2019年11月20日

正しい道は常に険しい

PicsArt_11-16-11.34.43.jpg
今朝洗濯物を干しながら
ようやく迷いが消えました。

人は易きに流れる。
水は低い方に流れる。
努力して山を登れば、いつか美しい風景を見ることができる。
楽して坂を下れば、美しい風景と出会う事はなく、そこには努力しない者が集まっている。
正しい道は常に険しい。

…といった前向きな言葉たちが
久しぶりに脳裏にめぐりまして
今の私にはちと難しい「庭の千草」を真面目に練習することにしました。

すごく大袈裟ですみません。

いやー、楽譜探しに邁進してたのも、結局逃げてるだけな気がしてきて。
どうせ趣味なのだし、今後easy版の楽譜だけどんどん揃えて、レパートリーを増やそうかな~とかも思ったのですが
それはそれで間違えてるわけではないけど
難易度『中』の3つ星くらいは弾けるようになりたいなと。
難しいから後回し、はやめようと。

たぶん風邪が治って体調も良くて
天気も良いから前向きなのでしょう。
晴れた日に洗濯干すって精神衛生的にも良い。

この前向きなままに
そろそろ有料でレッスンを受けることも検討するといいかも~とかも思いました。
お金も時間ももったいないし勇気もいるし面倒でもあるけど
得るものは大きかろう。

今後も難しい曲で挫けそうになったり、忙しくなってやめたくなったり、気がつかないうちに後ろ向きになっていたら、晴れた日に洗濯物干して思いだそうと思います。
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2019年11月19日

夢のロケハン

PicsArt_11-16-09.20.29.png
«理想的イメージ»

ハープがもっと上手になったら
外で弾きたいなぁという野望があります。
発表会やライブではなく
ただ単に野外で練習するのです。
素敵じゃないですか?
気持ち良い季節に外でお稽古。
うっとり。

誰もいないなら今の腕でも構わないけど
誰かに聞かれたら恥ずかしいので
もっと上手になってからが望ましい。
もしくはホントに誰も来ないが、落ち着けるスポットを探す。
やはりレジャーシートよりはベンチがほしい。

我が家は田舎なので探せばありそうなのだが
最近クマが出るらしいから
命の危険がない場所でやりたい…。

なんか今年はクマが当たり年というか
日本各地で出没ニュースやってますね。
どうもドングリが不作だかららしい。

それはともかく
人が集まってきても耐えられる腕前に
いつかは成長するのでしょうか。
そんな事になるなら
レパートリーもたくさん欲しい。

さらにですね。
こないだハッピーバースデー録って
顔が写ってボツになった動画を見るに
演奏中の顔がやばい。

音が大事か、顔が大事かでいったら
そりゃあ音なので顔は捨てたけども
どうにかならないと他者に生で聞いてもらうという夢は遠退きます。

なんでしょうね。
ハープを演奏する女性といったら
イメージでいくと何割増か美しく見えそうな気がするんだけど
元々よりさらにやばくなる。

下を向くから二重顎になり
弦を凝視してるから目が細くなり
真剣なので怒った顔になるのです。
地顔が怒り顔なのか。

笑顔を意識してやってみたが
真剣さが邪魔して単にひきつった顔になるのさ。

いくら上達しても真剣に弾くことは変わらないから、これはどうしたら改善するのか。

目指せ上手で美しいハーピスト!
または熊に負けないパワー!

いつか野外で美しく演奏する動画をYouTubeにアップしたいと思いますが
たぶんクマの居ぬ間にコソコソ録画(顔が写らないよう)するのが先かなぁ。
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2019年11月18日

楽譜、楽譜、楽譜

こうも練習を真面目にやらず
楽譜ばっかり検索してて上手くなるのだろうか。
なるはずもない。

どうもどうも。
昨日も今日もまた、曲選びし続けてまして
すっかり辟易してます。

ほんと贅沢な悩みだけど
ムジカオンライン、多すぎて選びきれない。
同じ曲でもレベル違いが三種類もあり
簡単な方がいいけど、素敵な方が良くて、
決められないよう。
しかも送料高いから一度に何冊か買いたいのに一冊も決まらない。

そして悩むのに疲れて
「夏の千草」をちょっと弾くと、
すごくいい曲って再認識して
また練習したり。でも挫けたり。

すみません。
「ああ、優柔不断な人ってこういうマインドなんだな」
という参考としてお聞き下さい。

昨日もそんな感じで時間を浪費していたのですが、ピョコンと『オススメの新しい動画がアップされましたよぉ』とYouTubeから通知が来たので、流されるままに拝見したんですよ。

そしたら楽譜をオススメする動画で。
完全に心を読まれてて
スマホってすごいな、と思いました。
原理は分かるけど逃れようがない。

その楽譜は、前から欲しいなと思ってたので私のAmazonお気に入りリストに2ヶ月前から既に入っております。
PicsArt_11-15-08.17.08.png
これです。
クリスマスソングが50曲も入ってるの。
2パターンの楽譜が入ってるので、レベルに合わせて選べる。

英語だから詳細は謎だけど
たぶん知ってる曲が半分くらいとして
そのうちチェルシーで弾けるのが
たとえ半分だったとしても
最低10曲以上レパートリーが増えるわけです。
すごく割安です。
しかも私はクリスマスソング大好き人間なのです。

なんで今まで買わなかったかと言うと
クリスマスはまだまだ先だったのと
50曲の詳細を調べて(一番好きな曲が入ってないとかがないか)からにしようと思って
なんとなく保留してたからだ。

…そうだった!
これ、これだよ!
待ってました!
今の私にピッタリじゃん!!
オススメってすごいーー!

と、勇んで購入手続きを進めたら
これ、イギリスから送られる洋書のため
うちに届くのが…来月…末?
く、クリスマスに間に合わない…

私はそっとウィンドウを閉じた。

来年だ、来年買おう。

初見で弾ける方はまだ間に合います。
私からもオススメ!(ToT)
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2019年11月17日

ハッピーバースデー 動画

先月末に楽譜を作った『ハッピーバースデー』ですが、ようやく動画をとりました!


やっと間違えないで弾いたと思ったら
音割れしてたり(またマイクを中に入れてて…)
マイクが揺れる音?
それかお腹が鳴る音?が入ったり
変な顔がしっかり写ってたりと
短い曲なのに何度も撮り直し。

そして弾いてるうちに
伴奏が変化していき
楽譜通りではなくなった…
まぁ、大体同じなのでご容赦ください。

PicsArt_10-23-04.01.33.png
何度も弾いてると
弾きやすいよう自然にアレンジされます。
皆さまもどうぞ自由に弾いてください。

で、それを元に楽譜を作れば
より良い楽譜になりますね。
指使いも決まってくるし。

でもこの無料楽譜作成アプリだと
指使いを入れる項目がない。

意外にオススメだった指使いだけ
ちょっと文章でご紹介してみますと。

最後の方の
シーシラーファーソーファー
  ↑
 ここ!

ここ、意外なのだけど
スライディングで弾くと
間違えなくなったので
(あくまで私的に)オススメです!

1ー12ー3ー2ー3ー
ではなく
1ー11ー2ー1ー2ー
ということです。

…わ、わかりにくいわ!!

1ー1(スライディング)1ー2ー1ー2ー

ということです。
(こんなに何度も説明するほど
オススメなのか不安になってきたが…。)

素直に楽譜印刷して、運指書き込んで、写真取ればいいのかしら。

…んじゃ最初から楽譜は手書きのほうが楽なのでは?!

…まず、五線譜ノート買ってみますね。
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2019年11月16日

チェルシーは恵まれている説

こんにちは。
どうにも庭の千草の練習に身が入らず
浮気ばかりしております。

もちろん好きな曲であるから
安くなってたとはいえ楽譜を買ったので、
良い曲だなぁと感じてはいるのですが…

・今は季節がずれている。
・和音が難しい…わりに繰り返しているだけに聞こえそうで気合いが入らない。
・ハーモニクスができるなら、ランブルトゥキャッスルもグレードアップして弾いてみたい。→やってみるがうまくいかない。
・スカボローフェアで少し上手くなったと感じたため、新曲に行くより今までやった曲もグレードアップして弾きたい。→やってみるが成長を感じない。
等々。

でもやはりまぁ、なんだかんだ言っても
曲への気合いが足りないような気がします。

スカボローは、
『大好き!やっと弾ける!』
と気合い入りまくりだったので、練習も楽しく進めた。
そんな感じでやりたいなぁなんて
贅沢な心が邪魔をしているわ。

まぁこの曲は難易度的にも少し先でも良いのでバラの咲く季節まで温存しておいても良いとして…
と、昨日は延々ネットで楽譜探ししてしまいました。またもや。

いつもあらゆる楽譜をリサーチするのですが
昨日はムジカオンライン。
それで気がついたのですが。

チェルシーハープ、ムジカオンラインと相性が良い…というか、ずいぶんと恵まれているのね、と気がついた。ようやく。

どういう事かと申しますと。

ムジカオンラインの楽譜は、ハーピスト毛利沙織さんがおそらく全て作っている。

編曲とはいえ、これってすごすぎてちょっとどういう事なのかしらと思ったりするけど
(だってあの曲数!!!何百年生きてるのかしら、どうみてもお若いのに。)
それはともかく
毛利沙織さんプロデュースの沙羅ハープは、やはり特別視されているのか
沙羅ハープ用に編曲された楽譜のページがある。
そこはすべての楽譜を編曲してるので、とてつもない数である。いま200以上あり日々更新してる。

で、この沙羅ハープとチェルシーハープは1弦しか変わらないからか、このページはチェルシー用でもある。
つまりこのサイトのあらゆるアイリッシュハープ用の楽譜を、わざわざチェルシーハープ用に編曲しているのだ。

すごくない?!

同じ弦数のザナブ、ラビアとかポルテとかイブとかだったら…いやむしろ弦数の多いサウルでさえも、『小型ハープ用』のページから音域セーフのものをまずピックアップして、そこから難易度で絞って、そこからようやく曲を選ぶわけですよ。
あんまし選んでられないわけですよ。

それなのにチェルシーはぜーんぶから、好きな曲を選べる!

ってことにようやく気がつきました。
これは…か、買うべきでは!

てなことになって
昨日はひたすら試聴しまくって夜更かししてしまいまして眠いです。

まぁそれでも難易度は☆☆☆星3つくらいが多いので、スカボローよりは難しいんだけどね。
でも気合い入りそうなやつを選べるわけだから。
季節感とかも合わせて選んだりできるわけだから。

ピアノと比べて楽譜が高いとか言って
全然買わなかったのは、むしろもったいない気がしてきましたよ。
なに買おうかな。うふふ。
PicsArt_11-14-08.36.35.png
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする