2019年11月13日

青山のサウルハープ

毎度毎度の話題ですが
オークションに青山のサウルハープが出てたんですよ。
25弦のが。

1円スタートで
まさか、さ、さすがに安いんじゃない?
ってあたりで止まっているので
気になって青山のサウルハープについて
初めて色々調べてしまいましたよ。
ええ、買おうか迷いはじめて。

PicsArt_11-11-12.20.25.png
中古とは思えないくらい、とてもきれいなので
私が気に入らなかったら売れるだろうという算段も当然のようにありまして
真面目に価格や音色なぞ調べたりしました。

でも弦数が増えるとはいえ
チェルシーと音域が一個ずれてて
今まで練習した曲のうち弾けないものが出てくる。
ううーん、それは嫌だなぁと思ったり。
ほんと、最初のハープって後々まで影響が残ると思うわ。

もちろん今の私はチェルシーの方が好きなのだけど
手に入れたら、青山サウルの方が気に入って、乗り換えるかもしれない…
という所まで考えましたので。

まぁ結局は10万位まで上がったので
ホッと一安心。良かった。
定価の半分の安さとはいえ
私そこまでは払えないわ。

そのサウルハープ25弦と一緒に
無名メーカーのハープ22弦も出てて、そっちもめっちゃ気になってたんですよ。
レバーの形がかなり変わってるところだけは不安材料だけど、よい音が出そうな雰囲気で。
PicsArt_11-11-12.20.55.png
(針金を曲げただけみたいなレバー…。
レバーじゃなかったりして…。)

見たことがないハープだったので、こちらは本当に興味本意で買ってみたかったんだけど
サウルハープに注目してたら終わっちゃってた。
うーん、残念。こっちは二万以下。
ちょっと欲しかった~。
音域がド~ドなので移調しないと私の持ってる楽譜弾けないけど。

とまぁオークションでちょいとエキサイティングした週末でした。

でもサウルハープは本当は初心者向けじゃないらしい。
良い音を出すにはある程度の腕がいるそうで。
だから軽い音(ペンペン?キンキン?)しか出せない人が弾いてる動画を見て、楽器の実力を判断しちゃいけないのかも、とかも思いました。
まぁ、つまり完全初心者な私もろくな音が出せないってことなのよね~。
腕をカバーするために良い(高い)楽器を選ぶ、という考えもあるのね。

それでいくと、もっと小さな…例えばベイビーハープなんて本当に初心者向けなのだろうか?
お遊びなら、という事で割りきっているのかな?
確かにプロはオモチャのピアノだろうと人を魅了する演奏ができたりするけど、初心者のトイピアノ発表会があったとして聞きたいかっていうと、かなりきついよね。
そんな感じなのかしら。

ベイビーハープで、縦に構える弦楽器というものに初めて触れ、好きかどうか判断して、「続けるならマトモなハープにグレードアップしていきましょう!そうでなければ家で遊ぶもの、又は仲間内で遊ぶものとして割りきりましょう!」そんな位置付けだったりするのかな?
そのわりには三万…高いけどねー。
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする