2019年10月03日

おNEW楽譜『庭の千草』歌詞

弾いてない楽譜がまだあるけど
お安く売ってたので買っちゃった。
ほんとにここんとこ財布の紐がユルユル!

15698879969469094158766485492312.jpg
『庭の千草』
こちらは★3つなので
だ弾けてないスカボローフェアより
難易度がさらに上!

でも4ページだし…
繰り返しっぽい部分多いし…
な、なんとか弾ける可能性を感じて…

でもまぁとにかく
なぜこれを購入したかと言うと
(売ってたからだけど!)
歌詞が素敵なことに気がつき
気になってたからなのです。

優しいメロディーだから
「庭の花を愛でてる曲かなぁ」
くらいに思ってたけど、違うのだ!

そもそも原題の
last rose of Summer
直訳で「夏の最後のバラ」
既になんか悲しいでしょ?
そう、悲しい曲なのだ!

元々アイルランドの曲なので
アイリッシュハープとの相性もなんかいいし
いつか弾きたいです。

歌詞のざっくり訳を
以下記そう。
…………………………
夏の最後のバラ
一人で咲いている
愛する仲間たちは全て枯れてしまった

バラ色を照らし返す
親しい花も芽も消えて
ただため息をつくばかり

一人寂しくしおれたあなたを
残しては行かない

愛しき者たちと共に
あなたも行き眠るでしょう

あなたの葉を散らそう
庭の仲間達が香りもなく横たわる所へ

私もすぐに後を追います
友達が消えて
光り輝く愛の輪から
宝石がこぼれおちたら

心の友がいなくなり
愛する者たちが旅立ってしまったら
ああ、この荒涼たる世界で
誰が一人で生きられるでしょうか?

……………………………
悲しいを通り越してなんか
暗いかもしれん…。
とにかくかなり悲しい歌ですよね。

以下は英語?の元の歌詞です。

Tis the last rose of Summer,
Left blooming alone;
All her lovely companions
Are faded and gone;

No flower of her kindred,
No rosebud is nigh,
To reflect back her blushes,
Or give sigh for sigh!

I'll not leave thee, thou lone one,
To pine on the stem;
Since the lovely are sleeping,
Go sleep thou with them.

Thus kindly I scatter
Thy leaves o'er the bed
Where thy mates of the garden
Lie scentless and dead.

So soon may I follow,
When friendships decay,
And from Love's shining circle
The gems drop away!

When true hearts lie withered,
And fond ones are flown,
Oh! who would inhabit
This bleak world alone?
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする