2020年01月29日

ローラーブレードのベルト交換

今日はもうさすがに、どことっても
ハープ関係ない話題なのですけども!

今日の頑張りを書き残したいです…。

DIYでハープ作ったりもこのブログに書いてたので許してくださいませ。

PicsArt_01-23-10.41.51.png
↑一応、作業の合間に
「いのちの名前」再録に挑みましたが
大差なかったのでアップできず…。
…………♪♪♪……………

はい、今日のDIYはですね。

中古ローラーブレードを購入したのですが、経年劣化でベルトが折れちゃってたのです。
IMAG4393.jpg
↑わかるかな?
黒いベルトが本来は長くビローンと出てるはずが、根元でポッキリ。両足共に。

前にうちにあったローラーブレードもプラスチック部分がだめになって廃棄となりましたが、これはそこまで酷くない。

後日ベルトだけAmazonで購入して送って下さったので、それを取り付けます。

↑たぶんこれ

これがまぁ、想像を越える大変さだったので、思わず記録してしまいました。

IMAG4396.jpg
↑替えのベルトはネジで止めるものなのだが

IMAG4397.jpg
↑元々のベルトはネジではないようだ。
(マイナスドライバーで無理矢理外そうとして、さっそく負傷した薬指)

IMAG4395~2.jpg
↑裏側。
調べてみると、これは『かしめ』といって金属をムニッと曲げて留めている様式。

すごく硬い金属でしっかり留まっているし、本体のプラスチック部分を壊さずに外すのはとても難しそうだ。

ググってみると、かしめを外すには
金属を『削り取る』方法があるらしい。

なるほど。

てなわけで
IMAG4403.jpg
さっそく100均で買ってきた。

IMAG4399.jpg
これを、我が家の秘密兵器
インパクトドライバーに取り付けると

IMAG4404.jpg
デデン!
なんと電動金属研磨機が完成!

すごい。
インパクトドライバー、家のリフォームが終わってから出番があんまりなかったけど、無限の可能性があるのね。

では作業開始。
この研磨機で、さきほどの裏側のカシメ部分をガリガリ削ります。
削る様子は動画でお楽しみ下さい。
(※うるさいだけで楽しくはない)

これはと~っても大変!!
プラスチックや布部分に当たらないように
注意しながら、ひたすらに金属を削る!
力も要ります。
さらにカシメは6ヶ所もあるのだ!!

でもブログでは一行で終わっちゃう。
ちなみに死闘は二時間位続きました。

IMAG4405.jpg
↑一個目(右側)のワッシャーが外れた感動的瞬間を激写…感動が伝わらない!

とまぁこの調子で外していって…
IMAG4408.jpg
古いベルトがついに取れ…

IMAG4409.jpg
新しいベルトをつけて…

IMAG4410.jpg
ネジで止める!

IMAG4411.jpg
裏側はこんなかんじ。

IMAG4412.jpg
で、完成!!

と言いたいところだけど
ベルトをはめる部分(この画像では右側のパーツ)も
交換せねばなりません。

使えたらこっち側は古いままでも良かったのだけど、替えのベルトの規格が違っていて、入らなかったのだ。
購入の際はご注意を(泣いた)!

こちら側は穴の位置も全然違ったので
プラスチックに穴を開け臨時対応。
柔らかいプラスチックでよかった…。

とまぁそんなかんなで
(後半は力尽きて画像がない)

IMAG4413.jpg
ベルト交換、完了!!

ふへぇーつかれたー!!

これで暖かくなったら家族で遊んでみようと思います。

明日は筋肉痛でハープひけなかったりして。
でもまぁ指のケガもたいしたことないし
何よりインパクトドライバーの可能性に
気付けたのが嬉しいです。

木材の研磨もできるなら、庭の木から可愛い楽器が作れるんじゃないかしら~!?
ラベル:DIY
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする