2019年11月25日

『夜の底にて』楽譜作り(その2)

さて楽譜作りの続きです。
YouTubeなども参考にしつつ
メモに伴奏を書き足して弾いてみる。

この曲はドが#になったりなくなったりするので、レバー変更が必要な様子。
てきるだけ減らしたいから他の音にならないかなぁ~
なども探ります。
ハープは音がきれいなので
変更してもどうにかなったりするのだ。

しかしここでまた『庭の千草』の話ですが
この曲、たった一つの音のために
三回レバー変更があるんですよ。
繰り返しが多いから、全部同じとこだけど、
三回シをナチュラルにして三回♭に戻す。
その音ひとつだけどうにかすれば
レバー変更なしにできるのに。
なぜだ。

レバー変更は面倒で難しくはなるけど
それを恐れてはいけない!
という教えなのだろうか…
毛利沙織さんの…

なんていう謎の感覚も手伝って
今回はレバー変更多めになりました。
ラストも明るく終わりたくなって
最後だけファも#に。

多い=難しい=練習も多めになる。
今までのゲームミュージックは初見で弾けるレベルだったので1日で弾いてたけど
今回は2日かかりました。
自分で作った楽譜なのに難しかった。

ほんで、できた楽譜を弾きます。
難しすぎて弾けないところは音を減らし
寂しいところは足す。

この時点(1日目)で私は
「よし、完成~♪」
と思って録画してみたのですが
どーしても間違えるので
余儀無く楽譜の変更が行われました。

減らして余裕が生まれると
別のところに音を足したくなったり。

そんかんじで
弾くたびに曲が変わっていくので
かなり自由です。
まぁ…いいんです。

ところで
心を込めて弾くのは良いと思うのですが
感極まっちゃうと上手く弾けないものですよね。
間違えたり溜めすぎたり。
好きな音だけやたら大きくなっちゃったり。
心を込めつつ冷静に弾く、を目指します。

さらに
レバー変更の音ってけっこう気になるので
できるだけ無音に近づけたい。
ギリギリ音が上がらないところまで
レバーを上げておいて
移動距離を短くしてみたりと試行錯誤。
15745027080982022631424072293418.jpg
↑半クラ状態のファのレバー。
これでも音は上がらない。
(いいのかどうかは知らない。)

ギリギリを越えててびびり音が出てしまったり
カマックレバーって本当に無音なのかしらと思いを馳せたり。

そんなかんなでどうにか録画しました。
まだまだ間違えたりつっかえたりと完成度は低いのですが
ためしにゲーム画面を貼り付けたら
自分で感動しちゃって満足してしまって
アップしてしまいました。

これで心置きなく
庭の千草の練習に戻れます。

あ、でも五線譜ノート買ったので
今度は清書してみようかなぁ…。
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽譜・伴奏作り | 更新情報をチェックする

2019年11月24日

『夜の底にて』楽譜作り(その1)

急に弾きたくなったクロノトリガー。
今までのゲームミュージックもそうですが
まずは楽譜を作らねばなりません。

今日は私の楽譜の作り方をご紹介します。
楽譜というよりメモですが…。

メロディーは記憶に残ってるので
まずそれをメモします。

そのへんの紙の裏に
そのへんに転がってる子供の鉛筆などで
非常に汚い字で書きなぐる感じです。

最近分かりましたが
その楽譜は清書されることなく
そのまま捨てられるか保存されるので
ちゃんとした紙に書き始めた方が良いようです。
反省。

なので今回はちゃんと、ルーズリーフを出しました。
でも字は相変わらず汚い。
15743863620831364351499713453981.jpg
思い出したメロディーはシ♭のようなので
ヘ長調かニ短調です。

(これはブログの記事を読んでチェックします。
[伴奏練習4]ハープ向きの調の伴奏パターン)

これは明らかに暗い曲なので短調です。
最初の音もレなので、ニ短調でもう間違いない。

なので伴奏は
レファラ、ソシ♭レ、ラド#ミ、になる。

これで終わりとならないのが
厄介なところ。
童謡よりゲームミュージックは凝っていて
そんなに単純ではない。
自分の思い入れも強いので
記憶にできるだけ近づけたい。

更に最近は
『庭の千草』で4音の和音の練習してるので
レファラの上にレをもう一個つけて
レファラレ、てな感じで
少し難易度アップに挑戦したいと思う。

などの思いと共に
メロディーに合う伴奏パターンを
ハープを弾きながらメモに書き込んでいきます。

和音にするか、分散和音にするか、アルペジオにするかなどはあとでいくらでもアレンジできるので
とにかく音をさぐって書き込みます。
どの和音もピンと来ないとこは飛ばしていいから
これだ、と分かるとこだけでも書いていく。

ちなみに、この曲はサビがちゃんとあって
そこはなんだかややこしく
断片的にしかメロディーが書けなかった。

たぶん、メロディーが2つ組み合わされたような曲になっていて
どっちが主のメロディーか、記憶だけでは解読できないようなのだ。

そういうときはYouTube!
ゲーム画面も、演奏動画も、色々あるので
聞いて音を拾います。
今回はこのときにタイトルも知りました。

(明日へ続く!)
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽譜・伴奏作り | 更新情報をチェックする

2019年11月23日

クロノトリガーより 夜の底にて 動画

突然ですが、またゲームミュージックを弾いたので動画貼ります!


クロノトリガーは私の
歴代1、2位を争う好きなゲームです。
そういう人も多かろう、という名作中の名作。
かなりメジャーなので
やった人も多いはず。
やってなかったら今からやってほしいくらい良いゲームでしたよ~!

なんといっても一番泣けたゲームだし
それが、ただのお涙頂戴じゃなくて
良いストーリーの先に涙があるというか…
ああいかん、
そういう話は止まらないのでやめとこう。

ストーリーだけじゃなく
音楽がまたすごく良いです。
完璧なの…そう、完璧なのよね!
難易度のバランスとかもね!
さらに昨日知って(四半世紀越し)ビックリしたけど
マルチエンディング(進め方でストーリーが変わる)だったのね。
ホントに知らなかった。
それなのに一つ一つあんなにクオリティが高いなんて。
ああいかん、
だから、そういう話が止まらない…。

それで、ですね。
良い曲がまた多すぎるので
この曲は、このゲーム中では一番好きな曲でもなくて
順位をつけたら3位か4位か、くらいなのだけど
間違いなく一番泣いた曲でした。
泣けるシーンにかかる曲です。

朝の犬の散歩中に
なんとなーく、この曲のシーンを思い出して
動画にゲーム画面を入れたのですが
ロボの彼女が正気を取り戻してから死ぬ(壊れる)ところ。

なななんと涙が。
危険よ!犬の散歩中に!
ザ・情緒不安定!!
たぶん更年期障害!!

…それでとってもハープで弾きたくなったので
弾いてみたわけでした。

この頃(スーファミ)になるとBGMも凝っているので
今までのゲームミュージックより難しく
少し時間がかかりました。

楽譜・伴奏作成話は、次回!
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2019年11月22日

小指が痛いのです。

15742266875282214972751546397763.jpg
ハープの練習を始めて3ヶ月ちょっと。
左手の小指が痛い、という現象が始まったのもハープを始めてからなので
ハープが原因だと思われる。

指の怪我=ハープが弾けない
になるので、ここんとこ指には気を付けているのだけど、小指は使わないので扱いが杜撰です。
だからこその放置。
ブログで話題にすることさえしなかったのも、そのあらわれです。

もしピアノもやってたら
けっこう困るくらいの痛さはあります。
月に2~3回は弾いてたピアノは
ハープが来た日から触っていないので
その点でも問題ない(?)

なんで使わない小指なのか?
と考えてみましたが…
多分、和音を掴むときに
隣の弦に触らないように
ぐわっと広げた角度に無理があって
関節が痛いのではないかと。

で、和音度の高い左手(そんな言い方しないけど)が痛みやすい。
そういう理由じゃないかと推察しております。
右手小指はほぼ無痛です。

昨日は練習時間がたくさんとれたので
庭の千草をいっぱい弾きました。
そして庭の千草は左手の和音が多い。と思う。
薬指を使う時に小指が酷使されるので
4つの音の和音が原因です。

こいつです。
15742265005691329089527794771173.jpg
左手のシミソシ。
(最初の写真はこの和音を弾く姿)

そして庭の千草のポイントは『いかに分散和音を美しく弾けるか』なので(私が勝手にそう思っている)、
どうしても左手小指(ほんとは薬指)を酷使することになる。

だから今日とても小指が痛いのだ、たぶん。

角度を直すとかの改善は難しいので
練習しすぎないようにしよう。
…えっそんな解決法でいいのか!?

いやほんと、小指だからいいかなと。

この先良くなっていくことはあるのだろうか。
これが正しいフォームなのか、やはりプロにみていただいたりした方が良いのか。
悩ましいわ。
小指じゃなきゃもうちょっと真剣に考えるけども。
まぁ小指だし。

いま私の人生で最も
小指の価値が低くなっている気がします。
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

暗譜と楽譜立て

突然ですが、暗譜のメリットデメリット。
考えてみたんですよ。

私は今まで、ハープは暗譜で練習してきました。
昔習ってたピアノの場合も、曲を仕上げる=暗譜と考えてました。
もちろん暗譜しないで発表会に出ることなんて=間に合わなかった(恥)ということなので、暗譜は必須!

ハープは暗譜なしで弾くってことは、弦を見て、楽譜見て、さらに譜めくりなんて忙しすぎて不可能!なので
ピアノにまして暗譜は必須です。
むしろ練習するために暗譜する。
まず暗譜、それから弾く練習、に近いです。

しかし世には(YouTubeみるかぎり)楽譜見ながら弾く人がたくさんいる様子…。
となると、なにかメリットがあるのだろうか。

もちろん暗譜する時間は省けるが
弦を見る暇がない。
つまり楽譜見る人=ブラインドで弾ける人
ということになる。
私はそっちの方が断然難しい。

んが、別のメリットも考えてみると
楽譜見ると目線が上がるので
私の二重顎藪睨み奏法(弾く時にすごくブスになる)から逃れられるのではないか?

それにいつかクリスマスソング50曲集を買って、パーティーのBGMみたいに弾く機会があったとしたら…暗譜するか?いやいや、楽譜をパラパラ見ながら弾くはずだ!

なんて思い直し、唐突に楽譜立て(譜面台)が欲しくなりました。

ネットで見ると安くて1000円程度。
うーん。
とりあえず練習の時に楽譜立てるだけでいいのに、高いな。

てなわけで自宅にあるもので代用してみる。
IMAG4107.jpg
かなりいい。
本来の用途は皿を飾るものだが
うちに皿を飾る習慣はない。

IMAG4104.jpg
IMAG4105.jpg
(↑撮影のため初めて皿を置く)

使わない時はたためるので
楽譜と一緒にしておけて
あなたはこの為にうちにあったんじゃないの!?状態。
素晴らしい。

このニューアイテムで
いそいそと『庭の千草』の練習。
この楽譜は微妙な変化の繰り返しで覚えにくそうだし、ちょうどいい。
暗譜しないで進めてみよう。

…って思ったんだけど…。

やはり私は、暗譜しないと弾けない…!!

楽譜見て、弦を見て、弾く、なんてやってると全く曲にならないんですけど!
必死にあちこち視線を飛ばし
にらみ殺す勢いで奏でるハープ、全く優雅じゃない…。

せっかくだから楽譜立ては使うけど、使って暗譜しながら弾く、という流れになっていきそうです。
まぁ、忘れたときにチラッと見るくらいの余裕ができれば、甘い暗譜で進められて、いいかも?
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする