2020年01月21日

久々のグリース

15792419011887972636779816628567.jpg
千尋(いのちの名前)での
激しいレバー操作と格闘していて
少しでも軽くなればと
久々にレバーに油を差すことにした。

前回やったのは
ハープ買った直後だったはずだから
5ヶ月ぶり。
どれくらいの頻度でメンテナンスするのが良いのか、
はたまたやってはいけないことなのか。

全て謎ながらやってしまう私です。

相変わらず効果のほどはよく分からない。
微妙に軽くなったような…?
気のせいかも…?
(翌日、確かに少しは軽くなってると認識しました。少しだけど。)

これひとつで硬いレバーがスルスルに!
的なグリースがあったらほしい。
なにせこれは
15792422039605681369174975184406.jpg
余計な所にすごい頑張ってるので
絶対、楽器に特化してないはずだ。

-50度から250度でも使用可能。
南極でとか、燃えながらハープ弾くなら向いてるけども…。
(レバーを残してハープが燃える)

とにかく、いかにレバーを素早く動かせるか、この曲攻略の最大ポイントな気がします~


色々しらべてアマゾンで購入いたしました。
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2020年01月20日

スケジュール帳に目標を書き込む

ハープ関係ないんですけど
皆様はスケジュール帳ってどんなの使っているのでしょうか。

私は学生時代は毎年有隣堂あたりに買いに行ってましたけども
だんだんこだわらなくなって
ここ最近は100均で済ませてます。

ところが今年は買いそびれました。
もう、どこの100均でも売ってないのです。

早い!
100均は年末に買わないと引き上げちゃうのね!!

んじゃあもういいか今年はスマホで済ませれば…
と思わないでもないけれど
愛犬のダニ予防薬(月一回)をいつあげたか、の管理はスケジュール張に書き込んでたので
買わないと忘れる気がする。
(それだけか)

んじゃもうネットで買おう。
メルカリでもいいや。
と色々と見ていて
夢が叶う系のスケジュール張にしてみることにしました。

ご存知でしょうか?
ややスピリチュアルな気配のする
願いや夢を書き込んでるうちに叶っちゃう宗派のスケジュール張です。

本当にやりたいことを明確化して
毎日眺めて自分の潜在意識に働きかける事によって
自然と願いが叶うというメカニズムだと思います。

私はこういうの、かなり効くんですよね。

前に使ってみたときは、彼氏何年もいない状態で『結婚する』と書き込んで、年末に式を上げるというスピードでしたし、
人生最大のピンチの時なんかも、様々な助けがあって、どうにかなったりしました。

いまわたしは漠然とのほほんと生きてるので、人生について考えてみるのも良いかもしれません。

さてハープの位置付けはどうしようかな。
趣味として楽しみ続けるのは、目標と言えるだろうか。
目標は高めの方が良いので
『続ける』くらいでは
書き込む価値がない。というか弱い。

うーん、じゃあ…
・教室に通う。
・発表会に出る。

これくらいなら
お金さえかければいつかはできる目標か。(下手でも出られる発表会はある)
悪くはないけど、もうちょっと先の未来も見据えたいなぁ。

まぁゆっくり考えてみようか…

なーんて思っていたら、いま届きました。
さすがAmazonは超速い!
は、はやく決めねば!
15792255000504243785310746531047.jpg
↑届きたて開けたてホヤホヤ~

プロになる以外の
ハープ(楽器)を続けていく高い目標って
思いつかない…けど
低い目標(目的?)ならたくさんある。

・日々の癒しとして
・老後のボケ防止に
・パーティーを盛り上げるアイテム
・動画を公開して楽しむ
・発表会でドレスを着れる
・↑その目的のために頑張るから
  美容にも良いかも
・柔らかな動きを研究することで
 日々の所作も美しくなるかも

うーん、利点はいくらでも出せそうだけど
これは
『魂の願い』(←上記スケジュール帳に書いてある言葉。ひとはこれを叶えるために生まれてきた…そうです)とは言えないわ。

やっぱり当座の目標は
発表会(あるいは人前で演奏する)といたします!
目指せドレスで発表会!
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年01月18日

『いのちの名前』改造中

ピアノフリー楽譜を元に
リュートハープ用に作った楽譜を
チェルシーハープ用に改造してます。

といっても既に移調はできてるので
あとは一部付け足すくらい
…と思ったけど
いじり始めると色々と気になる所が。

たとえばこのへん。
15790945608104279459186898654563.jpg
ここは同じメロディーが繰り返されるので
2回目は豪華にしたいと
右手を2和音にしていたのですが…

動画を聞いてみると
和音であることがほぼ分からない
なのに弾くのは苦労しているので、やめることに。

空いた弦は左手に譲って
15790950526462405313146367180554.jpg
こんな感じの下降アルペジオ
伴奏をつけてみよう。
(下の手書きの音符のとこです)

そしたらかなり難易度が上がってしまって
弾けない、弾けない。
上がるのは簡単だけど
下がるのは難しいのだな~。

そして最大の改造ポイント。
左手でメロディーを弾いて
右手ジャベで半音操作をするために
がら空きになってたこの部分。
(一番下)
15790953494016018343262215866992.jpg
ここに、とにかく追加をせねば。

さほど難しくないと思っていたが
メロディーが♭になれば
伴奏も♭にしないと合わない。
つまり右手の分も左手の分も
レバーを変更しなければならない。

というわけで
15790953872341134225704369597991.jpg
ぎえぇレバー操作の嵐!!
(汚い…あとでパソコンで清書します…)

これは大変だ。
動画でこの曲を弾いてる方を見ても
かなりレバーをいじくっている。
避けて通れない道なのか…。

これはもう
最適な順番とタイミングを模索しないと
曲が止まってしまう。
レバーって二個いっぺんに動かして良いんだろうか?
なんだか雑で良くないような気がするなぁ。

カタカタ音が出ないように動かしたいし
見た目もバタバタしたくないなぁ。

これは研究せねば。
そして練習せねば。
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

新しい楽譜 black is the color

リュートハープは
とても良い出会いがあり
旅立っていきました。
幸せになるんだよ!
IMAG4372~2.jpg
あの隙間にいない…
やはり寂しいものである。

うちにいたのは短い期間だったし
練習した曲をもう弾くことはないけど
出会えて良かったと思う。

短い期間濃く付き合って成長して
そして卒業したような…
短期間学校に通って、今はもう会うことはない友達のような…
楽しい思い出をくれた楽器でした。

そんなセンチメンタルな気分でいたら
娘に『生きてる人みたい(で変)』と言われた。
うん、まぁやっぱり私にとってハープって生き物っぽい。
そしてリュートハープはハープになるのだなと思いました。

さて、別の話題。
先日、安かったので即購入した楽譜!
IMAG4352~2.jpg
音域オッケー!
easy楽譜ほしいと思ってた!
そして知ってる良い曲!

…というわけで
候補に全然入ってなかったのですが
衝動買いしました。

『Black is the color 』
黒は色だ、だ?
そんなん誰でも知ってるけど…?
とタイトルは気に食わなかった私だが
ハープで弾いてる人が結構たくさんいて
動画で何度か聞いたので
既にメジャーな曲に思えているのです。
とっても悲しく切ない感じのメロディー。

このたび楽譜購入したので
うやく調べてみました。
そしたらスコットランドの古い曲と判明。
あらまぁ!
どうも私の好きになる曲は、スコットランドやアイルランド民謡ばかりのようだ。

歌詞によると
『黒はあの子の髪の色~』
で始まるので
『ブラックイズザカラー』の後に『あの子の髪』が続くのだな。
そこで切ってタイトルにするとは
牧人ひつじを、に通じるものがある。

悲恋物らしく、
悲しい曲調なのが頷ける。

イージーなので早速練習を始めたいが
いまトトロ(風の通り道)に着手したばかりだし、千尋(いのちの名前)もせっかく楽譜書いたので、やりたい曲が渋滞している。

おまけに親指のささくれ?が酷いので
痛くて練習がはかどらない。

うーん、せめて千尋が終わるまで保留にしておこうかなぁ。
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2020年01月14日

リュートハープを手放す

前に、楽器の数台持ちは難しい
という話をブログに書いたが…

チェルシーハープとリュートハープ
どちらも魅力が同じ感じなので
(音域や音色が)
どちらか一つでもあれば
十分楽しめる楽器であるので
ひとつは出番が少なくなる。

のが辛いと感じてしまう性格のようなので
私は思いきってリュートハープを里子に出すことにしました。

いままで楽器を手放す時は
嫁に行くという気分だったのだが
リュートハープは女の子って感じがしなくて
男の子のイメージな気がする。

全く収納場所を取らないので
控えめで大人しい、チェルシーの弟…?
でも音は大きく低いので
控えめな紳士という感じもする。
お婿に行く、という状況だろうか。

IMAG4146.jpg
存在を忘れてるとたまに目に入って
『あ、良いんですよ、たまに弾いてくれれば。』
って感じで待機している。
もしかしたら本人は
満足してうちにいるのかもしれないが
私は心が痛む。

お婿に行くなら
これ以上練習して愛着が湧くとつらいので
決めてからは触らないようにしていた。

しかし弾きたい曲もある。
チェルシーを買う前に書いてた
『弾きたい曲リスト』にも入っていた
『戦場のメリークリスマス』である。

これ、ハ長調なんだよね!
しまった、千尋より先にこっちを弾くべきだったんじゃないか?
でもクリスマス過ぎたしなぁ!?
みたいな葛藤を抱えて
ヤキモキしております。

まぁ、千尋(いのちの名前)みたいに
チェルシーのレバーを
上げまくればいい話だけど
せっかくのハ長調をリュートハープで弾かないなんて…
という残念な気持ちが湧いちゃうのだった。

だめだ、これ練習し始めたら
またチェルシーの練習時間がなくなってしまう。
戦場のメリークリスマスは
レバー上げてチェルシーで弾こう。
次のクリスマスにでも。
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする