2019年11月22日

小指が痛いのです。

15742266875282214972751546397763.jpg
ハープの練習を始めて3ヶ月ちょっと。
左手の小指が痛い、という現象が始まったのもハープを始めてからなので
ハープが原因だと思われる。

指の怪我=ハープが弾けない
になるので、ここんとこ指には気を付けているのだけど、小指は使わないので扱いが杜撰です。
だからこその放置。
ブログで話題にすることさえしなかったのも、そのあらわれです。

もしピアノもやってたら
けっこう困るくらいの痛さはあります。
月に2~3回は弾いてたピアノは
ハープが来た日から触っていないので
その点でも問題ない(?)

なんで使わない小指なのか?
と考えてみましたが…
多分、和音を掴むときに
隣の弦に触らないように
ぐわっと広げた角度に無理があって
関節が痛いのではないかと。

で、和音度の高い左手(そんな言い方しないけど)が痛みやすい。
そういう理由じゃないかと推察しております。
右手小指はほぼ無痛です。

昨日は練習時間がたくさんとれたので
庭の千草をいっぱい弾きました。
そして庭の千草は左手の和音が多い。と思う。
薬指を使う時に小指が酷使されるので
4つの音の和音が原因です。

こいつです。
15742265005691329089527794771173.jpg
左手のシミソシ。
(最初の写真はこの和音を弾く姿)

そして庭の千草のポイントは『いかに分散和音を美しく弾けるか』なので(私が勝手にそう思っている)、
どうしても左手小指(ほんとは薬指)を酷使することになる。

だから今日とても小指が痛いのだ、たぶん。

角度を直すとかの改善は難しいので
練習しすぎないようにしよう。
…えっそんな解決法でいいのか!?

いやほんと、小指だからいいかなと。

この先良くなっていくことはあるのだろうか。
これが正しいフォームなのか、やはりプロにみていただいたりした方が良いのか。
悩ましいわ。
小指じゃなきゃもうちょっと真剣に考えるけども。
まぁ小指だし。

いま私の人生で最も
小指の価値が低くなっている気がします。
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする