2020年01月16日

新しい楽譜 black is the color

リュートハープは
とても良い出会いがあり
旅立っていきました。
幸せになるんだよ!
IMAG4372~2.jpg
あの隙間にいない…
やはり寂しいものである。

うちにいたのは短い期間だったし
練習した曲をもう弾くことはないけど
出会えて良かったと思う。

短い期間濃く付き合って成長して
そして卒業したような…
短期間学校に通って、今はもう会うことはない友達のような…
楽しい思い出をくれた楽器でした。

そんなセンチメンタルな気分でいたら
娘に『生きてる人みたい(で変)』と言われた。
うん、まぁやっぱり私にとってハープって生き物っぽい。
そしてリュートハープはハープになるのだなと思いました。

さて、別の話題。
先日、安かったので即購入した楽譜!
IMAG4352~2.jpg
音域オッケー!
easy楽譜ほしいと思ってた!
そして知ってる良い曲!

…というわけで
候補に全然入ってなかったのですが
衝動買いしました。

『Black is the color 』
黒は色だ、だ?
そんなん誰でも知ってるけど…?
とタイトルは気に食わなかった私だが
ハープで弾いてる人が結構たくさんいて
動画で何度か聞いたので
既にメジャーな曲に思えているのです。
とっても悲しく切ない感じのメロディー。

このたび楽譜購入したので
うやく調べてみました。
そしたらスコットランドの古い曲と判明。
あらまぁ!
どうも私の好きになる曲は、スコットランドやアイルランド民謡ばかりのようだ。

歌詞によると
『黒はあの子の髪の色~』
で始まるので
『ブラックイズザカラー』の後に『あの子の髪』が続くのだな。
そこで切ってタイトルにするとは
牧人ひつじを、に通じるものがある。

悲恋物らしく、
悲しい曲調なのが頷ける。

イージーなので早速練習を始めたいが
いまトトロ(風の通り道)に着手したばかりだし、千尋(いのちの名前)もせっかく楽譜書いたので、やりたい曲が渋滞している。

おまけに親指のささくれ?が酷いので
痛くて練習がはかどらない。

うーん、せめて千尋が終わるまで保留にしておこうかなぁ。
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする