2019年10月01日

指が弦にひっかかる

ここのところ
ハープにあんまり時間がとれない日々ですが
毎日弾くようにはしてます。

なのに
「ランブルトゥキャッスル」を差し置いて
伴奏技術を身に付けたいとか
「スカボローフェア」や
ラピュタの「シータの決意」に手をだしてみたり
「ロマンス」の動画とってみたりと
ハープの中でも浮気が激しい。

ちなみに先日仕事行く直前に
足の小指をトイレの入口に激しくぶつけ
三日たってもびっこ引いてる大惨事です。
こういうの地味に心を削られる。

果てはハロウィン。
もう全部、自分が勝手に忙しくしてるんだけどね!

そんなかんなで
ランブルトゥキャッスルがなかなか仕上がらない。
曲に飽きてはいないし、毎日弾いてるけど
やはり成長を感じないのですよね。
仕上がらないけど上手くもならない。

具体的に何が悪いのか検証しようと
きのう動画撮ってみました。
上手く弾ければクリアもアリだなーなんて考えてたのだけど
やっぱり上手く弾けない!

懸念していた
「高い音が響かない」という点は
聞いてみると気にならないので
私が気にしすぎてただけみたい。
それより後半の指のもたつきがすごい。

何度も弾く、という練習だけでは上達しないので、少し調べてみたら
ドレミファソラシド~
と弾くところを
ドーレミーファソーラシード
というようなリズムを変えた練習方法があると知り
ちょっとやってみたら
ちょっとよくなった。

ので、今後そんな練習もしてみます。

あとは今回とっても苦労したのが
「指が弦にひっかかる」
ということ。
これ、次の音に行くまでの時間が激しく遅れるのでどうにかせねば。
弦に深く掛けすぎているのだろうか。

指に汗をかいているのも原因な気がするので
ちょくちょく手を石鹸で洗って
カラッとさせてから弾いてみたりしてますが
(これやると良くなる。けどまた汗かく。)
これ、調べても一件もヒットしない。
なぜだ。
みんな涼しい環境で弾いてるのか。
自分も夏はもっと汗かいてたはずなんだが
ちょっと思い出せない。
クーラーで乾燥してたから大丈夫だったのかな。

マウンドのピッチャーのように
小麦粉のようなものをまぶして弾きたいくらいなんですけど。

まぁこれからどんどん涼しくなっていくし
上手くなれば解消される一過性の悩みかもしれないので、もう少し様子を見てみます。
PicsArt_09-29-11.03.02.png
出来が悪いので公開に至らなかった
動画の画像(動画ではありません)
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする