2019年11月24日

『夜の底にて』楽譜作り(その1)

急に弾きたくなったクロノトリガー。
今までのゲームミュージックもそうですが
まずは楽譜を作らねばなりません。

今日は私の楽譜の作り方をご紹介します。
楽譜というよりメモですが…。

メロディーは記憶に残ってるので
まずそれをメモします。

そのへんの紙の裏に
そのへんに転がってる子供の鉛筆などで
非常に汚い字で書きなぐる感じです。

最近分かりましたが
その楽譜は清書されることなく
そのまま捨てられるか保存されるので
ちゃんとした紙に書き始めた方が良いようです。
反省。

なので今回はちゃんと、ルーズリーフを出しました。
でも字は相変わらず汚い。
15743863620831364351499713453981.jpg
思い出したメロディーはシ♭のようなので
ヘ長調かニ短調です。

(これはブログの記事を読んでチェックします。
[伴奏練習4]ハープ向きの調の伴奏パターン)

これは明らかに暗い曲なので短調です。
最初の音もレなので、ニ短調でもう間違いない。

なので伴奏は
レファラ、ソシ♭レ、ラド#ミ、になる。

これで終わりとならないのが
厄介なところ。
童謡よりゲームミュージックは凝っていて
そんなに単純ではない。
自分の思い入れも強いので
記憶にできるだけ近づけたい。

更に最近は
『庭の千草』で4音の和音の練習してるので
レファラの上にレをもう一個つけて
レファラレ、てな感じで
少し難易度アップに挑戦したいと思う。

などの思いと共に
メロディーに合う伴奏パターンを
ハープを弾きながらメモに書き込んでいきます。

和音にするか、分散和音にするか、アルペジオにするかなどはあとでいくらでもアレンジできるので
とにかく音をさぐって書き込みます。
どの和音もピンと来ないとこは飛ばしていいから
これだ、と分かるとこだけでも書いていく。

ちなみに、この曲はサビがちゃんとあって
そこはなんだかややこしく
断片的にしかメロディーが書けなかった。

たぶん、メロディーが2つ組み合わされたような曲になっていて
どっちが主のメロディーか、記憶だけでは解読できないようなのだ。

そういうときはYouTube!
ゲーム画面も、演奏動画も、色々あるので
聞いて音を拾います。
今回はこのときにタイトルも知りました。

(明日へ続く!)
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽譜・伴奏作り | 更新情報をチェックする