2020年01月12日

庭の千草 動画

昼間に二時間以上格闘しても
なし得なかった
『庭の千草を
優しく柔らかく弾いて録画!』
夜中に再度チャレンジしました。

昼に録画しようとしたときは
曲のイメージに合わせて
ちょっときれいな服を着て
ハープのネックレスも装備して
まずは形から♪と挑んだのだけど…

今度は夜中だから、パジャマ。
必然的に画面は
ハープどアップになるのでした。

そしたら今度は…一発OK。

いくつかミスも雑音もあるので
目標値が下がっただけかもしれないが
とにかくハーモニクスはすごくきれいに鳴りました。
まさに会心の一撃です。
会心のハーモニクスです。

風呂に入ったりしたから
指が潤ったのでしょうか。

夜中だから
近所迷惑にならないよう小さな音で弾いた
というのも大きなポイントでして
それが正しいのかは怪しいけど(音は小さいわけだから)
まぁ元気に弾くよりはイメージに近いものになりました。

せっかく画面の左側も空いてるので
(パジャマがうつらないようにしたら空いた)
動画編集アプリで歌詞もいれてみました。
非常に怪しい訳ですが。
曲があまってしまったから
英語版も入れたりして、もう
雰囲気だけって感じの字幕ですが。

とにかくこれにて庭の千草はクリアとしたいと思います。
ああ、長い戦いだった!

いつかバラの咲く庭とかでも弾いてみたいです。
そのころにはもっと
柔らかく、美しい音が出せるようになってるといいな。
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2020年01月11日

庭の千草2ヶ月目の挑戦

8月にチェルシーハープを買って
5ヶ月たちました。

庭の千草の練習もそろそろ2ヶ月。
もう次の曲に行こう!と思い立ち
再度録画に挑みましたよ。

今まででダントツ一番練習期間の長い曲になりました。
まぁなかなか着手しなかったり
間に何曲も浮気したりしてるけど
メインで練習してたのは間違いない。

さすがに1ヶ月目より間違えなくなって
ハーモニクスも鳴る確率が高く
まぁ3分の2くらいは鳴るって感じで。
あとはどこまで1ヶ月目より柔らかくきれいに弾けるかな、と余裕もあって
一発OKになるかもね、位の気持ちでスタート。

したものの…

やはり、何度取り直してもダメ!
奮闘すること二時間以上…
もう、ぐったり…

全然きれいに弾けない。
どう弾いてたか思い出せなくなり。
間違える、つっかえる。
何より、ハーモニクスが鳴らない!

だんだん目標設定を下げて
最後は『ハーモニクスが鳴ればいい』
ところまで下がっても…鳴らなかった。
ハーモニクスが後半に来るのもキツイ。

子供が遊びに行った
午後の貴重な時間を無駄にしました。

この感じは
ランブルトゥキャッスルの録画でもあったけど(あの頃は暑くて指がべたつくのが強敵だったな…今回は寒くてかじかむのだが…)
あれは明らかな練習不足。
今回は?2ヶ月やってもたりないのか?

まぁ足りないのかもしれないけど
もう次に行きたいんだよぉぉ!

とまぁ
曲調をイメージして
微笑みながらうっとり弾いたのは最初だけで
あとはもう戦い(しかも負け戦の様相)でしかなかった。
PicsArt_01-09-12.38.41.png
↑動画ではありません

そして夕飯を作る時間になって強制終了。
悲しい。
親指が痛い(ハーモニクスやりすぎのせい)。
IMAG4342~2.jpg
↑翌日の親指のひび割れ具合

まぁ、あれですね。
成果はなくとも
やっぱり録画すると色々わかることがある。

きれいに柔らかく弾いてるつもりでしたが
録画すると別に変わらないというか?
響かない音はやはりキレイではないというか?
よい音色が出てなくて奮闘したのが一番です。

こうしたら?こうしたら?
と色々と試してみるも変わらず
とどめにハーモニクスが鳴らないので
ボツになった、という感じです。

きれいな音が出したい…。

まぁとにかく元気に弾くなら1ヶ月目と変わらないので(さすがにミスは減ってるけど)
優しく弾くバージョンも撮りたいので
戦いは夜中に持ち越しました。

明日へ続く!
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2020年01月09日

楽譜の清書と移調作業

『いのちの名前』の手書き譜を
もう少しきれいに書き直そうとして
楽譜作成ソフトを使ってみることにしました。

前にハッピーバースデー楽譜を作ったときは
スマホアプリだったので色々と変だったし
今度は本腰入れて、パソコンで作業することに。

使うのはネットで見つけた
Musescoreという無料ソフト。
かなりお勧めされていたので、ダウンロードしてみました。

なーんて軽く書けないほど
私の古いパソコンではダウンロードに手間どりまくった。
挙げ句に断念。
諦めてきれいに手書きしようか迷いましたが
夫の新しいパソコンを引っ張りだしてきて
ダウンロードしました…。

もう色々サポートされてないパソコンってこれだから…。買い換えるべきだろうけど、たいして使わないし面倒だし…。

入力は2時間近くかかったけど、やりやすいし、できた楽譜を演奏してくれる優れものソフトでした。
IMAG4326~2.jpg
↑手書き譜を元にコツコツ書き写す。

やっぱりきれいな楽譜は見易い。
練習する前にやるべきだったわ。

しかも!
ボタンひとつで一発移調!!
すごいすごい!
一度に2つの楽譜ができちゃいました。

IMAG4328~2.jpg
右手がジャベ操作で使えなかった部分に
書き足したりしたいけど
とりあえずチェルシー用も書けたので
そのうち練習しようと思いまーす。
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽譜・伴奏作り | 更新情報をチェックする

2020年01月07日

移調の簡単テクニック

リュートハープで弾いてみた
千と千尋の、いのちの名前。
あれは一番下のドの弦まで使ったので
移調しなければチェルシーでは弾けません。

リュートハープが届いて、まず
チェルシーで練習した『シーベックシーモア』を弾いてみたのですが
この曲は、3つ音を下げるだけで
そのまんま弾けました。

シーベックシーモアは、チェルシーでは♭ひとつのヘ長調。
それが音を3つ下げるとハ長調になる。
という謎の法則があるようです。

♭ひとつ
↓音を3つ下げる
記号なし

これを逆にすると

記号なし
↓音を3つ上げる
♭ひとつ

ということですから
ハ長調の『いのちの名前』は
チェルシーでは♭をひとつつければいいだけなのだ!
ラッキー!

と思って弾いてみたら、後半の臨時記号でつまずきました。

リュートハープはレバーがないのでジャベなぞ作って無理矢理弾いたけども
臨時記号がひとつの音ならいざ知らず
あの曲ならレバーで対応する方が良さげ。
まとまって臨時記号が続くのだ。
15783198475742216319935892855353.jpg
↑分かりにくい手書き譜ですみません…。
とにかく
一部分に臨時記号が集中しているので
一度にレバー上げて、ゾーン越えたらレバー戻せばいいので、楽なはず。

だからこそチェルシーでも弾きたいと思ったのだが…ここで問題が。

問題のゾーン、リュートハープでは
ソ、ソ#、ラ#、と速く続くのだが
これがチェルシーで3つ上げると
ド、ド#、レ#、となり
ド→ド#のレバー変更を弾きながらやることになる。

しかもその流れでド#→ドと戻ってくる。
全然レバー操作では間に合わないタイミングで、無理なのですよ。

ここで諦めるのは悔しい。
他の調にすればどうなのか。
例えば上の音はまだ余裕があるから
4つ上げるとかはどうだろう?

と思って調べてみましたら
意外と簡単な法則がありました!

…………………
☆音を1音高く移調すると、♯が2つ増える。♭は2つ減る。
☆音を1音低く移調すると、♭が2つ増える。♯は2つ減る。
☆音を1音半高く移調すると、♭が3つ増える。♯は3つ減る。
☆音を1音半低く移調すると、♯が3つ増える。♭は3つ減る。
 ………………

ということですよ。
まぁなんだかややこしいけど
法則があるなら従えばいいだけ。

この場合の1音は全音ということなので
ドからファに上げる時は単純に3つとは数えない。

ピアノの黒鍵を想像して…
ドからレは間に黒鍵あるから→1音
レからミも間に黒鍵あるから→1音
ミからファはないから→半音
足して、2音半。

1音上がると、♯が2つ増える
更に1音半上がると、♯は3つ減る
んだから足して、#はマイナス1=♭1こ

おお!
記号なしから音を3つ上げたら♭ひとつになった!
やっぱりハ長調から3つ上げるとヘ長調で正解だったのだわ!

ではもう一個上げてみよう。
ファからソは間に黒鍵あるから1
1音上がると、♯が2つ増えるから
♭1+#2=#1
#ひとつはファ#と決まってるからト長調になるわけね!

すると例のゾーンは
レ、レ#、ミ#…つまり
レ、ミ♭、ファとなるので
普通にレバー操作で間に合う!

おおおー!
すごい、できたー!!

あ、文章じゃ何言ってるか
全然分からなかったかしら…
伝えるの下手でごめんなさい…。
わたしはハープひきながら書いてるので
自分では分かりました。
とにかく解決しましたよ。

チェルシー版いのちの名前は、ト長調!

…うへ、レバー4つ上げるやつだ。
やだなぁ。
慣れてないせいか感覚的に難しいなぁ。
ヘ長調が良かったなぁ。

でももう一個音を上げたら…
ひぇ、#3つになるのか、もっとひどい!
ト長調でがんばるしかないかー。

(後日追記)
ここでは算数的に数えてますが
あとで娘のピアノの先生にお聞きしたところ
音楽では何度で数えるから
たとえばチェルシー(ファから)とリュートハープ(ドから)の音域は、3つずれているけど4つ(4度)と表現するそうです。
うーん!ややこしい!
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽譜・伴奏作り | 更新情報をチェックする

2020年01月05日

リュートハープ いのちの名前 動画

リュートハープで
千と千尋の神隠しより『いのちの名前』
(曲名は『あの夏へ』とも)
を弾きました。

千尋とハクが別れる最後のシーンでかかる曲です。
PicsArt_01-03-06.37.37.png
取り残されるハクの手が悲しくて
泣ける…あのシーン(ToT)

本当にいい曲です。
私は昔から大好きな曲。
さすが久石譲!

リュートハープを購入して
手持ちのピアノ譜と音域が一致したので
最初に弾こうとアレンジ楽譜書いて
地道に練習していたのですが
なかなか難しくて停滞してました。
この曲のためだけにジャベ作ったのに…。

新年迎えてもなかなか弾けず
まだまだ練習しないと~な段階ですが
新年早々なにかハープ行事を入れたくて
録画に挑んでしまいました。
このような出来で、すみません。

良い音を響かせるというレベルではなく
なんとか間違えないように弾く、を目指しました。
それすら怪しいけども~。

チェルシーでもいずれ弾きたい!
移調して楽譜書き直さねば…。



↑リュートハープはアマゾンで売っております。
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする