てて置くためのものなので
足(鋲)もついてる方がよいかな。

まずは自分の使ってない鞄を試してみます。
A4が入り厚みも程よく足付きの
リクルート的な鞄に入れてみると…
IMAG4632.jpg
あー頭が出ちゃう。
横にしても入らない。
なんか可愛いけどね。
ボツですね。

お次は
ノートパソコンを購入したときに
ついてきたはパソコンケース。
がっちりしてるし
昔のノートPCだから大きいし
かなり良さげな予感…

IMAG4633.jpg
あ、入らないのね。
そうなのね。
むむむ。
耳(角)が大きいのよね。

やはり手持ちで済まそうというのが
無理があった。
地道に探すか、作るかしましょう。

というわけで
購入検討されてる方の
ご参考になれば幸いです!



さぁ何位でしょうか~??
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2020年02月26日

届きました!鹿ライアー!

情報待っていた方がいらしたら
遅くなってすみません!
先月購入した16弦ライアー(鹿ライアー)
もう届いております!!

中国からの発送なのに
春節(中国の旧正月、お祭り騒ぎで全てが止まる)直前の購入、
しかもその後に
新型コロナウイルス大発生騒ぎが起こり
これはもう春まで届かなくても
致し方ない。
むしろ届けばラッキーだろうなぁ
と思っていましたら…
まさか、まさかの速さで届きました。

予定日わずか3日遅れただけ。
Amazonプライムじゃないと
普通でも一週間は遅れると思っているのに
(いままでの経験から)
まさかの3日。

これはむしろ予定より早いと言えよう(いやおそいんだがまぁ気分的に)!

IMAG4524.jpg
受け取った時も
「夫の荷物だろう」と思った私。

(゜ロ゜)ハッ!
もしやライアーかっ!?

と思いだしたものの
中古謎ハープの改造待ち状態に加え
この日はなんとハープレッスン当日。
帰宅直後、一刻も早く復習せねば(忘れる前に!)と思ってる時でした。

こんなに求められてない時に届くなんて
可哀想な子です。
せっかく早く送ってくれたのに…。

今は開けても何もできないから
梱包も解かずにしまうべきかと迷いましたが
中から何やらカラカラ音が…
もしや、破損してるのでは…

返品期限などもあるでしょうし
とにかく開けてみることにしました。

IMAG4525.jpg
ででーん!

か、可愛い!
やはり可愛い!

IMAG4527.jpg
持ったらこんな感じで
前のライアーより、少し小振りかも?

どーですか、この可愛いさ!!

調弦してみましたが
心配してた音階も、何も問題なく
左から右へ音が上がっていきます。
音もきれい。
前より少しいい音に聞こえるかも?
(気のせいかもしれないけど)

さっきの写真にちらっと写ってますが、チューニングレンチも小振りで可愛い。
これが固定されてなくてカラカラ鳴っていた。

だめよ~!
固定しないからライアーに当たって
目立たないけど小さな傷ができてたよ~!
セロテープで止めるだけでもやってほしかったわ!

他の付属品は、スペア弦と、取説と、ケース…?(後述)
前はあとクロスがついてたけど、それはないみたい(100均で買うかな)

さて
前の半月型のライアーと比べての、初見での私の勝手な感想まとめますと…。

見た目→◎!!
 好みによるけど、断然可愛いと思います。
 コロンとして本当に好きですね。

音色→○!!
 同じかもしれないけど、弾き方かもしれないけど、前より良い音な気がします。
 なんつうか、深みがあるような?

レンチ、調弦のしやすさ→◎!!
 レンチが小さく持ち運び便利。
 見た目も好き。
 さらに前から回すので、遥かにやりやすい。

鞄→×!
 あ、ついてないのね。と思ったらエコバッグみたいなのがついてました。
 (上の画像にも写ってます)
 入るけどペラペラで正にエコバッグ!
 前の黒いしっかりした鞄との差がすごい。
 (Amazonページでの鞄は、この黒のになってるのよね)
 オマケと思うしかない。
 鞄にこだわってる方でしたら、これ要注意です!
 自作しようかなぁ~。

弾きやすさ→??
 前のより弦間隔が狭く感じるので、手が小さな女性や子供向きかしら、と思いました。
 でも、あくまでハープみたいに弾く場合です。
 ライアーだったら、この狭さがむしろ正解かもしれません。

さっそく練習したいところですが
まずはレッスンで分かった課題をチェルシーでひたすらに練習したい時なので
しばらくしまっておこう、ごめんライアー!
思っています。

本当に今の私は、ハープ過多になってしまった!
幸せな事が多すぎて価値を感じにくくなってる感じで、申し訳ない気分です。
今はちょっと忙しいから、待っててねー!(←ライアーに言ってます)

駆け足レビューでしたー!

あ、そうそう!
いま見たら私が買った時(2週間前くらい?)よりお値段が倍以上になってました。
ずいぶん変動が激しいようです。
もしこのまま下がらなかったら…DS占いの当たりっぷりに舌を巻くわ…お値段的に今買えと言ったのね。


この形のライアーは初めて見て、
思わず買ってしまったわけですが
中央の鹿の模様が入ったライアーは
前はたまに出てたんですよね。
でも、少なくとも今年に入ってからは1度も出てこない。
あまり生産しないのか、作る工場が限られてたりするのか。
まぁこれなんかはとくに、形的に作るの大変そうだし。

前に買った半月型の1枚板ライアーは、まだまだ出てきてます。


さぁ何位でしょうか~??
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2020年02月25日

シータの決意 動画

(※昨日PCの調子が悪くて
書きかけでアップしてしまい申し訳ないです~!!)

レッスンで教わった
「しっかり弦を掴む」を意識しつつ…
あくまで意識してるだけで
まだ習得できてない…
そんな状態で
録画に踏み切ってしまいました。

かねてより
そのうち弾こう弾こうと思ってた
天空の城ラピュタより
「シータの決意」です。

これは、ほぼピアノ譜(しかも無料)のままでいけた奇跡の曲です。

しかも、ほぼ、なのは
ハープでは無理があるから、とかでなく
「ここ、私の記憶と違う」
みたいな勝手な記憶でアレンジされているからです。

結果みなさまの記憶と違うかもしれません。
すみません。

そして初の野外録画にチャレンジしました。
ものすごく勇気が要りました。

野外と言っても
我が家の狭い庭なんですけど

近所に聞こえてると思うと気が気じゃなくて
「もう仕上がりどうでもいいから
早く家に入りたい!」
という心と戦いながら

さらにご近所の工事(しかもハツリ←コンクリートを砕く騒音作業)の音がしっかり入ってしまいましたが

それでも

ラピュタといえば青い空(できれば入道雲や遺跡もほしかった)なので
今こそ野外録画の夢への第一歩を踏み出す時なのでは…と
頑張りましたので
聞いていただけると嬉しいです!

さらに押してくれたらうれしいです!

ちなみに今回は
マイクをつけ忘れたのですが
しっかり弾こうとフォルテなので
音は今までより大きいです。
というよりマイクつけないほうが
音が大きく撮れるらしいと気付きました…。
謎です、せっかく買ったのに…。
PicsArt_10-13-10.47.46.png
まぁたぶん雑音は入りやすいんですけども
今後マイク使おうか迷うところです~。

PicsArt_09-01-01.04.39.png
あ、一応、説明をば。
「シータの決意」は
ラピュタ到着直後の
このシーンで流れる曲です。
泣けるシーンです。

お墓に小さな花が並んで供えてある
画像(私が好きなので…。あの大きな図体であの小さな花を並べるロボット兵を想像すると泣けませんか?)を探したけど
見つからなかったので
動画の最初にチラッと出る画像は
ベンメリア遺跡です。
ここは、かなりのラピュタ度(バルス後)だと思います。

世界中にいくつか
ラピュタのモデルと言われる場所がありますが
どこもとっても魅力的です~!
posted by aya at 08:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする