2019年10月21日

スカボローフェアの歌詞の考察(2)

スカボローフェア歌詞について
以前つらつらとしょうもない解釈を語ったところ、記事に素晴らしい解釈のコメントをいただきました。
ありがたい!
ホントにありがとうございます!

↓コメント全文コピペさせていただきます!
………………………………………………
はじめまして。 スカボロー・フェアは、大好きな曲のひとつです。私も以前、歌詞の意味を考察してブログにあげたことがあります。解釈は、ひとつではないでしょうから、いろんな受けとめ方があるでしょうね。 https://juna9.seesaa.net/article/a38944126.html スカボロー・フェアは、キリスト教信者の旅人と妖精との会話だと思います。キリスト教では、異教の神や精霊たちを悪魔だとみていましたので、一人旅の旅人は、森の奥で妖精にであい、悪魔だと思ってビビったのでしょう。「パセリ、セージ、ローズマリー、アンド・タイム」という4種のハーブは、毒消しや殺菌効果がありますから、この言葉が悪魔よけの呪文として唱えられたと思えます。 ハーブの呪文以外はすべて妖精の言葉でしょう。妖精は、孤独な旅人の話し相手になって、出来もしないことを謎掛けるという笑い話を伝えているようですが、旅人には恐怖でしかないという、交流の不一致をテーマにしているように思えます。
……………………………………………………
キチンと深く考察されていて
詳しくはリンクされているブログ記事を読んでいただければと思いますが
「私は全面的採用!!」の
ロマンチックでファンタジックで
しかもたぶんそれが正解でしょう、という
とても良い解釈なのです。

PicsArt_10-18-07.34.10.png
ブログ記事ざっくり書くと
登場人物は二人で
森を通りかかった旅人と、森にいたエルフ。

エルフ『スカボローフェアに行くのですか?』
旅人『(ひぃ、魔物!)ナムアミダブツ…』

と、この念仏として何度も唱えるのが
魔除け効果のあるハーブの名前、ということです。
そしたら、何を言っても『パセリ、セージ…』
と唱える歌詞に全く違和感がないですよね。

さらにそのエルフが
かつての恋人(人間)にもう会えないことを知りながら、知っているからこそ不可能な伝言を頼むというせつない背景。

曲調とぴったり。
深い森(おそらく霧深い)の不気味さや神秘的な空気まで感じます。

このへんはエコーかかったようなライアーの音の方が合うかも。
演奏者がエルフって感じで。

牧歌的なチェルシーハープの音から推察するのは
そんな不思議な物語を伝え聞いた吟遊詩人が
歌っているというイメージでしょうか。

つまり私はこっち。
『悲しい恋物語の話をしよう。ある時旅人が…』
みたい雰囲気ね。

私の以前の『頭おかしいハーブ屋が通りすがりの人をナンパしている』みたいな解釈はきれいさっぱり忘れましょうね!

ちなみに私が前に訳してた歌詞は男女のデュエットだったけど(ウィキペディアより)
これは一人で、少し短いので、別バージョンですね。
こちらの歌詞には最後の『あなたは恋人ではない』の部分がない。
やっぱりデュエット用にYouになってるだけだったと思われる。

私は一人で演奏するので、その点もグッドだなぁと思うのでした~!
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2019年10月20日

リトルミンストレルの音色

忘れてるわけじゃないんだが
リトルミンストレルハープ。
入れ物も小さくて
置いといてもホント邪魔にならないし
入れ物がしっかりしてるから
置いてといて心配がない感じなのだ。
入れ物がふにゃふにゃならこうはいかない。

このまま何年も眠らせてる人が
たくさんいるのではないか。
あのすごい入れ物のおかげで。

なんて言ってる場合ではない。
ペンタトニックに調弦したけど
即興は好みではない事が分かったので
調弦しなおすか
ペンタトニックで演奏すればいい。

調弦は面倒なので
まずはペンタトニックの曲を演奏することにしよう。
クラシックでもJポップでも
意外とあるのだ。

弾きやすく音も合ってると感じるのが
『涙そうそう』
ライアーと同じく残響がすごいから
ゆっくりな曲調も合う。

他にも
きゃりーさんの『にんじゃりばんばん』
AKBの『恋するフォーチュンクッキー』
Perfumeの『レーザービーム』などなど。

ハープ楽譜によくあるクラシックでは
サリーガーデン、庭の千草、蛍の光
アニーローリー、ロンドンデリーの歌
などもほぼペンタトニック。

ほぼ、なのは少し入ってくる音があるので
そこはアレンジして誤魔化す必要がある。

大曲にチャレンジするのは
まぁ今は置いといて
とりあえず音を聞いてみたい人向けの
動画を撮ってみたよ。


本当はもっと練習して
ちょっといい曲を弾いてみたいのだけど。
このまま使わないともったいないので・・・。

米津玄師のパプリカも
サビはペンタトニックなので少し弾いてみてます。

posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2019年10月19日

[伴奏練習3]二短調(ハイドライド3より)動画

さて昨日の続き。
シ♭、二短調の曲の伴奏が分かったので
子供の頃の記憶を頼りに弾いてみました。

思い出深い名作ゲーム
「ハイドライド3」!
名曲揃いだけど、しっとりめ曲調の「塔」をチョイスです。

…実は同世代のゲーマーの夫も知らなかった。
あれっそんなバカな!!
そんなにマイナー?
め、名作だよね!?


このゲーム、町の曲も、オープニングもエンディングも、
さらにゲームの内容もいいんだよね。
まだ覚えてるもんね。
ラスボスがカニっぽいんだよね。

しかしよく考えてると私は
ファミコンもMSXも持ってなかったから
このゲームをプレイしてなくて
友達がやるのを見てただけなの。
それでこれだけ覚えてるんだから、やったやらないは実はあんまり関係ないのかしら。

それはともかく、この曲は二短調なので
伴奏は

Ⅰ型→レファラ
Ⅳ型→ソシ♭レ
V7→ラミソ

Ⅴ型→ド#ミラ…が変だったので(ドにナチュラルがついてるからか)
 ドミソにアレンジ

の4つを繰り返してるだけなんですけど
それっぽく聞こえると思います。

全然練習してないけど
簡単なのであまり間違えない!
(少し間違える…)

調子に乗って後半はリズムを変えてみました。
(これがまた間違える要素になるのだ)

この調子で記憶にある懐かしゲームミュージックなどを
今後も色々弾いていきたいと思いま~す!

あ、スカボローフェアも真面目に練習しております!
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽譜・伴奏作り | 更新情報をチェックする

2019年10月18日

[伴奏練習2] ♭がついた曲の伴奏

ピアノちゃんに学ぶ
ハープで伴奏をつける技術。
ようやく先に進みましょう!

前回までにハ長調をやり
面白みがないながらも
ハ長調の曲に伴奏がつけられるようになった私。
リズムを変えたりすればかっこよさがアップするわけだけど…

例)
ドミソの和音→分散和音にするとか
→ドソミソドソミソ~とばらすとか
→ド・ミソ・ミソでブンチャッチャッのリズムにするとか
もう、色々!

そこはセンスが大事なので
私にはレベルが高い。
後回して分散和音一択で突き進もう。
簡単でハープっぽいし、いいの。

とにかくハ長調はクリアってことで。

お次は♭のある曲です。

ハープ=♭ですよね!
ハープの楽譜であんましハ長調ってないし、私の好きな曲は♭つきが多い。
手作りクロックハープも基本シ♭にしておりました。
美女と野獣、シチリアーナ、夜明けの鳥、もののけ姫…弾いた曲みんなシ♭!

ピアノちゃん本で調べると
シ♭は、ヘ長調だ!
私はヘ長調が好きなのね!知らなかった!

さぁヘ長調の伴奏は
IMAG3760~2.jpg
こちら!(大事な部分にスマホの影が…)

Ⅰ型→ファラド
Ⅳ型→ファシ♭レ
Ⅴ型→ミソド

V7→ミシド、ソシド

これでなんでも(ほぼ)弾けちゃう!!
わーいわーい。
さっそくやってみよう。

てなわけで前に何度も弾いた、『美女と野獣』をやってみたのだけど。
なんだろう。
音としては変じゃないけど、違う。
やはり伴奏付きで知っている曲は
適当な伴奏だと、『なんか違う感』が、ちょっとあるなぁ。

ここはもっと単純な…
伴奏は全然知らないけどメロディが好き、みたいな曲がいいかなぁ。

と、なんとなく思い出した古い曲を試してみたら…

今度は、変!!
さっき入手した和音が、合わない!

おかしいなぁ。
シ♭なんだけどなぁ。
右手のメロディはこれでいいはずだけど
一個たりとも伴奏が合わない。

もしや、ヘ長調じゃないってこと?

と、調べてみましたら
…ありました!
シ♭だけどヘ長調じゃないパターンがあった。

その名は、二短調!!

IMAG3768~2.jpg
ドに#もつくのね。
さっき弾こうとした曲はドもド#もあるので、よく解らんと思ってたけど
臨時記号でついてるのね。

細かいことは無視して
とにかく、この曲は二短調だ!

Ⅰ型→レファラ
Ⅳ型→ソシ♭レ
Ⅴ型→ド#ミラ
V7→ミソラ

これでやってみたら、なかなかいい!

なかなか、というのは臨時記号があるからか。
レバー操作は減らしたいので
なんとか誤魔化せる音をさぐりたい。

にしても、これは面白い。
わかる…、わかるぞぉ!(興奮でムスカ風に)

いけそうなら明日は動画とってみます!
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽譜・伴奏作り | 更新情報をチェックする

2019年10月17日

即興で伴奏をつける技術 [伴奏練習の復習]

週末だけ練習しようと思っているのに
サボりにサボっております
ピアノちゃんの即興入門。

やりたい気持ちは山々なのだけど!
いま弾きたい曲の楽譜もあるから
即興する必要も感じないせいか
全然進まない!やってない!

このままでは
ようやく頭に入った(はず)のハ長調も
スッカラカンに忘れそうなので
昨晩は久しぶりに本を開きました。

前回やったハ長調(#も♭もない曲)は
ドミソ→Ⅰとよぶ
ファラド→Ⅳとよぶ
ソシレ→Ⅴとよぶ
の3つを適当に弾いてりゃ
伴奏になる。
とまぁそんな感じだったはずだ。
PicsArt_09-26-10.44.46.jpg
それぞれ転回してよいので
ドミソ=ミソド、ソドミ
のように弾きやすい形にアレンジ可。
PicsArt_09-26-10.45.18.jpg
そして「V7すごい」の法則。
曲の最後の一個前の伴奏をV7にすると
曲が終わる。

V7は、ソシレファ
これが省略OK転回OKのため
覚えておきたいV7は3つ

シファソ、レファソ、ファソシ
PicsArt_09-26-10.48.09.jpg
…てな話があったと思う。

いま本を見ないで書いてるので
ここまでは覚えている。はずだ。
昨晩久しぶりに本を読みかえしたからで
本当はすっかり忘れていた。

で、少し読み進めると
以下の楽譜に伴奏をつけてみよう!
の幾多の課題の中に
『きよしこのよる』も登場。

おおー!
昔から私の大好きな曲であるので
いつかハープの楽譜を買おうと
虎視眈々と狙っている「きよしこのよる」。
そんな簡単に弾けるんだ~。

と思って弾いてみたら
本当に弾けた。
悩む箇所もなく弾けました。

まぁ、アレンジもへったくれもないので
面白みのない演奏だけど
変ではない。

これは本当に、あれよ。
「えーハープ持ってるのー?弾いてー!」
って言われたら
とりあえず弾けるわけよ、みなさんご存知の「きよしこのよる」が。

メロディだけをポロンポロンなぞるわけじゃなく、伴奏がついてるから
「弾いた」
って感じがするよ。
「聴かせる演奏」ではないけど
クリスマス会とかで伴奏として弾く分には
問題ないんじゃないか。

すごいすごい。
私はこれがやりたかったのだ。
こんなに簡単だったなんて!
なんで誰も教えてくれなかったのかしら!

まぁ、せめて最後に
分散和音でドミソドミソド~!
くらいやれば、それっぽい。
歌のところはみんな歌ってるから聞いてないし
前奏と最後だけ気合い入れるといいよね。

てなわけで今日はとりあえず
ハ長調の復習でした。
すべての曲がハ長調じゃないので
明日は次に進むよ!

15694602616288525592967596424771.jpg
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽譜・伴奏作り | 更新情報をチェックする